秘境温泉 神秘の湯

トップ > 東海 > 岐阜県 > 飛騨 > 奥飛騨温泉郷 > 新平湯温泉 > 新平湯温泉 奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋

新平湯温泉 奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋

岐阜県 高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1 マップ

分類
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
新平湯温泉 旅館藤屋 1

小さい浴槽へドバドバと注がれるぬるめの湯

公開日
2015/05/18
最終更新日
2019/09/10
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.2

  • ユーザーの評価

    (0件)
    0

    0

新平湯温泉 旅館藤屋2
※※※※このレポートは2015年5月に訪れたものです※※※※

新平湯温泉にある旅館藤屋。周辺の旅館の中でも趣のある建物だと思います。
本館は築40年の建物、食事処は築200年の歴史のある建物で、松を使った本来の飛騨の家とのこと。
現在のご主人が十何代目かの百姓だったそうで、皆この建物へ住んでいたそうです。
新平湯温泉 旅館藤屋3

レトロな看板

新平湯温泉 旅館藤屋4

ライトも素敵です


看板なども年期が入っていて素敵です。


新平湯温泉 旅館藤屋6

広い駐車場

新平湯温泉 旅館藤屋5

こちらが築200年の食事処


新平湯温泉 旅館藤屋7

暗い館内(写真は明るさ調整してあるので明るくなっています)

新平湯温泉 旅館藤屋8

立派なお雛様が飾ってありました


入口から入ると、館内は暗く誰もいないかのようにシーンとしていました。(写真は明るく調節してあるため明るいですが)

声をかけてもなかなかでてきません。
何度か声をかけているとやっと女将さんらしき方が出てきてくれました。

受付の手続きを済ませて、部屋へ案内してもらいます。
「荷物1個ぐらいもってあげようか?」と言われ 「・・・・」な私たち(^^;)
「それではこれ一つお願いしてもいいですか」とお願いしました。
きっと荷物を運ぶというサービスは基本ない旅館なのでしょうね。

 

 

 

 

1泊2食付1人13000円 幼児2000円 8畳+8畳+広縁+床の間 トイレ、洗面付


新平湯温泉 旅館藤屋11

広々としたお部屋でした


まず、宿泊する前に問い合わせで最近では恒例になってきた「赤ちゃん確認」をさせていただきました。

・赤ちゃんが泣いても大丈夫な部屋
・赤ちゃんと添い寝ができること
・赤ちゃんを寝せた後別の部屋でくつろげるようなつくり(次の間があるなど)
・赤ちゃんが入れる貸し切り風呂がある、または部屋に温泉が付いている

実際、今現在が閑散期なので今日は私たちの他に1組しかいないという事で大丈夫でしたが、違う時期だったらちょっと赤ちゃん連れには厳しいかな~というような気がします。
部屋と部屋の壁もそんなに厚くなさそうだし夜泣いた時は結構ヒヤヒヤ(^^;)  

しかしこの部屋、なんかくつろげるんですよね~。
雰囲気が落ち着くというかなんというか・・。
前日に綺麗で豪華なお宿に宿泊したのですが、そこでは泣いていた息子くんがこちらでは落ち着くのか少ししか泣きませんでした。

布団は赤ちゃん用に大人用の布団をしいてくれていたので全部で3組並んでいて広々快適でした。


新平湯温泉 旅館藤屋12

広縁のような廊下?

新平湯温泉 旅館藤屋13

洗面所


トイレはウォシュレット付だし洗面所もしっかりとあり使い勝手はよかったです。


新平湯温泉 旅館藤屋14

冷蔵庫

新平湯温泉 旅館藤屋49

テレビ

新平湯温泉 旅館藤屋48

ガス暖房(各部屋に1台あり)

新平湯温泉 旅館藤屋47

エアコン


新平湯温泉 旅館藤屋46

お茶セット

新平湯温泉 旅館藤屋45

ドライヤー

新平湯温泉 旅館藤屋44

ウォシュレット付きトイレ

新平湯温泉 旅館藤屋43

浴衣、歯ブラシセット、タオル大小


新平湯温泉 旅館藤屋42

クローゼットあり


 

 

 

 

浸かっているとモワ~~っと暖かくなってくるぬるめの湯


新平湯温泉 旅館藤屋15

男性用内湯 源泉かけ流し 大浴槽70度と35度の混合 小浴槽35度の源泉


浴室は木造で温かみがある雰囲気で、浴槽は年期が入ったものでボロっと感がいい味を醸し出していました。

大きな浴槽と小さな浴槽に分かれていてどちらへも湯口からドバドバと投入されています。
この日は私たちの他に1組のお客さんしかいないという事で、さらにその客さんは男性だったのでいつ行っても貸し切り状態!気兼ねなく好きなだけは入れお得な気分です。

大きな浴槽の湯は無色透明で特徴は少ないのですが適温でサッパリとしていました。
こちらの湯は高温(70度)の共同源泉と低温(35度)を混合した湯です。


新平湯温泉 旅館藤屋16

炭酸泉 源泉温度29.1度


さて、この小さな浴槽の写真を見て一度入ってみたい!!と思っていたのでついにご対面できて感激であります。

じっくり浸かってやるぞ!とこの1湯へ気合を入れて早速浸かってみました。


う~~~ん、ぬるい。

お、少しモワ~っとしてきたかな?ちょっと暖かくなってきたかも~?


てな感じです。  炭酸泉という事で泡付を期待しましたが残念ながら泡付はありません。

温度は投入口からの源泉温度は29.1度、湯船の湯は28.8度で私の想像としてはもう少しぬるくてもっとジワジワと暖かくなってくるイメージだったのですが意外と暖かい湯に少々拍子抜け感がありました。

気持ちよくてとっても良い湯なのですが、もう少しぬるい湯の方が適温の湯と交互に入るのが気持ちいいんですよね。なんて言ってもしかたがないのですが・・・。

しかしこのドバドバはたまらなく良い気分でした。


新平湯温泉 旅館藤屋18

大きい浴槽の湯口

新平湯温泉 旅館藤屋17

大きい浴槽の淵


新平湯温泉 旅館藤屋19

小さな浴槽の湯口

新平湯温泉 旅館藤屋20

小さな浴槽の淵 ボロッと感がいい!


新平湯温泉 旅館藤屋21

内湯からそのまま露天風呂へいけます

新平湯温泉 旅館藤屋22

男女別露天風呂


浴室は窓が全開になっていて風が通ってムワッとしてなくて快適です。

内湯から外へ出ると露天風呂があります。
内湯の小浴槽が目当てだったのでこちらは一瞬入って終了でしたが、特にそんなには特徴は感じられませんでした。
大浴槽の湯と同じだったと思います。

露天風呂の壁で使われている岩がとにかく大きくてどこから運んだんだろうなんて事を考えながら入っていました。
岩がとっても立派です。

夕食 メーンは口の中でとろける飛騨牛のステーキ


新平湯温泉 旅館藤屋23 新平湯温泉 旅館藤屋24 新平湯温泉 旅館藤屋25


食事はほとんど座った時にセットされていましたが、天ぷらは揚げたてを持ってきてくれました。

特においしかったのは飛騨牛。しかし・・・一番最初に火をつけてくれたのはいいけどタレがない!何につけて食べるのかな?醤油?塩?なんて事をやっている間に肉が冷めていく・・・。

宿の方を呼びに行くと、肉の横にない?と見に来て、あ、ごめんね~  だって。
あぁぁ・・・せっかくのお肉が~~~・・・ と冷めたお肉をタレにつけて食べました。

味はとってもとってもおいしいお肉だったのでそれだけが残念。


新平湯温泉 旅館藤屋33

夕食 全体図


あと美味しかったのは鍋です。白菜、豆腐が入ったダシのきいたもので具材は地味でしたがダシがよく出ています。
(今調べて初めて知りましたがクマ鍋だったそうです)

全体としては味付けが濃いめでした。


新平湯温泉 旅館藤屋26 新平湯温泉 旅館藤屋27 新平湯温泉 旅館藤屋28 新平湯温泉 旅館藤屋29


新平湯温泉 旅館藤屋30 新平湯温泉 旅館藤屋31 新平湯温泉 旅館藤屋32


新平湯温泉 旅館藤屋34

食事処

新平湯温泉 旅館藤屋50

雰囲気満点の囲炉裏


食事処は築200年の歴史ある百姓屋敷で、立派な黒い柱や梁が素敵です。

 

 

 

 

朝は貸し切り露天風呂へ


新平湯温泉 旅館藤屋35

風情のある湯小屋


サッパリと外の空気に触れながら朝風呂へ入りたいと思い、朝は貸し切り露天風呂へ。
敷地内に内湯とは別で敷地内に湯小屋があるという事なので向かうと、ずいぶんと鄙びた温泉情緒あふれる湯小屋がありました。


新平湯温泉 旅館藤屋36

露天風呂

新平湯温泉 旅館藤屋37

脱衣所


貸し切り露天風呂は2つあり、どちらも似たような作りになっています。
源泉は内湯の大浴槽と同じなのでやはりサッパリです。
朝風呂にはいいですね。

朝食


新平湯温泉 旅館藤屋38

朝食全体図


朝食も夕食と同じ食事処で食べます。

朝食の時間がわからず、朝一「朝食って何時からですか?」と聞きに行くと「今から?8時にする?」と決まっていない感じ。
決まってないなら決まってないでいいけど決まっていない事を説明してよ・・・と思ってしまった。さらにフロントの奥に人がいておしゃべりが聞こえるのに何度読んでも出てきてくれなくて本当に困りました。

朝ごはんについては普通に美味しかったような気がします。


新平湯温泉 旅館藤屋39

ロビーの休憩所

新平湯温泉 旅館藤屋40

大きなスズメ鉢の巣が飾ってありました


雑念としている感じの休憩所は電気がついてなくてとても薄暗かったです。

 

《新平湯温泉 旅館藤屋のよかったところ》

まずは本館と築200年の食事処含め外観が素敵だと思います。
そして部屋が落ち着きました。
豪華でも露天風呂が付いているわけでもないのですが、掃除も行き届いていて綺麗だったし居心地がよい部屋でした。
暖房がしっかりしているあたりも居心地につながっているのではないかな。

食事は飛騨牛が口の中でとろけてとっても美味しかったです。

温泉はやはり小浴槽のドバドバが気持ちよかったです。


《新平湯温泉 旅館藤屋のよくなかったところ》

今回は突っ込みどころ満載な感じですが、、、
まずは「荷物、1個ぐらいもってあげようか?」というところに驚いてしまいました。
安いお宿では荷物を持ってくれないところはたくさんありますが、なんと言いますか・・・「言い方」に驚きました。(^^;)

で、あとは説明が非常に少ないところです。
あったのは夕食の時間とお風呂の場所のみで朝食の説明がなくてわざわざ聞きに行くという無駄な事をした上に呼んでも全然出てこない。
料理の説明も一切なく、鍋についてはクマ鍋だという事をレポートを作るために調べていて初めて知りました。

なんか閑散期でお客さんがほとんどいないからかお客扱いされてないなーと感じました。

館内の電気が真っ暗なのもやはりお客扱いされてないように思いました。
例えば利用する場所だけ(休憩所など)電気をつけてくれるなんて事があるとまた違ったとは思いますが。。

ご主人も女将さんも気さくにお話ししてくれていい方だと思うのですが、なんとなく雑に扱われた気がしてしまい残念でした。

 

 

 

 

新平湯温泉 奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    3
  • また行きたい

    3
    2
  • 部屋

    2
    4
  • 食事

    3
    3
管理人総合評価
4.0
3.2
とさせていただきました。

クチコミ(0件)

口コミはありません。

クチコミの平均評価

0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

3
3

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す