秘境温泉 神秘の湯

トップ > 東北 > 秋田県 > 田沢湖・角館・大曲 > 乳頭温泉郷 > 孫六温泉 > 乳頭温泉 孫六温泉

乳頭温泉 孫六温泉

秋田県 仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
乳頭温泉 孫六温泉イメージ

これぞザ、秘湯!鄙びた湯治場の風情が人気の温泉旅館

公開日
2018/11/02
最終更新日
2019/10/02
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (1件)
    3.5

    3.5

乳頭温泉 孫六温泉 外観
※※※※このレポートは2005年10月に訪れたものです※※※※

乳頭温泉の中で、最も鄙びていて最も湯治場そのものの雰囲気があるのが孫六温泉だ。
焼杉のような黒い木で作られた建物がぐっとくる。

今となっては乳頭温泉は観光客が押し寄せる観光秘湯となってしまったが、
きっと昔はこういった雰囲気のまま湯治客がひっそりと過ごしていた宿に違いない。

レポートを書くまでに時間が経ってしまい、若干記憶が曖昧な部分もあるのでこのレポートは簡易レポートとしたいと思う。

 

 

 

駐車場

駐車場

駐車場から下ります

駐車場から下ります


孫六温泉が見えてきた

孫六温泉が見えてきた

湯治場そのものの雰囲気

湯治場そのものの雰囲気


 


観光秘湯になってしまったとはいっても、孫六温泉は乳頭温泉の中で最もすいている宿だ。

私が訪れた時は運がよかったのか、全ての浴室が貸切状態で楽しむ事ができた。

こんな案内板まで少しボロっとしておりそれがまた嬉しくなってしまう。

なんとなくホッとする、そんな空気。

 

混浴露天風呂

混浴露天風呂


立派な女性用露天風呂があった事から入らなかったが庭園風の混浴露天風呂もある。

一瞬池か露天風呂がわからなくなったぐらい、無色透明で湯気もない。

 

石の湯 混浴

石の湯 混浴


とても神秘的に感じとても気に入ったのが石の湯だ。

深い茶色をした木造の湯小屋と巨大な岩とコンクリートで作られた浴槽、静寂な空気につつまれとても気持ちが良かった。

ただ、湯の温度がかなり熱かった為、長湯ができなかったのが残念。またやはり混浴という事でなんとなく落ち着かなさがあった。

湯口には白い布がかぶせてあり湯の花をキャッチしているようだった。

湯の香りはたしか香ばしかったような気がする。

女性用露天風呂

女性用露天風呂


目の前に川が流れ、景色がいい女性用露天風呂。

こちらは温度は適温でゆったり入る事ができた。

湯の香りは金気臭だったような気がしますが定かではない。

女性用露天風呂

女性用露天風呂

源泉投入量は少なめ

源泉投入量は少なめ


 

 

 

唐子の湯

唐子の湯


男女別内湯の唐子の湯。

結局入らなかったがこちらも湯の質が良いと聞いた。

次回訪問の際には入ってみたいと思う。

乳頭温泉といえばブナ林

乳頭温泉といえばブナ林


大好きな乳頭温泉郷、次に行くのはいつになるかわからないが、死ぬまでに必ずまた行きたい温泉郷だ。

 

 

 

 

 

 

乳頭温泉 孫六温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    3
  • また行きたい

    3
    3
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(1件)

4
4
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
4
2019年4月頃に訪問

2019年4月宿泊。角館の桜を見に行くために宿をとる。この時期鶴の湯は勿論、田沢湖休暇村も満室であり、ならばと孫六にした。 乳頭温泉7湯の中では、鶴の湯の次に気に入っている温泉でもある。 桧内川提の桜は満開であったが、武家屋敷の枝垂れ桜は散りかけていた。 3日前の満開だったという晴れた日、私は烏帽子山~鳥海山の桜を見ていた。 ネームの写真は中山河川敷の桜で、鳥海山をバックに、清流に鯉のぼり、緑の土手に桜、菜の花という日本の原風景を思い起こす、今年一番印象に残った桜であった(酒田屋旅館泊)
私は冬の孫六温泉が大好きで、乳頭温泉に来た際は必ず立ち寄るが、宿泊したのは10年以上前になるかも知れない。その頃の閑寂さと比べ、桜のこの時期は孫六温泉も賑わっており、何より女将さん始め従業員さんに活気があった。御主人は変わらずお元気で受付の顔でもある。 また、驚いたのは孫六温泉にまで外人さんが泊まられており、乳頭温泉の人気は凄いものだ。ハネムーンも日本に来たとの事で屋久島から北海道まで一っ跳びされたそうだ。
話がそれてしまったので、温泉にもどそう。
一言で言うと良かった。やっぱりいい!
泊まって1人で夜の静寂の中、闇の中、浸かる露天風呂。湯音と川音だけが響き、微かな硫黄の香りと共に、大自然を感じながら、しみじみと温泉を楽しむ。
こういうことが孫六温泉ならできるのだ。いくら鶴の湯が好きだと言っても、決してこうはいかない。
孫六温泉の中でもとりわけ女性の露天風呂の湯が好きで、この湯舟には2本の源泉が投入されているが、1本の源泉のみが硫黄の香りを有している。
その源泉は女性の露天風呂でしか味わえず、残念ながら、男性(混浴)の露天風呂は2つあっても硫黄の香りはせず、おそらく2つの露天風呂は同じ源泉を使用していると思われる。
孫六の湯がことさら良いのは、3本の源泉が湯船の下の方から出ているそうで、他の乳頭温泉の宿に比べ、湯が新鮮である事が気持ち良さに繋がっている。

もう1つ、孫六に来たらどうしても入りたいのが名物の石湯。
ほの暗い浴室に、青白く光るような湯をたたえ、静かに沈黙している温泉。
私はこの湯舟が大好きだ。コンクリートをストレートに切りっ離したようなシンプルさが、素晴らしい。そして前には巨大な石が鎮座する。何だか神々しいように神秘的な温泉だ。
浸かりたい。だが熱い。特にこの日は激熱でとてもじゃないが足も浸けていられない。
しかし、石湯には水というものはない。由って夕食の時、宿の方にお願いしたら、浸かれるように源泉調整をして下さってあった。
御蔭で、7時~8時までの女性専用時間帯には、ゆっくり石湯を楽しむ事ができた。う~ん籠れるなあ。いいなあ。
湯口には湯の華を受ける袋が取り付けられており、中には黒っぽい湯華が詰まり、5キロ入りの米袋より満杯となっていた。御主人に聞くと、3日ほどであの状態になるそうだ。
恐るべし湯の華の量だ。湯の華は好みではあるが、色が黒いから、あれだけのものが漂っていたら気持ち悪いかも知れないなと思った。

もう1箇所の湯小屋、唐子の湯と名付けられた湯は、特徴が無い湯だなと思っていたら、ラジウム泉だそうであった。そうだったんだ。入るべきであったな。
ラジウム泉は、湯に香りも色も全く無いためつまらない湯に感じるが、浴後の温まりに気づいてからラジウム泉だと解るという温泉だ。
男女別にある湯船は、こちらも実にシンプルだが、造りが新しく見受けられる。
昔、玉川温泉の上がり湯として、また、皮膚が弱く玉川には入れない人が、このラジウム泉に入りに来ていたそうだ。

いずれの温泉も、自家発電の為10時で終了となるが、翌朝は明るくなってきたらいつでもどうぞの温泉である。
旅館というより山荘に近い、山の宿である。トイレもウォームレットのみで1階にしかない。
色んな不便もあるけれど、それにも増す温泉がある。温泉で直球勝負したい宿である。
ここでしか味わえない贅沢さ。それを知れば間違いなく孫六温泉のファンになる。

今年は残雪が多いそうで、4月下旬ではあるが、所々露出した山肌と黒い雪がまだ多く残っていた。降っていたみぞれは、明日は雪になるだろうとの事で、翌朝には白く薄く雪化粧し、美しく姿を整えている乳頭温泉郷があった。

送迎は大釜温泉の横、乳頭温泉のバス停前からしてくれるが、私は冬はこの細い雪道を、川と山にずっぽり積もった雪景色を見乍ら、歩いて孫六温泉に向かうのが何より好きである。

アクセス例:JR田沢湖駅より路線バス乳頭温泉行で、大釜温泉下車。右横の細い道を徒歩10分程。大釜温泉からの送迎もあり。夏季シーズンは黒湯とも、橋を渡り徒歩2分で繋がっている。






2019-05-05 00:37:00
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    4

クチコミの平均評価

3.5
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

3

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す