秘境温泉 神秘の湯

トップ > 温泉クチコミ

温泉クチコミ

最近投稿されたクチコミ1~10件まで表示します。

現在の
クチコミ掲載数
568

568件中361~370記事/37ページ目

木賊温泉 岩風呂 (福島県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2019/06/23

評価:

5

硫黄の香りに包まれポコポコ湧く宝の湯

2019年5月入浴。もう何度目になるだろう。行きたい思いが高じて、何とか大阪からの路線を掴んだ。最終的には尾瀬高原口駅より、路線バスで舘岩観光案内所まで、更にそこから日に1本の地域乗合タクシーに繋ぎ、木賊上で降りようやく到着。日本の臍のような部分にある会津尾瀬地方は、関東方面からでもなかなかアクセスが容易でない。
私はこの温泉にゆっくり入りたいため、この露天風呂を外湯に持つ、すぐ近くの井筒屋さんに泊まる。湯浴み着を貸して貰え、入浴料は勿論無料だ。というかそんな事より、井筒屋旅館は私の中で3本の指に入る宿で、料理と接客には定評がある、大好きな宿である。宿泊をお考えの方には是非お勧めするが、御夫婦で全てを運営されているため、1日2組の宿泊しか受け付けていないので、予約はお早めに。

木賊温泉共同露天風呂は、通称岩風呂と呼ばれており、中に入ると「集落の大きな誇りです・・・」という言葉が書かれた看板が、私の心に響いてくる。
本当にその通りだと思う。この温泉は私にも宝のような温泉に見える。 鹿児島の湯川内温泉かじか荘の湯と酷似しているのだが、あちらは宿の温泉であり内湯である。
この岩風呂が素晴らしいのは共同湯である事。そして露天風呂である事。足元湧出泉は他にもあるとしても、共同湯として地元管理されており、露天風呂であるというのは、私は他には知らない。更に源泉温度がほとんど適温であり、年中浸かれるというのも素晴らしい。
何度水害で湯小屋が流されても、全国のファンの寄付もあり、その度に造り替えられている木枠の様な湯小屋。流されるのを前提として造られており、柱には寄付された方達の名前が書かれている。

微かな硫黄の香りがする。ポコポコふつふつと水泡が舞い上がる。大きさもリズムも違うその水泡は、光を受けきらきらと輝き舞い踊る。硫黄成分で翠を帯びた湯が美しい。
湯上りには川風が心地良く、新緑が美しく、四季折々の自然と共にある優しい温泉である。

早朝5時に行ってみるが、すでに入浴客がいるといった人気ぶりなので、女性は湯浴み着必須かな。井筒屋旅館で200円で借りられます。更衣室の電燈は、右奥天井近くに電源があります。
冬も階段の除雪作業を地元の方々でして下さってるそうですが、積雪の状態によっては岩風呂まで行けない事もあるそうです。冬はビニールで囲われますが、湯温は適温で比較的人が少ないので静かにゆっくり入れると思います。
夏はどうしても熱めなので、川に入ったりし、交互浴を楽しまれる方もおられるそうですよ。 秋は湯の花温泉の渓谷から、木賊温泉辺り紅葉が綺麗なので、特に人気のようですね。 2019年10月台風19号の災害により、またまた湯小屋がさらわれてしまったようです。今回は特に被害も大きく、隣の井筒屋旅館さんも川と同じ高さにある男性内湯と、更にお宿の石垣まで破壊され、避難される状況になられたそうで心が痛みます。 木賊温泉を愛する私達を、いつかきっとまた迎えて頂けますように、復活・再建を願ってやみません。
アクセス例:会津高原尾瀬口駅より路線バス沼山峠行きで館山観光案内所下車。土日は乗合タクシー運休のためタクシー利用。(バス停木賊温泉口からは徒歩数時間かかります)
以外に、会津田島駅もしくは会津高原尾瀬口駅より南山観光タクシー(0120915221要予約)1人2500円。

上湯温泉 神湯荘 (奈良県)

桜hanako

by 桜hanako (温泉達人) 2019/06/21

評価:

3

まん前山のホタルの宿

2019年6月宿泊。蛍の時期に十津川~川湯温泉へ。上湯荘の蛍は、数年前の台風でカワニナが流され一時全くいなくなったが、宿の方達がカワニナを撒き3年程かけ現在の状態まで回復。
源氏蛍が宿を少し下った川辺から飛び交い、更に下って行くともっと多くの蛍が見られます。
6月上旬から飛び始め6月いっぱい頃まで見られるそうですので、蛍を見たい方お早めに!
ヒメ蛍のピカピカチカチカより、源氏蛍のほわほわ~んランデブーのほうが郷愁があっていいなあ~。真っ暗なので懐中電灯は明るい物を選んだ方が良いと思います。貴重な蛍体験です。

温泉ですが、川沿いにある露天風呂が、源泉が一番近くダントツに良い!
ここだけが日帰り入浴風呂でもあるという、宿泊者には何だか遠いしちょっと残念なような・・まあ日帰り入浴時間帯より前後1時間ずつは長く利用できますが、それでも8時~18時まで。
この湯のみが、硫黄のような焦げたような香りがし、珍しいベージュ色した湯の華が、綿ぼこりの様に浮かんで、触るとジュル。
析出物で湯底も湯船の縁も全て淡いベージュ色にコーティングされていなければ、ここも他の湯船と全く一緒の、コンクリートに石をところどころ埋めた岩風呂であるのですが、この湯船だけ何だか別のものに見えます。
男性用は川沿いの屋根なしですが、女性用はちょっと変わったコンクリートの箱の中、良いように言えばモダンとも取れるような、半露天というかコンクリートをくり抜いたような大きな窓が造られており、そこから緑が見えるのがいい。朝入ると、光の加減で湯船にもゆらゆらと緑が揺れ、湯の濃厚さが伺えます。
そうなんです。湯がとろりとしているのです。超ヌルヌルでとろーっとした感じは、やはりこの川沿いの露天風呂だけ。気持ち良さが断トツ違うのです。香りがあるのも湯花があるのも新鮮だからなんだと思います。この湯は良かった。

この他に露天風呂が男女1つずつと、貸し切り露天風呂が2つ、内湯が男女別にありますが、何が残念って、浴槽が全て同じ。1つとして木造とか容が違うとか・・そう言ったものが無く、入っても入ってもまたこれかって思ってしまう。
内湯に関しては、浴室自体が古く、壁にはカビだか汚れだかが多く付着しており、安っぽいホテルの古びた浴室の様に感じサッサと出た。
数ある露天風呂に関しても、簾で囲われているため、上を向いて緑を見る以外無い。
それでもまだ、桧の露天風呂とかなら、風情もあったり、落ち着きがあったり、和らかさがあったりしてゆっくり入りたくもなるが、重ねて書きたい。全て岩風呂にコンクリートの湯底に石を所々埋め込んだという、簡単で強いと言った実に味気ない湯船ばかりだった。1つくらいならいいけど・・。
引湯されていてもヌルヌル感は強く、ナトリウムに炭酸水素というベストマッチな湯であり、浴後の肌はしっとり。まずまず気持ち良かったが、何度も書くが川沿いの露天風呂とは湯の印象が違う。

料理はサンマの炙り寿司が臭くて食べられなかった。朝食の温泉粥は美味しかった。
これで平日1人1泊2食17000円を思うと料理は3となる。
部屋は広く布団は敷いてくれてあった。冷蔵庫もあり、冷茶と桜餅が用意されていた。

まん前は山。濃いグリーンに包まれている。春は桜が見られ良い感じかなと。
この辺りは大雨の多い所でもあり、数日前も雨で土砂崩れが起き、道路が寸断されまだ修理中で、辛うじて送迎してくれている。自家用車では6月中旬現在龍神方面からのアクセスとなる。
山、山、山の中、といったちょっと祖谷にも似たような風景が広がる、十津川温泉郷。川の水が珍しいコバルトブルーで大変美しかった。
途中には谷瀬の吊り橋や、湯泉地温泉へ向かう道へは美しいブルーの川を眺めながらの散策や、熊野古道や瀞峡、那知の滝以外にも、湯の峰温泉、川湯温泉、龍神温泉なども近くにあり、折角来られたなら、奈良・和歌山の境にある秘境温泉巡りを、車でなら楽しんで頂けるかなと思います。

アクセス例:近鉄大和八木駅より、日本で一番長い路線バス新宮行きに乗り、十津川温泉下車。16時14分到着便のみ送迎あり。 画像5.十津川温泉バス停前の川

蔦温泉 蔦温泉旅館 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

4.3

伝統的な良湯

個性的な温泉の後に寄ったので、少し印象が薄くなってしまった感はあるが、建物や温泉はどちらも一級の温泉と言って良いのではないかと思う。

今度は機会があれば立ち寄りではなく、ゆっくりと一泊して宿や温泉をのんびりと楽しんでみたい。

黄金崎不老ふ死温泉 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

5

絶景の高濃度温泉

大雨警報が出ている中で訪問。
露天風呂に入るやいなや降り出し、10分ほど入っていると本降りに。
建屋に戻った頃には土砂降りになってしまい、のんびりと堪能することができなかった。

お湯は未だかつてみたこともないくらいの高濃度。
長湯したらのぼせてたかも。

入るときは長湯せずに出たり入ったりでご注意ください。

また行きたい温泉。

百沢温泉 (株)百沢温泉 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

5

ヘビー級の高濃度温泉

湯治場もある温泉施設で人気があるのか結構混んでいた。
駐車場が手前がいっぱいだったので、もう一段上に止めてくださいと言われて湯治場などがある上側に駐車。
薄緑の源泉がドバドバと豪快に注がれドバドバと溢れている。

温泉濃度が高いのでいかにも効きそうな感じがムンムンする極上湯。
マニア向け。

八甲田温泉郷 酸ヶ湯温泉 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

3.6

有名な千人風呂

千人風呂であまりにも有名だったので、一度行ってみたいと思っていた。
お湯は最高だが、混浴のところに男性が大挙して女性が入ってくるのを待っている姿はなんとも滑稽。
それだけならまだしも女性が入ってくるとおもむろにタオルをはだける男性客もいて見ていて痛ましい。
時代も時代何だから無理に混浴を維持しなくても良いような気がする。
そうすれば、ここの温泉をゆっくりと堪能できるのではないか。

内湯は人気がないのかのんびりと入浴することができたので、主に内湯につかっていた。

新岡温泉 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

5

ヌルヌルどばどば系の老舗温泉

昔は賑わった温泉場だったのだろうか、いまも使われているのだろうか脱衣所は銭湯のように番台がある。
湯船はシンプルに内湯がひとつ。
源泉が豪快にかけ流されドバドバとオーバーフローしていた。
こういった良泉をひとりでじめできるのは至福の時間。


温泉マニアのオススメの温泉。

つがる地球村 藤山邸 (青森県)

コッペちゃん

by コッペちゃん (温泉上級) 2019/06/19

評価:

3.6

ヌルヌルの綺麗な温泉施設

お湯は茶褐色でヌルヌルしています。綺麗な施設で時間があったらゆっくりのんびり入りたいところでしたが、温泉ツアーの朝一番で入ったため、そうもいかずもったいなかった感じです。

由布院温泉 お宿野蒜山荘 (大分県)

doubutunoyoko

by doubutunoyoko (温泉マニア) 2019/06/19

評価:

2

一番風呂は青くない

事前にお電話したところ、湯の入れ替え中で1時間後に来て欲しいとの事。お伺いすると家族風呂1700円と言われるが、1人なので1000円の大浴場を希望すると、すんなりOK?大浴場と言ってもこじんまりしており、貸し切り状態なので700円得した気分。入れたてで凄く熱いので水をいっぱい入れてくださいと説明され温泉へ。入れたてなので当然、青く無く凄く熱い。内湯は入れる温度だったので、露天に加水しつつ内湯で15分、やっと露天が入れる温度に。温泉は綺麗だが横の川はゴミだらけ。全体的にちょっとがっかりな温泉だった。

筌の口温泉 新清館 (大分県)

doubutunoyoko

by doubutunoyoko (温泉マニア) 2019/06/19

評価:

4.6

共同湯とは違い素晴らしい温泉でした

前回は間違えて共同湯に入ってしまい。共同湯で十分に満足していましたが、比較にならないほど素晴らしい温泉でした。建物から温泉に向かう途中で、すでに露天が丸見えです。混浴なので問題ないかもしれませんが、ちょっと驚きます。脱衣所はしっかりしていますが、男女で別れてはいません。お湯は茶色く濁っています。かなり広く横には清流が流れます。一人でゆっくりと清流を眺めながら入る温泉は最高でした。間違い易いようなので、外観の写真も投稿しておきます。右側の奥が共同湯、左側が新清館です。

神秘の湯温泉ランキング

クチコミ温泉ランキング

ユーザー投稿数ランキング

出版のお手伝いをしました