秘境温泉 神秘の湯

トップ > 北関東 > 群馬県 > 水上・月夜野・猿ヶ京・法師 > 猿ヶ京三国温泉郷 > 川古温泉 > 川古温泉 浜屋旅館

川古温泉 浜屋旅館

群馬県 利根郡みなかみ町相俣2577 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 ドバドバ 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
川古温泉 浜屋旅館イメージ

湧出量毎分700L!豊富で豊かな源泉を大自然の中でゆったり堪能

公開日
2019/01/12
最終更新日
2019/09/08
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (1件)
    4

    4

川古温泉 浜屋旅館1
※※※※このレポートは2005年2月に訪れた時のものです※※※※

もともと、川原に湧いていた温泉を利用したお風呂があった川古温泉 浜屋旅館。

昭和62年に新たにボーリングをして、現在の豊富な源泉を掘り当てたそうです。その湧出量は700L/分以上あるそうで、とても1件の旅館で使い切れる量ではありませんね。

以前は足元湧出であったこだわりからか、源泉の投入も浴槽内にそのまま入れるというこだわり様。

私たちは、新鮮ドバドバの温泉を求めて訪問しました。

その時は雪がピークの2月であったため、あたり一面雪景色です。

そして、ここはぬる湯。。。大丈夫か?と思いましたが、全然平気でした。

斜面との間の幅が狭く、細長い建物になっています。それが逆にどこからでも景色が楽しめるようになっていて、良さそうです。

川古温泉 浜屋旅館2


フロント横にあるロビー。開口部が大きくとられてているため、迫力の景色が楽しめます。

川古温泉 浜屋旅館3


浴室の入り口

川古温泉 浜屋旅館4


脱衣所


温泉利用実態表 湯口の源泉温度39度、加温、加水なしの源泉掛け流し。もちろん、塩素投入もないと思います。

 

 

 

浴室(男性) 内湯1

川古温泉 浜屋旅館6


砂利が敷いてある浴槽。3人くらいでいっぱいになりそうです。源泉を加熱せず投入しているので温度はぬるめの40度くらいでした。源泉の投入口は浴槽内にあって、新鮮さを感じられます。浸かっていると細かい泡が付き、心地よくのんびり入ることができます。

川古温泉 浜屋旅館7


源泉投入量は多くないですね。10L/分なさそうです。

川古温泉 浜屋旅館8


砂利のせいか、透明度が高いように感じました。

浴槽の縁からオーバーフローしています。

浴槽の縁からオーバーフローしています。


川古温泉 浜屋旅館10


カランは2つ設置してあります。最低限の必要なものは揃っています。

川古温泉 浜屋旅館11


混浴内湯 源泉掛け流し  こちらも足元には砂利が敷いてありました。

露天風呂(混浴)1

露天風呂は混浴です。透明なお湯なので心配になりますが、バスタオル巻や湯着の着用も可なので、入れないこともないかなという感じです。この時はほとんど人がいなかったので、心置きなくぬる湯を堪能できました。

川古温泉 浜屋旅館12


源泉掛け流し。入り口は男女別です。

川古温泉 浜屋旅館13


この時は雪景色でしたが、違う時期も景色が良さそうです。

川古温泉 浜屋旅館14


写真右奥の湯口から源泉がドバドバと投入されています。


源泉は30L/分くらいでしょうか。

川古温泉 浜屋旅館16


先ほどとは別の源泉投入口です。カルシウム分が付着しています。

川古温泉 浜屋旅館17


ドバドバと源泉がこちらからも投入され、20-30L/分くらいの投入量はありそうです。

ここは、無色透明ですがほんのり香りがあって、ぬるめで泡付きがあるのがとてもよかったです。寒い時期は最高でしたね。
内湯はちょっと狭くて、景色もあまり見えないので、やはり露天がおすすめです。


 

 

 

川古温泉 浜屋旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    3
  • また行きたい

    3
    3
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(1件)

水上温泉郷のぬるゆ宿

5
5
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2019年6月頃に訪問

川古温泉 浜屋旅館

2019年6月にまっとうな温泉本の入浴手形を使って訪問した。
梅雨時の、雨降り木曜日のお昼前だった。
タダ券入浴者にも、女将さんがとてもにこやかに応対してくれた。

風呂は男1、女2、混浴2の5つあることを確認した。
男風呂は内湯で、女湯が内湯と露天、混浴も内湯と露天。
混浴の内湯・女湯露天・混浴の露天の順で
浴感がGOODであった。
女湯露天には、
混浴露天にいた白ひげはやした爺さんに連れられて入った。
当然、誰も入っていないことを確認してのことだ。
女湯露天は、広い混浴露天と比較すると、
はるかにこじんまりとした露天なのだが、
ぬるさ・トロミ・湯の香・湯の色といった要素が秀悦で、
なかなかお湯から上がるのがもったいないくらいの露天であった。

混浴内湯は、文句なしにすばらしい。
浴槽床から一定の周期でブクブクと湧き出す泡を身体にあてていると、
38℃の湯温も相まって、1時間ほど意識が飛んでしまった。
男湯内湯には、盛大な音を立てて、
喉に絡まる分泌液を吐き出す60代半ばの御人が
ずーっとおいでになられたので、ほとんど入っていない。
あれって、浴室を独占するためのワザだったのかな。







2019-12-04 12:37:31
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    3

クチコミの平均評価

4
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

3
4

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す