秘境温泉 神秘の湯

トップ > 北関東 > 栃木県 > 那須・板室 > 那須温泉郷 > 奥那須温泉 > 奥那須温泉 大丸温泉旅館

奥那須温泉 大丸温泉旅館

栃木県 那須郡那須町湯本269 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 ドバドバ 加温 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
奥那須温泉 大丸温泉旅館 イメージ

川全体に温泉が流れる超新鮮な豪快露天風呂

公開日
2018/10/25
最終更新日
2019/11/06
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.4

  • ユーザーの評価

    (1件)
    3.5

    3.5

奥那須温泉 大丸温泉旅館 外観
※※※※このレポートは2014年4月に訪れたものです※※※※

200年の歴史があり、今現在6代目の方が経営されている旅館「大丸温泉旅館」
元々はもっと山の上の方へ位置していたらしく、段々と下がって来たのだとか。
現在は国立公園となってしまい建て替えはできない状態のため、増築とリニューアルでなんとかしている。

標高は1300mあり、冬場は地上との差が10度以上。

私達が訪れた時は大丸温泉旅館周辺はチェーンがないと走れないような状態だった。

 

 

 

 

車から部屋まで荷物を運んでくれるおもてなし

たくさんあった荷物を全部部屋まで持って行ってくれた

たくさんあった荷物を全部部屋まで持って行ってくれた


お宿へ到着すると、従業員の方が出てきてくださり、荷物を全て運んでくれた。

挨拶なども心地よく、とてもしっかりした対応で気分いいな~。

最初のこの時点でこれはおもてなしのお宿かも!っと期待が膨らむ。

洗練された雰囲気のエントランス

洗練された雰囲気のエントランス

アジアン??な飾り

アジアン??な飾り


本館 (7.5畳和室+ベッドルーム) トイレ付 1人18,000円

宿泊した部屋 外は寒いけど部屋はあたたかくて快適!

宿泊した部屋 外は寒いけど部屋はあたたかくて快適!


ベットルームが付いている和洋室が一番人気らしく、私達もベット付の本館が空いている日を狙って宿泊することに。

なんでベット付がいいかって。。部屋の雰囲気もベットの方がいいし、布団もだいたいベットの方がやわらかくて腰にやさしい。(ただし洋室のみはイマイチなので和洋室の場合に限りますが、、)

とにかくベット付の部屋はなかなか空いてなくて平日ポツリポツリと空いている程度だったのでその日に宿泊する日をあわせる事にした。

部屋はリニューアルされたばかりのようで、すばらしく綺麗でお洒落。
壁の模様も格子状になった窓もすごく素敵できっとしっかりしたデザイナーさんが入っているのかな?と思った。

デザイナーズな雰囲気の寝室

デザイナーズな雰囲気の寝室

入口

入口


作りは2つの部屋をくっつけて1つの部屋にしたらしく、間取りが変わっていた。
モダンな感じで照明は間接照明をたくさん使っていて凝った作り。

暖房の効きもよく、部屋内は快適!
居心地がよすぎて2泊でも3泊でもしたくなってしまう。

テレビは各部屋にあり

テレビは各部屋にあり

冷蔵庫(ビール、サイダーなど)

冷蔵庫(ビール、サイダーなど)

お茶セットとグラス

お茶セットとグラス

お水とお湯が用意あり

お水とお湯が用意あり


空気清浄機で空気もきれい

空気清浄機で空気もきれい

暖房も各部屋にあり

暖房も各部屋にあり

ドライヤー、男女各化粧水等、シェービングクリームなどアメニティが豊富

ドライヤー、男女各化粧水等、シェービングクリームなどアメニティが豊富

洗面所

洗面所


ウォシュレット付トイレ

ウォシュレット付トイレ

タオル大、小、歯ブラシセット、ゆかた、タビ

タオル大、小、歯ブラシセット、ゆかた、タビ

お茶菓子

お茶菓子


アメニティが充実していて、化粧水や乳液なども用意されている。
シャンプー、リンス、洗顔フォームやメイク落としもしっかりあるので何も持ってこなくてもいいぐらいかも。

全9品のおかずと食前酒、ご飯、香の物、デザート メインはしゃぶしゃぶ

海老芋万頭

海老芋万頭

大丸温泉源泉しゃぶしゃぶ 栃木黒毛和牛

大丸温泉源泉しゃぶしゃぶ 栃木黒毛和牛

八汐鱒 平目 湯葉

八汐鱒 平目 湯葉


食事は全体的においしい、なにより見た目の美しさがすばらしい。

特においしかったものはやはりメインのしゃぶしゃぶで、肉が栃木の黒毛和牛の上質な肉で、脂身に旨みがありとてもおいしかった。
鍋は2つに仕切られていて、源泉を沸かしたあっさりしたベースのものと、味付けされた醤油ベースのものがあり、私は醤油ベースのものの方が好み。
源泉も珍しさはあるけれども、あっさりしすぎて肉の味で食べる感じなのでもう少し味付けがあるといいなと思った。

しゃぶしゃぶは2種類のベースを交互に食べれる

しゃぶしゃぶは2種類のベースを交互に食べれる

天ぷら

天ぷら


サーモンクレープの包み焼きは、和の食事の中にポッと入った洋食でなんとなく違和感があったけど、洋食好きの私としては嬉しい。
パンプキンソースとの組み合わせが新しいなと思った。

天ぷらについては、これはちょっと残念で私の大好きな海老にアーモンドがついてる~~、、、、っていう理由でがっかりしてしまった。

海老の香りがなくなってしまいアーモンドの食感と香りだけで海老がもったいないなという感想。
揚げ方はとてもよく、サクサク。



しかし、飲み物も色んな種類が用意されていたけど、生ビールが高い!!
一杯800円もするから、一杯だけ飲んで部屋で缶ビールを飲むことにしました。

食事処の雰囲気もいいし、安く飲めたらいいのに~

食前酒 ゆず酒

食前酒 ゆず酒

焼き野菜と茸おろし/あん肝寄せ

焼き野菜と茸おろし/あん肝寄せ

サーモンクレープ包み焼き

サーモンクレープ包み焼き

ご飯、味噌汁、大根のゆずみそかけ

ご飯、味噌汁、大根のゆずみそかけ


香の物

香の物

リンゴ、スチューベン、ガトーショコラ

リンゴ、スチューベン、ガトーショコラ


 

 

 

 

サラサラと流れる温泉の川に入浴

白樺の湯 混浴 源泉掛け流し 浴槽41.5度 PH7.1~7.5(中性) 鮮度:約1時間で回転★★★★★

白樺の湯 混浴 源泉掛け流し 浴槽41.5度 PH7.1~7.5(中性) 鮮度:約1時間で回転★★★★★


※地図は公式ページよりお借りしました

※地図は公式ページよりお借りしました


川を何か所かで区切って作られている各露天風呂は上流が女性用となっていて、下の方が混浴となっている。

川が温泉なので、湯量は豊富というどころではなく、浸かっている私達の身体を通り過ぎていくほど鮮度は超抜群。

温泉の特徴は少なく、析出物は若干岩などが赤茶けている程度で、湯は透明でほぼ無臭。

源泉は4本?らしいがわかる限りの源泉は2本。「川の湯」と「桜の湯」

川の湯は特徴はほぼなく、桜の湯は鉄の甘い香りと鉄味がした。
どちらにしても単純温泉なのでさっぱりあっさりの新鮮で、毎日入りたいような温泉だと思った。

あじさいの湯 混浴

あじさいの湯 混浴

あざみの湯 混浴

あざみの湯 混浴


あざみの湯、あじさいの湯は少し移動をしなければならないからか、あまり人がいなくてゆったり入れる。

内湯 男女各1 源泉掛け流し 浴槽42.1度 PH7.1~7.5(中性) 鮮度:約1時間で回転★★★★★

内湯 男女各1 源泉掛け流し 浴槽42.1度 PH7.1~7.5(中性) 鮮度:約1時間で回転★★★★★

ジャンジャン投入される源泉!

ジャンジャン投入される源泉!


豊富な洗い場

豊富な洗い場

綺麗な脱衣所

綺麗な脱衣所


内湯は広くて10人前後が入れる浴槽が2つ並んだ作り。

源泉の投入量も多くて内湯だけでも満足できるほど良い。
女性用の内湯からは混浴へ行く扉と女性用露天風呂へと続く扉の2つがあり、石南花の湯と一番上流にある山ゆりの湯へと続いている。

露天風呂へと続く道

露天風呂へと続く道

道にはあたたかい温泉が流れている

道にはあたたかい温泉が流れている


石南花の湯 源泉掛け流し PH7.1~7.5(中性)

石南花の湯 源泉掛け流し PH7.1~7.5(中性)

源泉

源泉


湯量はそこそこではあるけど、雰囲気が落ち付いて入れる事もあり居心地はいい。

クマザサに囲まれた静けさが心地いい露天風呂

山ゆりの湯 女性用露天風呂 源泉掛け流し PH7.1~7.5(中性)

山ゆりの湯 女性用露天風呂 源泉掛け流し PH7.1~7.5(中性)


こんな感じの源泉が2本注がれている

こんな感じの源泉が2本注がれている

露天風呂までの道はかなり寒い

露天風呂までの道はかなり寒い


一番奥、上流にある山ゆりの湯。

この日は寒く、雪も残っていたのでなかなか一番奥まで行く人は少ないようで貸切状態。
湯船の底には玉砂利がひいてあって足裏が気持ちいい。

露天風呂の雰囲気や源泉具合も含めて、山ゆりの湯が一番お気に入り。
とても静かでこの露天風呂を独占できたのが最高に気分よかったー。

ただ、石南花の湯から山ゆりの湯までの間の道は温泉が流れていないのでかなり寒かったけど。。。

飲泉所

飲泉所

飲泉所

飲泉所


ゆっくり座って源泉を味わう事ができる飲泉所もあります。

朝ごはんはおかずが5品 鉄板焼きは珍しい

朝ご飯

朝ご飯

朝ご飯

朝ご飯


朝ごはんは野菜が中心でアユの一夜干しと温泉卵がついている。
アユの一夜干しは小さな七輪で少し暖めてあぶる。
薄味ではあるけど旨みがあっておいしかった。

鉄板焼きのマッシュルームが変わっていて、プリッとした触感が○、ありきたりじゃないところが気に入りました。
全体的にあっさり味。


いつも温泉卵はご飯と別でチュルっといただいていたのだけど、ご飯にかけるとおいしーという情報が載っていたのをどこかでチラリと見たこともあり、今回はご飯にかけて食べてみた。


うーーーん。。   これはおいしい!!

この日から私は温泉卵ご飯にかける派になりました。

≪大丸温泉旅館の良かったところ≫

従業員の方達の対応がとてもよくてしっかりしています。

館内はどこを見ても綺麗でお洒落。凝っているので館内移動が楽しいです。

なんといっても部屋の居心地がよく、あたたかくて快適。
温泉のダイナミックさにも感動!

≪大丸温泉旅館の良くなかったところ≫

朝、コーヒーを部屋で飲めないのはすごく残念!
夜、食事処での生ビールも800円は高すぎる。

あとは料理がもう少し凝っていると嬉しいです。

あとあと、これは温泉マニアならではですが、、、分析表そのものを表示してほしい!

 

 

 

 

 

 

奥那須温泉 大丸温泉旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    5
  • また行きたい

    3
    5
  • 部屋

    2
    5
  • 食事

    3
    3
管理人総合評価
4.0
4.4
とさせていただきました。

クチコミ(1件)

男性もタオル巻きの混浴露天風呂

4
4
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2019年9月頃に訪問

2019.9月日帰り入浴。利用開始の11時半を待つ。14時半までの限られた時間が日帰り入浴に充てられている。タオル付き1000円である。高めであるがそれだけに洗練されている。
ここの温泉は、川をそのまませき止めて混浴露天風呂にしているというのが売りであるが、見た目には囲ってあるためか川には見えず、普通の露天風呂の様にしか見えない。

さて、大丸温泉で一番感心したのが、混浴であっても男性もタオルを下半身に巻いていた事だった。これは良いと思った。女性としてもこの方が入りやすい。
大体どこの混浴でも、女性だけがバスタオル巻きか湯浴み着で、男性は裸体を曝している。
何だか目のやり場に困るものであったが、どちらもがタオル巻きと言うのは、何だかとても安心で清々しい感じがした。だからか女性陣も返って堂々とゆっくり入っているようであった。
またそれだけではなく、ザーザーと流れる音を聞きながら入る露天風呂は気持ちの良いものであった。
男女タオル巻きについては「男性も恥ずかしいですからね」と従業員さん。そうだよねえ。今まで男性は裸と言うのが当たり前の様に思っていたが、男性も恥ずかしいんだと改めて思わされた。
このシステムは、他の混浴に於いてもどんどん取り入れて行って貰えたら良いのにと思う。

女性専用露天風呂は2つあり、アプローチもワクワク感がある。1つめは木々で日陰もありゆっくり入れる雰囲気も良い岩風呂。
もう1つは更に下り、混浴にも繋がって行く岩風呂で、湯底は玉石。しかし日陰が無くゆっくり入れずであった。
温泉はいずれも透明、無味無臭。内湯は床や湯底がグリーンの石である為、湯の色がとても綺麗だった。
洗面台には化粧水などのアメニティも一式全て揃えられていて、快適だ。

川は温泉成分で赤茶けており、ゴウゴウと流れる水が湯量の多さを物語っている。
山から引湯している2本の源泉をブレンドし調節しているそうで、桜の湯源泉はメタケイ酸300㎎以上あるが、川の湯は少ない。もう1本ある宿下の相の湯源泉は、宿泊者専用の貸し切り風呂で使用。
茶臼岳登山口でもあり、ロープウェイ迄徒歩で20分程。登山客としての利用もできるが、どちらかと言えば本格的温泉旅館である。

アクセス例:JR那須塩原駅より路線バス那須ロープウェイ行きで大丸下車 徒歩5分程。






2019-11-24 21:10:41
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

クチコミの平均評価

3.5
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

5

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す