秘境温泉 神秘の湯

トップ > 甲信越 > 長野県 > 北信 > 熊の湯温泉 > 熊の湯温泉 熊の湯温泉ホテル

熊の湯温泉 熊の湯温泉ホテル

長野県 長野県下高井郡山ノ内町平隠7148 マップ

分類
  • 掛流 自家源泉 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
情報の誤り・状況を報告
熊の湯温泉 熊の湯温泉ホテルイメージ

美しい緑色と変化する色で全国屈指の珍品温泉のホテル

公開日
2018/10/31
最終更新日
2019/09/10
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.3

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.7

    3.7

熊の湯温泉-熊の湯温泉ホテル外観
※※※※このレポートは2004年6月に訪れたものです※※※※

熊の湯温泉は、昔小熊が傷をいやしているところ発見した為、熊の湯温泉と名づけられました。
ホテルの裏には日本最大のスキー場があり、ホテルを出て1分という、スキーヤー&ボーダーには好条件の場所です。

熊の湯ホテルは大正年間創業と歴史ある温泉で、湯小屋などは昔の湯治場を思わせる雰囲気です。

今回私達は自遊人パスポートを使用し無料で入らせていただきました。無料だというのにホテルの方もとても感じが良く快く楽しみました。ありがとうございました。
平成大噴泉  熊の湯地区旅館温泉組合

平成大噴泉  熊の湯地区旅館温泉組合

パイプには白い析出物がびっしり

湯けむりもくもく

湯けむりもくもく


元々熊の湯温泉と呼ばれるところは熊の湯ホテルのみでその周辺の温泉は硯川温泉とよばれていました。平成3年頃、平成大噴泉が掘削され、それからはこの一帯の温泉をほたる温泉と改称しました。

外観

外観

フロント

フロント


熊の湯ホテルはまさにホテルらしい建物でロビーがありフロントがありカフェがあり、といった感じです。写真は自遊人パスポートを出しているところです。嫌な顔をする宿もある中、熊の湯ホテルの方は快く入れてくださいました。


 

 

 

 

透明の緑色から乳緑色へ変わる珍品温泉

男女別内湯

男女別内湯


湯小屋は近代的なホテルとは対照的で重みのある色をした木造が歴史を感じさせます。
季節や気温などによって色が変わるらしく透明の緑から乳緑色まで変化すると言われています。硫化水素泉なので古い角質を落とす効果があり、アトピーに良く効きます。
私は内湯より露天風呂派でしたがこんなに雰囲気がある内湯だったら露天風呂がなくてもいいと思っていまうほどこの内湯が気に入りました。ボードの時は必ず訪れると思います。

男性用露天風呂

男性用露天風呂

女性用露天風呂

女性用露天風呂


プール

プール

男性用露天風呂、女性用露天風呂共にぬるめになっています。女性用の方は樽風呂でちょっと座りづらいのと囲われていて景色がよくないのでい心地はあまり良くありませんでした。
左の写真は女性用露天風呂前にあるプールです。夏はプールへ入る事もできるようです。


ホテルの廊下

ホテルの廊下

バー

バー


宿の廊下は少し凝った造りになっていました。ロビーなどは和風、廊下はチャイナ風?
バーなどもあり、落ち着いて飲めそうな綺麗なバーでした。

 

 

 

熊の湯温泉 熊の湯温泉ホテルの評価はこちら!

  • 温泉

    3
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    44
    4
  • また行きたい

    3
    4
  • 部屋

    2
    0
  • 食事

    3
    0
管理人総合評価
4.0
4.3
とさせていただきました。

クチコミ(4件)

グリーンの温泉がとても綺麗でした。

5
5
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016年--月頃に訪問

私の大好きな温泉の一つです。
何度か長野県に訪問した際に電話しましたが、学生がいる等の理由で日帰り入浴ができず・・・やっと初訪問です。
グリーン色の温泉がとても綺麗で、終始貸切状態でした。露天風呂も天気が良く最高でした。
また訪問したいですが、日帰り料金が高めですので予算の関係で滅多に行けません( ;∀;)


その日は「加賀井温泉 一陽館」さんからのはしご温泉でしたが手足の指先が一週間ほど真っ黒になってしまいました。鉄分?が硫黄に反応?よくわかりませんが、はしご温泉にはご注意です。
どちらもとても良い温泉なので単体で入るのが良いです(笑)




2019-11-28 05:47:32
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

硫黄が肌に刺激的過ぎるかも

3
3
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
2019年11月頃に訪問

2019.11月、日帰り利用。やはりグリーンの色に惹かれる。それと前回入浴後、かなり肌が痒くなり堪らなかったが、それは体調のせいであったのかどうかも確かめたくてやって来た。
日帰り入浴時間は12時~15時半まで。料金はタオル付きで1200円とお高い。
浴室へ行くまでの通路のタイルが朱くピカピカで、ホテルに来ているなあと言う感じがする。
人も少なく、前回もそうだったがまたしても貸し切り入浴だった。

広い、本格的木造建築のどっしりとした浴室。天井も高い。その渋い茶色に包まれて、グリーンの湯は目を惹かれる。湯船も勿論木造だ。
湯の緑色は日によったり天候によったりで、若干は変化するようだ。国見温泉までの明るいグリーンではないが、濁りが無いので綺麗ではある。今日は僅かに黄茶色が入っているような感じがした。
長野では3軒だろうか?グリーンの温泉は。不思議な魔法が掛けられた湯の1つなのかな。

さあ浸かってみる。投入量は絞っているが内湯は適温で、木の湯筒の投入口は硫黄成分で白くなり、湯底にも白くパウダー状の湯華が貯まっている。
ヌルヌルは無く、さほどメタケイ酸が多い湯ではない。色で楽しむ湯だ。
硫化水素イオンがかなり多いのに、何故か硫黄の香りや玉子味が無く、ph7.5であり勿論酸っぱくは無いのだが、酸性の湯の様な感じを受ける。
泉質表示は含硫黄が一番先に来ており、それだけかなり硫黄が多いと言う事で、刺激的な湯になっているようだ。(何故硫黄の香りや味が感じられないのかは私には解らない領域だ)

さて前回気になっていた痒み。だが今回、浸かっていても痒くなって来なかったので、やはりあの時は体調不良もあったのだろうと思い、露天風呂へ向かおうとした。
ここで、何だかピリッとしたものを感じる。ん?と思い乍ら露天風呂へ。
露天風呂は男女で日替わりとなっており、前回は木風呂だったが今回は広めの岩風呂。
小さな滝も造られている庭園風露天風呂だった。
しかしぬるい。それよりも、木の粒や小さな虫の死骸等が湯船の淵を取り囲んでおり、投入量が少ないのでなかなか流れて行ってくれないのが、気になった。
だが浸かっていても痒みは感じない。で、上がって移動する時になるとまた何だかピリピリとしてくる。
ふぅ~む・・空気に触れると何かと何かが反応して痒いのか?

前回の様に堪らなく痒くなって来たら困るので、せっせと身体を洗い、シャワーで入念に流した。
これでほぼほぼ治まった感じだったが、温泉に入って流して出るという事は無い事だった。
やはり硫黄がかなり強烈なのだろう。肌が敏感な方にはちょっときつ過ぎるかも。

アクセス例:長野電鉄湯田中駅より路線バス熊の湯・ほたる温泉行きで熊の湯下車。






2019-11-27 12:27:38
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    2

2017/5/06レンタカーでの訪問です。

4
4
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2017年5月頃に訪問

志賀⾼原での春スキーの際に⽇帰り⼊浴で訪問しました。
内湯は新鮮なお湯が注ぎ込まれており、⽊造の浴室の雰囲気も良く12時30分の⽇帰り⼊浴受付直後は多少混雑していました。
男性露天⾵呂は内湯のお湯が流れてくるのみと⾒受けられましたので鮮度は落ちるのかもしれませんが、空いているのとぬるめの温度のおかげで⻑湯を楽しめました。
脱⾐所にはコインロッカーがありませんので、貴重品はフロントにあるコインロッカーを利⽤となります。100円が必要(戻ってこない)のとリストバンド式で無い鍵でしたので、⼊浴中のカギの保管に困りました。




2019-07-15 17:25:02
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

此処の露天風呂が良かった

3
3
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
2
2016年10月頃に訪問

近くに温泉もあるのに何で此処だけが緑色の湯なのか? 不思議ですね
天気が良かったせいか、きれいな緑色のお湯に浸かれて気持ちが良かったです。
一寸熱めでしたが露天で半身浴なら丁度良い湯加減でした。




2019-05-19 15:00:24
に投稿
  • 参考になった
    参考になった
    1

クチコミの平均評価

3.7
5
1
4
1
3
2
2
0
1
0

マイリスト

9

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す