秘境温泉 神秘の湯

トップ > 九州 > 鹿児島県 > 九州本島 > 新川渓谷温泉郷 > 安楽温泉 > 安楽温泉 さかいだ温泉

安楽温泉 さかいだ温泉

鹿児島県 霧島市牧園町宿窪田4179 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 ドバドバ 加水
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
安楽温泉-さかいだ温泉イメージ

ドドドーっと豪快に投入された爽快な超新鮮湯

公開日
2019/02/10
最終更新日
2019/09/06
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4

  • ユーザーの評価

    (1件)
    3

    3

安楽温泉 さかいだ温泉1
※※※※このレポートは2005年1月に訪れた時のものです※※※※

さかいだ温泉は5軒の温泉からなる「安楽温泉」にあります。どの温泉も源泉掛け流しの良好な泉質です。1967年には国民保養温泉地にも指定されており、泉質については折り紙つきです。

中でも、ここさかいだ温泉は特に泉質が良いと言われています。

また利用料も安く、湯治向けの旅館ばかりなので、宿泊にしても、日帰りにしても安くいい温泉を利用しやすいのもポイントです。

源泉に加水をしてドバドバと掛け流しています。

安楽温泉 さかいだ温泉2


 

 

 

内湯(男湯)

浴槽は2つあります。右側は寝湯です。ドドドッーと勢いよく源泉が投入されています。20L/分以上の投入と思われます。1時間以内で浴槽のお湯は回転するように思えます。
源泉掛け流し。

安楽温泉 さかいだ温泉3


写真は内湯ですが、この他に「寝湯」、「砂寝湯」、「蒸し湯」、「水風呂」もあるそうです。(利用していません)

安楽温泉 さかいだ温泉4


驚くほどすさまじい量の投入量です。

安楽温泉 さかいだ温泉5


付着している析出物。

安楽温泉 さかいだ温泉6


カラン、シャワー、シャンプーなどアメニティは何もなかったかと思います。

安楽温泉 さかいだ温泉7


茶色く染まった床。泉質の良さがわかります。

湯は薄い金気臭がし、炭酸味がしました。

安楽温泉 さかいだ温泉9


こちらは階段を下りた所にある浴室です。時間帯により男女が入れ替わるようです。

妙見温泉から近く、セットで訪問したい温泉です。

ただし、見てのとおり、道路と建物のスペースなどがなく、駐車をしにくいというのが、難点であり、ついつい素通りしてしまいそうになります。ご注意ください。

 

 

安楽温泉 さかいだ温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    3
  • また行きたい

    3
    4
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
4
とさせていただきました。

クチコミ(1件)

地元客で込み合っている温泉

3
3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2019年11月頃に訪問

2019.11月、日帰り入浴。安楽温泉郷は湯治宿が、天降川に沿う霧島温泉と鹿児島空港を結ぶ幹線道路沿いの、非常に通行量が多い道路脇に軒を連ねている。さかいだ温泉はその中の1軒であるが、やたらとここだけが賑わっている様に思う。
コンクリート建物の1階部分に3台程と、横の空き地に数台の駐車場を、取り合うように次から次へと車が停まる。
中に入り300円の日帰り入浴料を払い、浴場へ。狭いと言うか、この客数には狭い更衣室で、籠はほとんど使われ、ちょっとでも着替え易い様に、椅子の上や床の上にも籠が散乱する。
地元の馴染み客が殆んどなので、新顔には声はかけて来ないが、少し興味を持ち乍らもいぶかしそうな顔をされている。
東北の、のんびりほのぼのとした雰囲気とは違い、九州はどちらかと言うと関西っぽい。明るく、豪快であるのかも知れないが。

で、浴室に入った途端、また更衣室と同様の視線を向けられる。だが、声をかけて来てくれる訳では無いので、私も黙って入浴する。お馴染みさん同士は、湯船の淵に腰を掛け井戸端会議に花が咲いている。
浴室もまた狭く、狭いと言うか色んな湯船が幾つもあり、洗い場のスペースと合わせると殆んど余裕は無い。なので、湯船の淵と中とで話すと言う事にもなる様である。

広くは無い暗めの浴室には、多くの人と、湯船がまず2つ(熱めとぬるめ)他に砂湯と寝湯、蒸し風呂、水風呂、打たせ湯、シャワーが7,8基あり、湯気が籠る中に、温泉のドドッザーザーという音がズシンと来るような雰囲気の温泉である。
砂湯は足裏に心地良い。寝湯となっているが、深めなので座浴に良いかも知れない。
それにしてもゆったり入ると言うよりも、人の数と温泉の投入量が凄く、とても慌ただしく思う。例え湯治宿泊しても、これだけの日帰り客が訪れていれば、ゆっくり入る事は困難だろう。
泉質は、妙見~この辺一帯に多いナトリウム・炭酸泉で、ここは日本一の炭酸泉をうたっている。高温のためか全く泡付きは無い。しかし、多分効能ははっきりと表れるのだろう。そうでないとこれだけの客は寄ってこないだろうから。
湯の色も透明~薄茶濁りで、湯船や床は茶褐色に染まり、その為で浴室は全体に暗っぽい印象になっているのかも知れない。
2度目の訪問だが、一見さんにはどうもゆっくり温泉を楽しめる様な、雰囲気は無い様に感じる温泉である。日帰り入浴は朝7時~。

アクセス例:鹿児島空港より路線バスで妙見~丸尾方面 安楽バス停下車すぐ前。






2019-12-12 13:20:41
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

クチコミの平均評価

3
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

9
7

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す