秘境温泉 神秘の湯

トップ 温泉ブログ

温泉ブログ

大好きな温泉の記録と日々思うことなど

ラグーザ 街をちょっとお散歩 シチリア島 イタリア


ラグーザは世界遺産になったばかり

バロック建築の建物が遺産になります


新市街にあるサンジョバンニ大聖堂

平日18時までのはずなのに何故か閉鎖

がっかり~(-_-)


大聖堂前

まだそんなに知られてないせいか

ハイシーズンが過ぎたせいか

人がいなくていい感じ( ^ω^ )

食通な方からまたまた情緒をもらったので

さっそくオリーブオイル探し


イブラ地区に上質なオリーブオイルを置いているという噂のお店

エクストラバージンオイルは酸化度0.8%、飲めるバージンオイルは0.3%以下らしく、緑がかった色だと教えてもらいました。

こっちの人にオリーブオイル飲むの?

って聞いたら

もちろん!って言ってた

腸にいいんだって

 

このお店はオリーブオイル、香辛料、パスタソースのお店


色んな試食ができる楽しいお店

もちろん!オリーブオイル酸化度0.2%をゲット!

日本で買うと1万円するみたいだけど、
このお店では10ユーロ(約1300円)で買えちゃう\(^o^)/

味は、今まで使っていたオリーブオイルはなんだったんだ、、、と思うほど違う

香ばしさと木のようなキノコのような香りがまざって旨味まで感じる

オリーブオイル、おもしろいな(^ ^)

ラグーザ イブラ地区のホテル シチリア島 イタリア

ラグーザはまだ世界遺産になって間もない街

そのせいもあって他の世界遺産に比べてまだ知られていなく人も少なめ

そんな中人気急上昇のホスピタリティあふれるホテルに泊まる事ができた


部屋は綺麗

この宿何がいいって人がいい


海外ではめずらしくサービス精神があふれてる


ベランダから新市街を一望\(^o^)/


しかも反対側は大自然(^ ^)


そしてここは共用テラス

驚くほど絶景です!

夜はオレンジがかったライトが建物を照らして独特の雰囲気になります


シャワー、トイレ、シャンプー、石鹸、タオルあり

オーナーさんはまだホテルをはじめて
そう長くない(^ ^)
おばあちゃんが持っていた土地をホテル
に変えたらしいけど

おばあちゃんがいい土地もっててラッキーだね

イブラ地区はホテルが少ないし、
さらにこんなにがんばってるホテルなをて皆無

ホテルのオーナーさんは毎年お客さんが増えてるんだ!ってすごく嬉しそう

ただ、残念なのはせっかくの遺産の街に
似合わない淡い水色に外観を塗ってしまったこと

彼はまだ若いのでいずれどうしてこの街に人が来はじめたか気がつくかなと思う

近代的な綺麗な外観は求められないことを、、

イスキア島 ソルジェート海中温泉 野湯 イタリア La Baia di Sorgeto

イスキア島にワザワザ温泉だけのためにきてみました( ^ω^ )

入りたかったのは、ここソルジェート海中温泉 La Baia di Sorgeto

自然の温泉なんです


温泉の入口

階段を下ります


見えてきた!

おー!日本の野湯みたい!


レストランやBAR、泥パックをしてくれるところまであります


すごい!ボコボコ湧いてる(≧∇≦)


手前の方は熱くて入れません

ここのエリアは42度ぐらい

猛暑の中入るのは私だけσ^_^;

 

温泉らしい温泉にはじめて入れたぞー!

温泉はもちろん塩分濃いめの温泉でした

イスキア島からまたまたナポリへ イタリア

名残惜しいイスキア島

1週間ぐらいいたかったー。

温泉も厳密に言うと1箇所しか行けなかったし、、、残念、、

また来るぞ!と思えるステキな島でした

ホテルもよかったし(#^.^#)

さぁ、次はシチリア島へ行くためにまた
ナポリに行かなきゃいけません

イスキア島からナポリへフェリーで移動してあっと言う間に夢の島から戻ってきました

ナポリからシチリア島へ夜行列車で移動なので、出発は夜11時半

それまでナポリでウロウロ

スーツケースを駅で預けようと思ったら20時で閉まってしまうらしく、
取りに来れなかったら怖いのでやめておきました


スーツケースもって夜ナポリでウロウロする
のはヤダナー、、、とも思ったけど
しょーがない

とりあえず、飲んで時間つぶすか~


ナポリの駅

誰にもスーツケースはあげないぞーー


駅前の治安はぜんぜん悪くない

警察がたくさん常駐してるはクルクルまわってるは、下手したら他の駅よりいいぐらい

駅から離れるとまた違うけどね

そういえば、イスキア島で写真を撮ってくれたイギリスの人?がカメラを渡した時、

ぼくナポリ人だよ~ バイバイ

ってカメラを盗むマネしたジョークを言ってた

ナポリはそんなジョークを言われてしまうほど有名なんだね。

あー、あとカプリ島で会った人は抱いている子どもを投げてきて、キャッチしたところで貴重品スられたとも言ってたな~

ゴミさえなければ情緒もあるし、ご飯も美味しいし
いい街なので、がんばって治安改善してほしいな

話がそれましたが
夜行列車の時間つぶしに入ったお店


美味しいお店調べて行ったらあいてなかったので
近くのお店に適当に入りました


カプリチョーザ 5ユーロ

安くて具沢山だけど焦げてたのが残念
味はそこそこ


シーフードミックス 11ユーロ

ちょっと生ぐさくて、下にパンが敷き詰め
られてて底上げしてあった(ーー;)

やっぱりいくらナポリでも適当に入るとダメだなー


さて、夜行列車の時間!
列車でシチリアへ行きます。

ナポリからパレルモ(シチリア島)へ夜行列車で移動 イタリア

普通、日本人は乗らないナポリの夜行列車に乗ってみました。
その理由は、犯罪に巻き込まれる可能性がかなり高いからです。
(といっても窃盗などですが)

まず、、、大変だったのが
日本から予約してきた夜行列車、
持ってきた予約番号が予約サイトのもので
チケットが受け取れなかったこと

念のため23時発のところ、駅には
19時ごろきていたので、チケット売り場で聞いたり、
インフォメーションできいたり、、、

チケット売り場ではこんな番号ダメだと言って
冷たくあしらわれるし、

インフォメーションではそのまま列車に
乗れば車掌さんがパスポートナンバーで
調べてくれるから大丈夫だよ
と言う

なんか不安でウロウロ、、、

乗れなかったらどうしよー、

しかも夜行列車は強盗がでるって言われたので4人部屋だったのを2人部屋に変えようと思ってたのに、それどこじゃなくなっちゃった、、、

選択肢はもう一度チケットを買う←もう完売でした

フェリーに切り替える←もう出発した後だった

選択肢なし!

ってことで諦めて列車が来てから考えます(・ω・)ノ

で、先ほどUPしたレストランでノンビリ待って

列車が来たので車掌さんに言うと

なんかダメな雰囲気にハラハラ、、
駅の人が何人も集まってきて、

これじゃダメだな

なんて話してる

焦って何度もパスポートナンバーで調べてくれって言っても

そんなの無理 ってかんじ

列車出発の時間が来て

ヽ(´o`; おいてかないで~~

とすがってると

なんか偉そうな人が通りかかり

日本人がウソつくわけないだろう 乗せてやれ←イタリア語だからわからないけどこう聞こえた

その一言で乗せてもらえたー\(^o^)/

ありがとう!偉い人!
ありがとう!信用されるベースをつくってくれた日本の先輩方!

こんな事があったので列車の中に入るまで写真がありません


列車ごとフェリーに乗って海を渡るんだけど朝4時、フェリーに乗る時は大騒ぎだし冷房は止まって暑いし、
列車はすごく揺れるしで、ぜんぜん寝れなかった(e_e)

皆寝れないみたいで廊下にはいつも人がいっぱいいた

ナポリのタクシー運転手さんがなんで列車なんかでいくの?寝れないからフェリー
の方がいいよ、って言ってた意味がよくわかった

ただ、心配していた強盗は大丈夫だったから
それだけでもよかったけど、、

旅も終盤に近づき、最後の国を決定

アクセス数がじゃんじゃん伸びてて嬉しい\(^o^)/

いつも見てくれてありがとう!

それそろ旅が終盤に差し掛かってきました

最後にサントリーニ島からアテネへ行って、

残りあと5日を何処にしようかローマあたりから
ずっと考えてる。

文化遺産はたくさん見たしそろそろ自然遺産が見てみたい!

となり、、、、行き先はスイスに決定!!

マッターホルンと温泉を巡りますよ(^ ^)

ホテルと航空券もとったし準備ばっちり♪

しかしスイスは物価が高いなー

ホテルはモンサンミッシェル並みだしー

でもでも

楽しみだヾ(@⌒ー⌒@)ノ

最近の投稿

カテゴリ