秘境温泉 神秘の湯

トップ > 北関東 > 栃木県 > 鬼怒川・川治・湯西川・川俣 > 奥鬼怒温泉郷 > 日光沢温泉 > 奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉

奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉

栃木県 日光市川俣874 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉イメージ

まるで自分の田舎の郷愁感。2種の異なる源泉の鄙び宿

公開日
2018/11/02
最終更新日
2019/09/09
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.3

  • ユーザーの評価

    (1件)
    4

    4

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉1
※※※※このレポートは2011年8月に訪れたものです※※※※

奥鬼怒温泉郷(八丁の湯・加仁湯・日光澤・手白沢)奥鬼怒4湯のなかのひとつです。関東最後の秘境といわれ、日光国立公園内に位置します。

私達は八丁湯へ宿泊をし、日光澤へは日帰り入浴として訪れました。

日光澤温泉のこの鄙びた感じはまるで宮崎駿の映画を思わせる世界で、大昔の学校を思わせ、ランニングシャツを着た子供達が走りまわっている姿が思い浮かびます。
一度泊まりに行ってみたい旅館です。

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉3


宿の中の鄙び具合も抜群!やさしい木の色が素敵です。

夜照らされる裸電球が見たくなりました。

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉4


布団が干してある景色が似合うな~

のほほん

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉5


 

 

 

 

上質な乳白色となめらかな透明お湯、選べない贅沢

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉6


源泉投入量はかなり少なめ

上から見た露天風呂


下の乳白色の温泉は景色も良く、淵へ座ると近くの川が見え、岩肌の見える山と美しい緑を堪能できる温泉です。


こちらの温泉は近くの加仁湯とよくにていてとても上質な青みがかった乳白色でした。

旅館の脇より階段を下りていくと上の段には透明な温泉、下へは乳白色の温泉がある。
下はどちらかというとダイナミックさがあり上は癒しがある。上の温泉は見かけのパンチがないが長く浸かっていたいお気に入りの温泉となりました。交互に入ればなお満足感は増すでしょう。

奥鬼怒温泉郷-日光澤温泉2


木漏れ日がキラキラ

木漏れ日がキラキラ

こちらの投入量は十分な量がありました

こちらの投入量は十分な量がありました


上の温泉はなめらかで少しアルカリが強いように感じました。
景色は下の温泉よりは少し落ちますが庭園の中にあるような落ち着きを感じます。

この日は木漏れ日がキラキラと光ってとても綺麗でした。

夏に訪れた時はアブがはげしくてゆっくりできなかったのでアブがいない時期がお勧めです

野菜の畑がありました

野菜の畑がありました


お宿の食事で出してもらえるのでしょうか。ちょっとした畑がありました。

自家栽培の野菜が食べれたら嬉しいですね。

のんびりお昼寝なワンコ

のんびりお昼寝なワンコ


のんびりとくつろぐ愛らしいワンコ達がいました。

 

山の中、本当の秘境にある温泉とはここ、日光澤温泉です。手つかずの大自然と上質な温泉、鄙びた宿と私にはたまらないものがあります。

今回は日帰りでこれだけ評価が高いので次回宿泊で行ったらもっと気に入るのではないかなと思っています。
こういった宣伝もなくひっそりと営業している宿はとても惹かれます。また訪れたいです。

 

 

奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    5
  • また行きたい

    3
    4
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
4.3
とさせていただきました。

クチコミ(1件)

郷愁に浸る

5
5
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
5
2019年1月頃に訪問

令和元年5月宿泊し、郷愁と落ち着きに感動。
(前回の口コミに、立ち寄り入浴の際、加仁湯の宿泊客が、入浴中に無断で物見に来たと書かせて貰ったら、早速対策を講じて下さっていたようで、露天風呂の入り口には、チェーンが張られており、これで安心。すぐ、改善して下さっていた事に感謝です)

日光澤温泉と言えば「ノスタルジックに浸れる宿」という事で、校舎を思わせる宿は「2代目が、この山の木を切って、建てた宿なんですよ。だからこの土地に合っているというか、とっても丈夫なんですよ」と4代目の女将さんが話される。
昭和40年頃に建てられた宿はそのままで、皆を優しく包むように、ここで待っているかのような風貌のある宿だ。
昔、山を守り、山で輝いていた木は、現在は質実剛健な宿となり、こうして人を守り、ずっとこの山で生き続けているのだなあと感じた。

建物だけでなく、薪ストーブ、簾がかかっている縁側、部屋は木の壁であったりと、どこもかもが郷愁と温かみがある。
それだけでなく、宿に足を踏み入れた時から一番に感じた、館内が綺麗に清掃され、すっきり清潔感があるという気持ち良さ。
これは非常に重要な事で、例えば共同トイレの立ちトイレには、新聞紙が敷かれてあり、汚れればすぐ取り換えられ、抑止力にもなっているようだ。一見見た目が悪い様に思われるかも知れないが、ところが広い木造のトイレに、簾の間仕切りなど、空間全てが木の中にあり、広さがあるので汚らしく思わないし、第一トイレが臭くないので、こういった方法は、清潔を心掛け、少しでも快適にという配慮に思える。
勿論、部屋も布団も、カビ臭さや生活臭など一切無し。

木造の部屋に、昔ながらの傘電球1つというシンプルさが、とても気持ちを落ち着ける。
夜、2階の縁側から、満天の星を見ていた。網戸代わりの簾と2階の縁側。とても素敵なスペースだった。庭にも椅子やテーブルがあるので、夏はそっちでもゆっくり星を見られるのもいい。

温泉は、私は女性用の内湯が気に入った。内湯は宿泊しないと入れないので、是非宿泊して味わって頂きたい。湯の色は薄く紺色がかっており、後楽館の温泉を思い出した。日により色が変わるらしく、濁りが強くなって紺鼠ぽくなったりしていた。
源泉は4本あり、湯船のすぐ横から自噴しているものが3本と、山から引湯の濁り湯の露天風呂。それぞれ色や泉質が違い面白い。
いずれも高温のため加水されているが、湯面だけが熱くなったりしているので、湯もみが必要。湯もみ板とはよく考えらたものだと思う。
上下2つの露天風呂は混浴であるが、夜間に女性専用時間帯が設けられており、その際、内湯も男女入れ替えとなるので、4つの違った種類の温泉を味わえる事になる。

食事は広間で摂るが、山宿とは思えない、天ぷらや岩魚が出たりし満足のいくものだった。
この日は、老ハイカー2組の方と一緒になり、山談義・温泉談義で盛り上がった。
当然、夫婦渕からは歩いて来られたようで「こんなに気持ちのいい新緑の中、歩かないと損よ」と言われてしまった。次回は絶対歩いて来よう。川沿いの平坦な解りやすい道を、2時間程のハイキングで着くそうで、当然紅葉の頃も素晴らしいだろうな。

奥鬼怒温泉郷は、関東方面にありながら、秘境中の秘境温泉だと思う。鬼怒川温泉駅から、バスだけでも合わせて2時間、山へ入らねば行かれない。そうして着いた奥鬼怒には、素晴らしい大自然があり、新緑と紅葉の美しさには目を奪われる。
今、この大切な大自然と共にある、大切な温泉地に「地熱発電」の計画が上っているそうだ。
女将さんは言う「そんな事したら、絶対湯脈が変わって、温泉が枯渇してしまう」
「秘境なんですよここは。大秘境なんです!」と私。 「そうなんですよ。卑怯なんです!」と女将さん。 ヒキョウ繋がりで、地熱発電に反対してしまったが、やはり守って頂きたいと思う。
奥鬼怒のこの大自然の素晴らしさを感じていると、この温泉郷がもしも無くなってしまうような事があったら、もし今とは違ったものになってしまったら、こんな残念な事は無い。
大切な自然と共にある、大切な温泉郷を、このまま大切に、守り続けて行って頂きたいと切に願う。


宿の前には、看板犬の大人しく地味なサンボが寝ている。滋味な校舎のような宿によく似合う。
何故この宿は落ち着くか。そうか全てが木造りなんだ。木のぬくもりと温かみのある自然な山宿。奥鬼怒湿原に行かれる方が多いようだが、そうでなくても連泊したくなる宿だ。

アクセス例:鬼怒川温泉駅から日光市営バスで夫婦渕まで。そこから徒歩で約2時間。
(歩けない方は、八丁湯へも合わせて宿泊すると、送迎に応じて頂けるようです)






2019-06-02 00:26:59
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    3

クチコミの平均評価

4
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

1
10

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す