トップ > 温泉クチコミ

温泉クチコミ

最近投稿されたクチコミ1~10件まで表示します。

現在の
クチコミ掲載数
845

845件中1~10記事/1ページ目

田沢温泉 有乳湯 (長野県)

やぢゃ

by やぢゃ () 2023/01/21

評価:

4.6

気持ちいい

源泉の掛け流しの量にビックリ。とろみのあるやわらかさ、泡、匂いなど、強くなくて、ずっと浸かれるやわらかさで、気持ちいい。

小野川温泉 尼湯 (山形県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2023/01/19

評価:

3

出たり入ったり、熱いけれど気持ち良い温泉

冬に訪れたからだろう、熱い源泉だが浸かるととても気持ち良い。
しかしそう長くは浸かって居られないので、出たり入ったりを何度も繰り返した。
もしかして半日はこんな風にして、エンドレスにこの温泉で過ごせられるのかもと思ったくらいだった。
6月頃に来たときはそうはいかなかったけれど、冬はとても良い温泉だ。
米沢市内から週に何度も通っていると話す方もいて、皆さんこの温泉目当ての常連さんの様で「この温泉が一番!」と声を揃える。
確かに投入される湯量が多く、熱い源泉だがどんどん掛け流されて行くので、とても気持ちが良い。立ち寄ったうめや旅館に比べても、はるかに多いドバドバ投入だ。
そして硫黄の香り、トロミある濃厚湯。しかも入浴料は200円。
タイル風呂の壁には、温泉津や下諏訪等の熱い温泉の共同湯に取り付けられていたりする、レトロ感ある丸い湯温計が43~44℃を示していた。
加水もできる様になっていたが、誰もこれ以上加水する事も無く、溢れ出す温泉に気持ち良く浸かっていたのだった。冬最高~!

尼湯へ入ると自動販売機で入浴券を買うが、番台に人はおらず入浴券を入れる容器も無く、この券はどうするのか?と首をかしげながら、とりあえず手にしたまま脱衣場へ進むと、ロッカーの衣服置き場の前に、入浴券を立てるという事になっていた。
要するに「ちゃんとお金を支払って入浴してますよ」という証明を皆に見せるという訳なのだな。
そして入浴が終わったら、その券を箱の中に入れるという、おそらく全国でもここだけのシステムでは無いだろうか?
きっとその昔はお金を支払わず入浴してきた人も多かったのだろう。これなら余計な疑いの目を向けず、向けられる事も無く皆が堂々と入浴できるという訳で、地元皆で考えたのだろうか、凄いなあと思った。

アクセス例:JR米沢駅より路線バス小野川温泉行で小野川温泉下車し、徒歩3,4分程。

小野川温泉 うめや旅館 (山形県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2023/01/18

評価:

3.3

日帰り入浴は熱かった

日帰り入浴で利用してみましたが、まだ湯が溜まり切っておらず。それでも私の様に訪れている客や、訪れて来る客がぼちぼちで、結構人気なのかなと思いました。
宿泊客に合わせて湯を張っているようで、源泉はまだかなり熱く、堪えて湯舟へ入りましたが、身体は真っ赤になりました。
硫黄臭もし、トロミ感がある温泉は濃厚さを感じ、良い温泉だとは思いました。4号泉にこだわりを持つお宿で、4号泉入湯記念のタオル迄も販売されていました。
源泉が高温なので露天風呂があると、雪見風呂にもなりもっと良いのになと思いましたが、何故か小野川温泉では露天風呂を持つお宿は少ない様で、共同湯の露天風呂も冬季はお休みになっていました。
一度蛍の時期に宿泊しましたが、蛍はほとんど見られずで、田んぼアートが出来上がりつつありました。
米沢からのアクセスも良いので、またこの方面に訪れた際は立ち寄りたい温泉ではあります。

アクセス例:JR米沢駅から路線バス小野川温泉行で、小野川温泉下車し徒歩2分程。

渋温泉 かめや旅館 (長野県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2023/01/09

評価:

3

源泉3種、お風呂は幾つかあるけれど・・

冬は渋・湯田中こちら辺りの温泉が恋しくなる。何年か前に一度宿泊しているが、今回は日帰り入浴で訪れた。
貸切風呂が幾つもあるのが売りのかめや旅館。日帰り入浴でも空いていればどの風呂にも入れるし、男女別内湯もある。
しかし、どの風呂へも一旦着替えて出入りしなくてはならないのが、非常に面倒でもあった。

内湯は浴室全体がタイル造りで、湯船もレトロタイル風呂だった。
この風呂は自家源泉を使用しているそうで、比較的ぬるめ。更に仕切りがありぬるめと源泉が投入されている熱めの湯船に分かれていたが、一体何処から排水されているのかがよく解らず、しかも汚れの泡まで浮いていて、余り気持ちの良いものでは無かった。
家族風呂もレトロタイル風呂で、こちらも内湯の様に寝湯型の浴槽であった。温泉の投入口が、牛?ロバ?余り見ない動物であるのが珍しかった。
露天風呂は更衣室の電気が付かず、入らず覗いただけでパスした。
露天風呂の温泉と家族風呂の温泉が、渋温泉の源泉であるようだった。
もう一つお座敷風呂という浴室がある。名前からして浴槽の周りがお座敷になっているのかと思うが、そうではなく客室を更衣室にして使い、縁側の部分に浴槽が造られている。
更衣するには広くて良い。温泉は地獄谷より引湯しているそうで、茶色っぽく湯華が沢山有るかなり熱い源泉で、加水しても湯底から熱く、ドバドバ加水でどうにか浸かれた。
という事でかめや旅館の源泉は、3種類の源泉を使用している事になる。
お宿自体はレトロ感+寂れ感が漂って来ている感じがした。
日帰り入浴は10時~20時頃まで、500円だった。

アクセス例:長野電鉄湯田中駅より路線バス、もしくは徒歩なら渋温泉へ30分程。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 (山形県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2022/12/20

評価:

4

眺望抜群の雪見露天風呂

米沢は何と雪の多い所なのだろうかと思ったが、山に向かってバスが進み白布辺りになるとかなりの降雪で、その後天元台ロープウェイ入り口に着くと送迎車に乗り換え、更に山に向かって登り、雪はどんどん増えて行く。この道は吾妻屋旅館で除雪をされているそうだが、1キロ程と言ってもかなり大変な事だろう。
そうして到着した宿は、山の上にある大きな山宿といった風で、雪とつららが迎えてくれた。全てが真白な雪景色にもうワクワクだ。

3か所ある露天風呂の内、滝見風呂は冬季閉鎖しており、2か所ある眺望の良い混浴露天風呂へ明るいうちに向かう。女性はバスタオル巻きOKで脱水機も用意してくれてあった。
湯あみ着も1000円で販売もされていた。
湯小屋が2つに分かれ、標高1126mいいふろと書かれた看板が下がっている。
一つは円形の岩風呂で、眼下には雪を覆った樹林が広がり、彼方にはうっすらと山が連なっている様だ。
が、この露天風呂は浅くぬるいため気持ち良さは余り味わえず。
もう一つ根っこ風呂と書かれた方の湯小屋には、木の根っこをくり抜いた丸い湯舟と、幹をくり抜いた湯舟が並ぶ。根っこ風呂の方が小さく1人用で、この湯舟が一番温かかった。
こちらの湯船からも同様の眺望が眺められ、山を眼科に見下ろせる雪見露天風呂というのもそう多くはないだろうし、秋には天元台の紅葉は美しく、ここから眺める紅葉は素晴らしいだろうし、この宿のトップシーズンでもある。

内湯は浴室、浴槽共に木造りで暗め。ドバドバと温泉が投入されていて気持ち良いが、気持ち良さで言えば、貸切風呂が一番だった。
根っこ風呂の丸太より更に長く太い幹がくり抜かれた立派な湯舟に、ここの湯だけはごく薄く濁りがあり、軽く硫黄臭も感じられ特別感がある。
源泉が違うのかと思いきやそうではなく、この湯舟が源泉に一番近い位置にあり、湧出してきた源泉をそのままに湯舟に投入しているからだそうだ。加水も無く鮮度の良い源泉はやはり違う。
貸切風呂は半露天であり、軒先にはつららが連なり、とにかく冷たく寒い。
どの露天風呂も着替えが恐ろしく寒いため、朝は特に内湯で温まってから露天風呂へ向かわないと、とてもじゃないが山の上の雪見露天風呂を楽しむことはできなかった。

食事は朝夕共に部屋食で、部屋には電気カーペットとガスストーブが点けられており、十分に温かい。
朝起きると、眼前には昨日と違った風景が輝いていた。朝日を受けながら山が姿を表していたのだった。そうか昨日は雪で曇っていたので見えなかったが、今朝はスッキリと晴れた空に兜山が浮かんでいたのだった。
自然の中に在る温泉宿は、何て素晴らしいのだろう。日常では見れない景色を目にし、二度と出会えるかどうか判らない景色に出会え、温泉とこの素晴らしい風景はいつまでも心に残るだろう。

アクセス例:JR米沢駅より路線バス白布温泉行きで終点の天元台湯元下車。送迎あり。

乳頭温泉 孫六温泉 (秋田県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2022/12/05

評価:

4.6

素朴感が残る秘っそりと籠れる温泉

乳頭温泉郷の中でも一番素朴感が残る孫六温泉。秋に訪れた時には、小さな混浴露天風呂の周りには真っ赤な紅葉が見られ、冬とはまた違った雰囲気だった。
そして何と、混浴内湯の石の湯の色が透明だった。そっかー季節によって湯の色も変わるんだ。
熱いのは一緒だったけど、熱すぎて浸かれなかったけれど、今までは冬に来ていて、青白く白濁した湯に浸かっていたんだっけ。
混浴だから落ち着かないけれど、それでもこのシンプルな石造りの、秘っそり感ある神秘的な、孫六温泉にしか無い個性的な石の湯が好きだった。やっぱり神秘的な色を放ち、濁っている方が好きだった。

一番気持ち良さを感じていた,湯華舞う女性用露天風呂。目の前は真っ白な雪で覆われていたっけ。
景色が一変し、もうあの風景を眺めながら、冷気に身を包みながら、新鮮な気持ちの良い温泉に浸かれる事は無くなってしまったんだ。
目の前の先達川は護岸工事が成され、尚更風景が新しくなってしまった。温泉まで変わってしまったような気がして寂しかった。

孫六温泉の湯小屋は2つに分かれ、泉質も3種類の違った温泉がある。
もう一つ唐子の湯と書かれた湯小屋には、男女別の内湯だけがあり、まだ新しかった木造りの浴室は、温泉成分でかなり染まり味わいが増して来ていた。

もう入れなくなってしまった冬の孫六温泉。冬はお宿もお休みだそうだ。数年前までは、除雪をしてアクセスを確保してくれていたけれど、人手不足で除雪まで手が回らなくなってしまったそうだ。
冬に雪道を歩き、秘っそりとした孫六温泉に辿り着き、秘っそりと入るのが好きだった。
もうそんな訳にはいかない。人気の黒湯温泉とは一本の橋で繋がり、目と鼻の先になり人が行き来する。
紅葉の季節、偶然男性が居なかった僅かの隙に混浴にも入れたけれど、宿泊すればもう少しは落ち着いて温泉に入る事ができるのだろうか?

当たり前に在ると言う事は当たり前ではなくて、移り変わって行く事が当たり前なんだけれど、全ての物が永遠に在る訳では無くて、この時にしか無いかも知れなくて、その時に在ったことを喜ばなくてはならないんだろうけれど、好ましかった温泉や風景が、消えて行くのはとても淋しい。
すっぽりと紅葉に包まれる乳頭温泉郷も素晴らしいけれど、ずっぽりと真っ白な雪に包まれる乳頭温泉郷もかなり素晴らしいから、いつか黒湯も孫六もまた、冬も人々を迎えられる様な温泉郷になって行ってくれたらいいなと思う。乳頭温泉の力、秋田観光協会の力を信じていいかも知れない、なあんて。

アクセス例:JR田沢湖駅から乳頭温泉行バスで乳頭温泉下車し徒歩15分程。送迎あり。

弓ヶ浜温泉 湯楽亭 (熊本県)

吞み助その2

by 吞み助その2 (温泉中級) 2022/12/04

評価:

4

食事が内容も非常に新鮮で 量も十分すぎて 大満足。私の 刺身の新鮮さの 判断方法は 魚の切り口が つるつるなのか 少しザラザラしているかで見ています。ざらざらなら 生き作りもしくはそれに近い状態と考えています。しかしそれ以外のつるつるしていても必ず古いと決めつけているわけではありません。この宿は非常に新鮮でした。

乳頭温泉郷 黒湯温泉 (秋田県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2022/12/03

評価:

3.3

黒湯と言えば小さな混浴露天風呂

黒湯と言えば小さな混浴露天風呂。この温泉へ入れるかどうかは、黒湯温泉へ入ったと言えるかどうかの鍵になり、折角黒湯へ来たからには絶対外したくない露天風呂であったのだが、初めて入る事を諦めた。
秋のハイシーズンと全国旅行支援が重なり、かなりの賑わいで入浴客が後を絶たない。
混浴露天風呂へは何度も様子を見に行ったが、常に男性が数名入っており、さすがにあの小ささでは無理だった。
それに手前にある混浴の内湯にも、常に男性が入って居らっしゃり、ここも無理~。

で、仕方なく男女別の浴場へ行ったが、露天風呂といっても塀で囲われており、折角の風景が全く臨めないという造りが非常に残念であった。
露天風呂の湯は超ぬるく、内湯に於いても窓が解放されたままでかなりぬるかった。
洗い場もたった2つしか無く、ドライヤーも無い。
一見、妙の湯の様にモダンな浴室の様にも見えるが、実際には快適とは言えない浴場であったのも残念だった。

黒湯の広大な敷地には、地獄と言えるほどの源泉が湧出している場所が在ったり、その遥か向こうには、1棟の茅葺屋根の宿泊棟が在ったり、本館とは別に数棟の湯治棟が在ったりし、自然に囲まれた素朴な温泉宿といったイメージであり、中でもあの混浴露天風呂の風情は他では見られないものでもある。
宿全体としては黒塗りの建物が特別感を演出しているが、宿泊した際にも感じたが、打ち出しているイメージよりも素朴感・鄙び感は無い温泉宿でもある。
ただ乳頭温泉郷の中で唯一、素泊まり湯治泊を取り入れている宿でもあり、小さな混浴露天風呂と混浴内湯は、非常に男性に好まれている温泉宿ではある。
女性の場合は、バスタオル巻きや湯あみ着は禁じられているので、宿泊してメインの混浴露天風呂へ入る機会を伺うか、日帰り入浴ならオフシーズンの平日を狙えば入れないことは無いと思う。

高台に在る憧れの様な離れの茅葺の建物は、高貴な方が宿泊される際に建てられ、現在では1棟貸しとして宿泊受け付けをしているそうだ。
乳頭山麓に在る黒湯と孫六温泉は橋で結ばれた対比に在り、共に冬季休業の温泉でもある。乳頭温泉郷の秋は素晴らしい紅葉に包まれ、黒湯からはブナ林を抜けると休暇村にも繋がる。紅葉が美しいと言う事は新緑もそれだけ素晴らしいと言う事であり、個性的な乳頭温泉には何度訪れても飽きる事は無く、7つそれぞれの温泉宿に、それぞれの素晴らしさがある温泉郷である。

アクセス例:JR田沢湖駅より路線バス乳頭温泉行きで、乳頭温泉下車し徒歩20分程。送迎あり。
秋田空港からエアポートライナーで乳頭温泉まで大人1名6000円。

長湯温泉 大丸旅館外湯 ラムネ温泉館 (大分県)

まるちゃん

by まるちゃん (温泉マニア) 2022/11/24

評価:

5

出たり入ったりを、繰り返す

内湯であたたまり、露天の炭酸でゆっくり涼み
時にはサウナで温まり、また露天でゆっくり過ごす。
多分朝から夕方くらいまでなら、繰り返せる自信がある笑

家の近くだったらな〜

地獄温泉 青風荘(旧清風荘)(1日3組のみ宿泊できるようになりました) (熊本県)

まるちゃん

by まるちゃん (温泉マニア) 2022/11/24

評価:

5

のんびり時間

みんなのんびりと湯に浸かってましたね!
となりのおばさまは、かれこれ3時間出たり入ったりを
繰り返されてました!
平日に行けば、運が良ければ貸し切り状態です。
芋洗いになる心配はないと思います。 

別の場所にある内湯もスズメ湯さんにくらべると
薄いけど、おすすめ!