秘境温泉 神秘の湯

トップ > 東北 > 秋田県 > 田沢湖・角館・大曲 > 乳頭温泉郷 > 大釜温泉 > 乳頭温泉郷 大釜温泉

乳頭温泉郷 大釜温泉

秋田県 仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 加水 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
乳頭温泉郷 大釜温泉イメージ

木造校舎を移築したレトロなお宿

公開日
2018/12/13
最終更新日
2019/09/09
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (2件)
    2.8

    2.8

※※※※このレポートは2005年10月に訪れた時のものです※※※※

★★★訪問してからレポートを書くまでかなり時間が経ってしまった為若干記憶が曖昧な部分があります。そのため簡易的なレポートとなっています★★★

大釜温泉外観。廃校になった学校の廃材使って建てられているため、何とも懐かしい印象の建物です。
乳頭温泉の中では孫六温泉に続いてレトロな鄙び宿といっていいでしょう。
乳頭温泉は混んでいる印象が強いのですが、ハイシーズンにはさすがにそうはいかないでしょうが、こちらはいつ行ってもガラリとしていて貸切でゆっくり入れます。
エントランス

エントランス

男女別脱衣所

男女別脱衣所



エントランス。入ってすぐ左手に受付があり、そこで料金を支払います。

 

 

 

 

内湯 男女各1

内湯 男女各1


内湯 源泉

内湯 源泉


内湯へは温度が98度だというのにドバドバと源泉が投入されています。

その脇から水もなかなかの勢いで注がれていますが、湯船の温度は熱いです。

男性用露天風呂

男性用露天風呂


露天風呂です。黒く塗られた柱や壁と緑、お湯の薄茶色のコントラストが美しい景色です。いずれも源泉投入量はドバドバで湯温は熱めです。


男性用露天風呂

男性用露天風呂


女性用露天風呂

女性用露天風呂


源泉

源泉


休憩場所

休憩場所


ちらは、休憩ができる場所。湯上りに待ち合わせなどができます。

 

大釜温泉はなぜかあまり印象に残っておらず詳しいところがわからなくなってしまいました。

覚えているのはドバドバな湯量と熱い湯、レトロな外観にガランとした静かな空間だったことです。

またいつか行って再確認してみたいと思っています。

 

 

 

乳頭温泉郷 大釜温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    3

    ナカナカ湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    4
  • また行きたい

    3
    3
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(2件)

露天風呂は空だった

2
2
温泉
2
温泉の雰囲気
3
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
2019年4月頃に訪問

2019、4月日帰り利用。受付に誰もおらず、呼んでから日帰り入浴を告げるが、予想通り相変わらずの不愛想さ。特に何も言われる事も無く浴室へ。
ところが、先客の方々が露天風呂に「湯が入ってない」と言っている。
2つある露天風呂は、冬季は1つが空だったりするので、その事を言っているのだろうと思い外の湯船を見てみた。何と2つとも空ではないか。長い間使われていないようで、掃除もされていない状態だった。
そんな説明も何も一言もなかったのに・・露天風呂を目当てに入る人もいるであろうし、料金は同じなのだから、一言「露天風呂はありませんがどうされますか?」と尋ねるべきではないだろうかと思った。

仕方なく熱い内湯に入る。長方形の大きな湯船であるが、源泉温度が90℃以上あるため、ここの内湯はいつも大変熱い。
先客方はシャワーホースを伸ばして加水していたが、それではぬるくならず、露天風呂にも内湯にも入れず困っておられたので、水道の蛇口をひねって、思いっきり加水したら浸かれる事をお見せする。

浴室を出てから気づいたのだが、小さな立て札があって「露天風呂閉鎖中」と書かれていたのだったが、料金を支払い入って来てから、そう書かれていてもと思った。
丁度そこに従業員の女性が通りかかったので「どうして露天風呂が使えないのですか?」と尋ねたら「雪崩が起きるから」と言われたので「え?上が山になってる?」と聞き返したら「解んないかなあ。湯の出る所が山だから」と言われた。
あぁ客が雪崩で危険な訳でなないんだ。そう言えば、大釜温泉や蟹場温泉の源泉口は山の中だと聞いた事があった。そうか、雪崩が起きる危険があって、宿の方が源泉口を見に行く事ができない。もしくはしていないという事で、露天風呂に湯を入れる事ができていないのだと理解した。
じゃあ内湯の源泉口は別の場所なのか?蟹場温泉は全ての湯船に湯が張られていたが・・等、疑問も残った。
と言うか、湯巡り手帳を購入して回る人も多く、7湯全て入り切れない方もいるのだから、選択に必要な情報は客に与えるべきであると思う。

7月現在大釜温泉休業中。配管パイプとかに故障があったのかなあ・・8月より営業再開予定。
画像4.5 数年前の湯が入っていた時の露天風呂

アクセス例:JR田沢湖駅から乳頭温泉行バスで大釜温泉下車






2019-07-11 22:41:41
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

廃校の施設が面白い。ゆっくりできる良宿

3
3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016年8月頃に訪問

乳頭温泉の中にあり、鶴の湯にも近いが空いている。
泉質が少し違い、柔らかい感じ。温泉郷に行った際はぜひ寄っておきたいところ。




2019-04-17 21:20:10
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

クチコミの平均評価

2.8
5
0
4
0
3
1
2
1
1
0

マイリスト

0

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す