秘境温泉 神秘の湯

秘境温泉 神秘の湯

トップ 桜hanako クチコミ投稿

桜hanako

sakura-hanako
温泉達人
温泉達人
女性
60代
大阪府

行きたい温泉

24

行った温泉

308

投稿数

122
1位

評価数

328
1位
sakura-hanako

クチコミ投稿

122件中 31~40 件を表示/4ページ目
並び替え
妙見温泉 田島本館 (鹿児島県)

シュワシュワした内湯の炭酸泉が絶妙な湯治宿

4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
3
サービス
4
部屋
4
食事
4

2019.11月宿泊。古くからの湯治宿であるが、アメニティ一式揃っており、部屋にはコタツ・テレビ・エアコン・冷蔵庫も完備。トイレは共同だがリフォームされておりウォシュレット。羽毛布団にカバー類一式クリーニングされており、すこぶる快適な宿である。

温泉は、女性の露天風呂はバラック小屋と言った感じで、眺めも無く天井も開放されておらずつまらなかった。
湯はどうも内湯の方が良いらしく、地元客は皆内湯を好んで入っているようだ。
確かに浸かっているとシュワシュワした感じがし、頭を湯舟の淵にもたげ、身体を浮かすと浮き上がる。高温のため泡付きは無いが、炭酸泉の気持ち良さが味わえる湯だ。
湯の色は薄濁りの様にも見えるが、もしかしたらドバドバと投入される源泉からの、微細な気泡かも知れない。
浴室全体は、温泉成分で茶色に染まり、実に暗いが、日帰り客が帰った後は、じっくり籠れる浴室でもある。炭酸泉はさっぱりとし汗が出ないが、後でポカポカとしているのが良い。

食堂は、昼間は日帰り客のために営業しており、11月上旬でも温暖な鹿児島では開放されているため、ハエが入って来ていた。このハエが食事時飛び回り、食器や食事に止まったりするのが凄く不快であり、ゆっくり食事を摂れず、従業員の方に言ったが知らん顔であった。
この点だけがマイナスであったが、温泉・部屋・料理共に良く、これで1人泊2食付き税込み7800円という、良心的リーズナブル価格。
日帰り入浴は8時~20時半迄。ドライヤーあり。
宿には人懐こい、ツバメとスズメと名付けられた三毛の看板猫がいる。
美しい天降川沿いに温泉宿が立ち並び、それらの宿から排水された温泉が、崖を多量に流れ落ち川に注いでいる様を、赤い妙見橋からいつも眺めてしまう。この辺一帯は、勿体無い程の湯量を誇っている。

アクセス例:鹿児島空港より路線バスで妙見温泉方面 妙見温泉バス停下車し、橋を渡り左手。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/12 23:45
  • 参考になった
    参考になった
    2

地元客で込み合っている温泉

3.0
温泉
4
温泉の雰囲気
3
サービス
3
部屋
0
食事
0

2019.11月、日帰り入浴。安楽温泉郷は湯治宿が、天降川に沿う霧島温泉と鹿児島空港を結ぶ幹線道路沿いの、非常に通行量が多い道路脇に軒を連ねている。さかいだ温泉はその中の1軒であるが、やたらとここだけが賑わっている様に思う。
コンクリート建物の1階部分に3台程と、横の空き地に数台の駐車場を、取り合うように次から次へと車が停まる。
中に入り300円の日帰り入浴料を払い、浴場へ。狭いと言うか、この客数には狭い更衣室で、籠はほとんど使われ、ちょっとでも着替え易い様に、椅子の上や床の上にも籠が散乱する。
地元の馴染み客が殆んどなので、新顔には声はかけて来ないが、少し興味を持ち乍らもいぶかしそうな顔をされている。
東北の、のんびりほのぼのとした雰囲気とは違い、九州はどちらかと言うと関西っぽい。明るく、豪快であるのかも知れないが。

で、浴室に入った途端、また更衣室と同様の視線を向けられる。だが、声をかけて来てくれる訳では無いので、私も黙って入浴する。お馴染みさん同士は、湯船の淵に腰を掛け井戸端会議に花が咲いている。
浴室もまた狭く、狭いと言うか色んな湯船が幾つもあり、洗い場のスペースと合わせると殆んど余裕は無い。なので、湯船の淵と中とで話すと言う事にもなる様である。

広くは無い暗めの浴室には、多くの人と、湯船がまず2つ(熱めとぬるめ)他に砂湯と寝湯、蒸し風呂、水風呂、打たせ湯、シャワーが7,8基あり、湯気が籠る中に、温泉のドドッザーザーという音がズシンと来るような雰囲気の温泉である。
砂湯は足裏に心地良い。寝湯となっているが、深めなので座浴に良いかも知れない。
それにしてもゆったり入ると言うよりも、人の数と温泉の投入量が凄く、とても慌ただしく思う。例え湯治宿泊しても、これだけの日帰り客が訪れていれば、ゆっくり入る事は困難だろう。
泉質は、妙見~この辺一帯に多いナトリウム・炭酸泉で、ここは日本一の炭酸泉をうたっている。高温のためか全く泡付きは無い。しかし、多分効能ははっきりと表れるのだろう。そうでないとこれだけの客は寄ってこないだろうから。
湯の色も透明~薄茶濁りで、湯船や床は茶褐色に染まり、その為で浴室は全体に暗っぽい印象になっているのかも知れない。
2度目の訪問だが、一見さんにはどうもゆっくり温泉を楽しめる様な、雰囲気は無い様に感じる温泉である。日帰り入浴は朝7時~。

アクセス例:鹿児島空港より路線バスで妙見~丸尾方面 安楽バス停下車すぐ前。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/12 13:20
  • 参考になった
    参考になった
    1

非日常的な素晴らしい温泉

5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
サービス
5
部屋
0
食事
0

2019.11月、日帰り入浴。何年にリニューアルしたのだろうか?日帰り入浴は1200円だが、宿泊客と同じお風呂に入れ、浴場内に貸し置きされたタオルやバスタオルは自由に利用でき、素敵な雰囲気の休憩スペースでは、無料で冷水は勿論コーヒーも頂けるという贅沢さ。温泉が贅沢だけでなく,ちょっとしたリッチ感が、日帰り入浴でも味わえるのだ。
受付を済ますと、石造りのオシャレで重厚な宿泊棟を横目に、天降殿と書かれた、これまたオシャレな温泉棟へ続く小道を歩いて行く。途中には足湯が天降川の渓流沿いにあり、次いで飲泉所もある。どれも雰囲気が良くワクワクする。

昔は、現在の男性用露天風呂が混浴であったが、今は男女別露天風呂となっており、女性用の露天風呂は右手、川沿いの湯小屋にある。隣にある湯小屋は貸し切り露天風呂。
天降川を臨みながら入る露天風呂は、木造の湯舟に源泉がドバドバと掛け流され、緑の木々から木漏れ日が湯船に差し込み、茶褐色透明~薄濁りの湯が輝く。とても素敵な雰囲気だ。
それだけでなく、湯温が素晴らしく適温なのだ。熱交換器を用い、源泉を41.5℃に調整しているという温泉は、本当に気持ち良い。

さて、内湯大浴場はこれまた立派である。綺麗で快適な更衣室を抜け、浴室の扉を開けると、壁面一面のレリーフにまず圧倒される。源泉投入口は魚の大口であり、顔の周りは析出物でブツブツ。ドバドバと吐き出される源泉は、湯船の淵から絶えず溢れ続けていた。
湯に動きが有り新鮮さがとても気持ち良い。当然こちらの湯船も41.5℃という絶妙調整である。
大きなガラス窓からは緑も見え、素晴らしい大浴場となっている。

日帰り入浴に於いても、何から何まで満足できる施設であった。
月曜日は大浴場の清掃日のため、12時以降の利用となる。他は11時から受付。
こういった高級宿が、日帰り入浴を提供してくれているというのは有り難い事だ。

アクセス例:鹿児島空港より路線バスで妙見温泉方面、妙見温泉バス停下車し徒歩3分程。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/11 23:44
  • 参考になった
    参考になった
    1

リニューアルされてモダンな温泉棟

3.0
温泉
3
温泉の雰囲気
3
サービス
3
部屋
0
食事
0

2019.11月、日帰り入浴。温泉棟はリニューアルされ、カフェも併設し、とてもモダンになっていた。しかし湯船は変わらずであった。以前のままの露天風呂があった。日帰り入浴で利用できるのはこの露天風呂だけである。
湯の色はミルキーブルー。源泉が高温泉で女性用の湯船では、どこから投入されているのかも良く解らなく、どうしても新鮮さに欠ける。比較的広い露天風呂でもあり、湯温にムラがあるような気もした。湯はヌルヌルしていたが、イマイチ気持ち良さに欠け、ゆっくり入る気にはならなかった。
露天風呂からは由布岳も見えず、周りは壁に囲まれている。
湯船もコンクリート造りで、中央のコンクリート台に岩が乗っている等、雰囲気も良くない。
湯の色だけが乳青色で綺麗ではあったが、できれば次は浴場もリニューアルすれば、もっと斬新になるのではないだろうか等と、気安く思う。
しかし、湯布院で青い湯を、日帰りで気軽に楽しめる温泉は、ここといちのいで会館くらいでは無いだろうか。
温泉棟に辿り着くまでには、由布岳が臨める庭があったり、源泉が噴煙を上げていたり、離れが多くあったり、なかなかの雰囲気ではあった。束の間の一時をと言う事であろうか。
日帰り入浴料金800円。ドライヤー有り。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/11 22:13
  • 参考になった
    参考になった
    2

宿泊棟と立寄り棟は完全別棟

3.0
温泉
4
温泉の雰囲気
3
サービス
3
部屋
0
食事
0

2019.11月、日帰り入浴。町外れの狭い坂道の途中にあり、駐車場から温泉まで、坂道をずっと上がらなければならないのかと思っていたら、立寄り棟と宿泊棟は完全に離れており、駐車場も別であった。
門構えからして別であり、立寄り棟には男女別内湯が1つと、貸し切り風呂がいくつか並んでおり、露天風呂というのは無い。
誰も居なかったので、内湯(700円)を貸し切り利用でき、メチャお得感があった。湯布院はカップルが多いのかなあ~。

戸建ての浴場は、明るく小奇麗な浴室に、4人程入れる程度のこじんまりとした湯船。
洗い場や壁に貼られた石のタイルがモダンな印象で、硬質感のあるクリアな湯の色とマッチして感じが良い。

覚悟して行ったがその通り、湯は青くは無かった。透明で、淡いアクアブルーになりかけて行く様な、青を1滴落としたかの様な、薄墨の青色。
まあ、それだけ温泉の鮮度が高いと言う事で。宿泊すると青い湯に入れるようだが・・。
投入される源泉は高温のため少量ずつだが、湯口が白い析出物で波状となり、美しい。
ph9.0の湯はヌルヌルで、メタケイ酸が何と何と500mb越えと言う超美肌の湯であった。それだけでも入る価値あるかも。
ドライヤー有り。

貸切風呂棟の周りには猫がいるいる、全部で7匹も。日当たりの良い場所でくつろいでいた。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/11 21:27
  • 参考になった
    参考になった
    1

とろりとした極上源泉

4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
サービス
5
部屋
0
食事
0

2019.11月訪問。九州在住中に行き逃し、やっと念願かなって行けた温泉だった。
向かう途中、山からはモクモクと噴気が上り、壮大な風景の中にある。 この伽藍岳から湧出する源泉は、別府八湯の元になる源泉だそうだ。
成程、溶存物質9000㎎を超える成分の中には、しっかりアルミニウムが入っている。これが含まれている温泉は、非常に痛みに良く効き、蔵王や玉川や微温湯二階堂等の様に、霊泉と呼ばれ効能豊かな希少な源泉であり、塚原温泉は更に鉄分がかなり多く含まれている。

透明な湯は、濃厚成分で比重が高いためか、温泉がトロリとしている。投入口は当然析出物で囲われ、湯底は硫黄成分で緑色を呈していた。
湯小屋が分かれ、内湯と露天風呂は離れた場所に在る。 露天風呂といっても小さく、5人程で一杯になる様な岩風呂だった。源泉かけ流しの湯は、気候により変動が大きく、11月ではぬるめだった。故に、この極上の湯にもっとじっくり入っておくべきだったと後悔。
内湯は木造で、当然露天風呂より湯が熱めの為か、女性はこちらの方が人気であった。
山の麓、地獄近くにある温泉で、もっとスケールの大きい湯船を想像していたが、驚く程にこじんまりとした湯船であったけれど。
露天風呂だけだと600円。内湯と両方入ると800円。別に貸し切り風呂もある。9時~17時迄冬季も営業。

アクセス例:公共機関無し。湯布院駅より要タクシー利用。

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/11 19:23
  • 参考になった
    参考になった
    2

赤湯再生。何といっても抜群の海鮮料理!

5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
サービス
5
部屋
5
食事
5

2019.11月宿泊。赤湯が再生したと聞き、これは行かなくてはと数年ぶりに天草へ。湯楽亭には、秘湯を守る会のスタンプサービス泊を入れ4回目になると思う。
予約受付では以前までとは変わって、明るくとっても愛想の良い声が。現在は弟嫁さんがフロントに立ち、電話応対から送迎等の接客を、前面で笑顔サポートされている事が解った。一生懸命さも伝わり、感じの良い宿となった。

一時はメインの赤湯が止まってしまい、復活は無いものかと心配されていたが、本当に良かった。全国のナトリウム・カルシウム・炭酸水素泉の上位に上がるであろう成分10000mg越えの濃厚泉は、析出物があちらこちらで波状を呈し痛い。ちょっと気を付けて歩いたり、湯船に浸かって行ったりしなければならない。
ボコボコと凄い音と共に湧き上がっている源泉は、自然湧出に寄るものだそうである。
成分で珍しいのが、トップに含二酸化炭素と上がっている事だ。そのためなのだろうか?香りが何だか臭いと言うか変な匂いがし、決して良い香りとは言えなかった。

家族手掘りの洞窟露天風呂は、以前は男女繋がっていたが、今は奥へと進んで行っても塀で仕切られているので、一緒になる事は無い。結構距離があるので、ちょっとした探検気分が味わえる。朝には一面油膜で覆われていた。
個人的には、外に設けられた湯小屋の中にある寝湯が、最高に気持ち良かったかな。

そして以前は加温していた白湯。お客さんからの要望もあり、今は冷泉のまま(僅かに加温)赤湯との交互浴を楽しんで頂こうという趣旨に変わったらしい。いい事を言ってくれるお客さんがいたものだ。
さっそくその交互浴を楽しんでみる。いいんだけど・・ 白湯の湯舟と赤湯の湯舟の位置が以前のまま離れているので、浴室の中を行ったり来たりと歩き回らないと行けない。この間が寒く、交互浴の気持ち良さが萎えるのだ。
交互浴の場合、冷泉と高温泉が隣り合う、もしくは最低1~2歩で浸かれる、と言った状況での湯船の設置が望ましいんだけどなあ~惜しい。

今回宿泊した部屋は、広縁があり大きなリラックスチェアが配置されていたのが良かった。
湯楽亭は海には近いが、宿自体は眺めが無い所に建ち、庭に面し部屋があるのだが・・
前回泊より数年が経ち、庭に植えられていた庭とも言えなかった様な、短いヒョロヒョロとしていた樹が成長し、庭を形造って来ていたのが微笑ましかった。もっと何年かすればもっと雰囲気の良い庭となるだろう。

そしてこの宿のメインイベントの食事。価格を抑えた方で頼んでおり、以前とは当然量が堕ちるだろうなと懸念していたが、そんな心配は不要だった。
活け海老等の新鮮なお造りから始まり、身がギッシリ詰まった巨大ワタリガニ半身、鯛の塩焼き丸1匹、牡蠣の土手焼き、夫が美味しいと言ったコノシロのおから等々・・今回ももう食べられないという程満腹、感服させて頂く。何といっても新鮮さが違う。天草の綺麗な海で採れたばかりの魚だから。これで料理アップするとどんな事になるんだろうか。
宿泊価格も抑えられており、税込みでも15000円を切っていた事に驚いた。
日帰り入浴も行っており、10時~15時と18時半~20時迄の利用。

アクセス例:JR熊本駅、もしくは三角駅から路線バス天草行で、さんぱ-る下車。送迎あり

訪問日
2019年11月
投稿
19/12/11 14:42
  • 参考になった
    参考になった
    1

鳴子温泉で宿泊したい宿

4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
サービス
4
部屋
4
食事
4

2019.2月宿泊。到着すると、まず女将さんがお抹茶と干菓子で迎えて下さる。お茶室を持たれ、先生をされているとの事。
急がされ予約したのが、車で数分の所にある露天風呂で、30分単位の貸し切り利用となっており車で送迎してくれるが、何せ人気だし30分だし、宿の方も忙しい。
ちょっと期待し過ぎていたのかも・・比べたら悪いけどどちらかと言うと、ゆさや旅館の貸し切り露天風呂の方が、好きだったな。私を待っていてくれた感が湯舟から漂って来る様な感じがして・・というのは多分接客の違いから来る、「さあ、どうぞ」お待ちしていました。という心が温泉に伝わっていたのかなと思う。
大沼は忙し過ぎて、流れ作業で温泉へ案内されたからかも知れない。

数多い湯船の中でも、宿泊者専用貸し切り風呂の、陽の湯と陰の湯が良かった。特に陰の湯の方が私は好みで、丸く型どられた三日月が湯舟にも映り、揺らいで幻想的な素敵な湯船になっていた。
陽の湯の方は、備長炭が使われていて落ち着くが、入ると正面に太い配管が見えるのが残念。その部分のガラスをブロックガラスにすれば、雰囲気はぐっとモダンになるのにと思った。
混浴の大浴場は宿泊すると女性専用時間帯が設けられている。このメインの湯船だけが大きく、女性の湯舟は狭く閉塞感が有りイマイチ。どちらの浴室も壁のタイルに描かれた天女の絵が特徴的である。
源泉は宿の下で、鳴子の共同源泉と合わせて使用。メタケイ酸が273.2mgとかなり多い美肌の湯だ。茶色に苦緑を合わせたような透明の湯は、硫酸塩泉の良い香りが漂う。

他にも岩盤浴のふかし湯と言うのがあり、アロマテラピーな部屋にぬるめの床暖なので、湯疲れした身体を横たえ、気持ちも休めるのにピッタリ。
貸切露天風呂だった庭にある湯船は、今は足湯としているそうだ。
貸し切り風呂が多く、1泊ではなかなかゆっくり入れない位であった。
鳴子温泉郷は湯治宿かホテルがほとんどで、旅館としては、ゆさや旅館とこの大沼旅館がお勧めになる。

アクセス例:JR鳴子御殿湯駅から徒歩5分程

訪問日
2019年2月
投稿
19/12/07 16:17
  • 参考になった
    参考になった
    1

親切な接客とミルキーグリーンの濃厚温泉

4.8
温泉
5
温泉の雰囲気
5
サービス
5
部屋
4
食事
5

2019.9月宿泊。「湯治のお客さん優先ですので、間近になってから聞いてきて下さい」と何度か断られていた。
5年前日帰り入浴で訪れた時から、女性らしい宿だなと感じていた。
その日は日帰り受付時間より早く着いてしまったのだが「いいですよ。どうぞ」と優しく迎えてくれ、宿の方達は宿のお掃除に走り回られていた。そして帰る際には、日帰りであるにもかかわらず、女将さんとその娘さんと思われる方お二人揃って見送って下さった。
次に冬に日帰り入浴で訪れた際には、宿から上に抜ける雪の積もった細い石の階段道を何十段も、重い私のキャリーバックを持って上がって下さった。日帰りなのにここまでして下さる宿は無いだろう。

とにかく親切で接客が丁寧なのである。それはお上品な話し言葉からも接客の丁寧さが伝わってくる。お綺麗な母娘さんお二人で迎えて下さるこの温泉は、とても心が和み自分の心まで優しく穏やかになって来るような湯治宿だ。
女性にはとても安心して泊まれ、特に人気ではあるのだろうが、たぶん男性もこの温泉宿は、きっと気に入るだろうと思う。

宿泊したのはまだ暑い時期で、エアコンは無く替わりに通風扇❓と扇風機がかけられていた。濃厚な温泉に入浴後には、これらの風の心地良さと気だるさで眠くなって来る。硫黄の香りが風に乗り漂うと、寝転んでいるだけでも温泉に入っている様な満足感があった。

それ程に西多賀の硫黄泉は濃厚で、湯船では強い重油臭を伴い、硫黄臭はほとんど感じられなくなってしまっている。さすが鳴子温泉郷の湯である。
浴感はツルツル。硫黄泉であるがツルツルした浴感は隣の東多賀の湯と同じだ。
そして特徴的なミルキーグリーンの色。天候や時期によって色も濁りも若干変わる。
湯舟はおそらくコンクリートで造られたであろうが、素材が解らないくらい析出物で白くコーディネートされ、淵の内側にも波状に固着している。
ミルキーグリーンの湯に、周りの淡いピンク色のタイルと合板の壁がマッチして、愛らしい浴室になっている。
男女たった1つずつしか無い湯船だが、ここにしか無い温泉を、大切に守って来られている事が伝わって来るような温泉である。

女性が運営されているだけに館内は綺麗に清掃されており、湯治宿として必要な物は一式揃っている。素泊まりで受け付けて貰えたのだったが「気の毒なので」と急きょ朝食を用意して下さった。手作りで薄味の料理も丁寧であった。
チェックインは13時~アウト10時。日帰り入浴は16時迄。個性的な温泉は、日帰り入浴だけでも満足できるが、やはり是非宿泊し癒されたい宿である。

アクセス例:JR鳴子温泉駅より徒歩15分程。

訪問日
2019年9月
投稿
19/12/07 13:14
  • 参考になった
    参考になった
    6

岩礁の上の湯船

4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
サービス
5
部屋
3
食事
4

2019.8月宿泊。岩礁の上に湯船があるというのは、なかなか無いのでは無いだろうか。
湯船から海面まではたったの2メートル程であるが、満潮でも潮は湯船の高さまでしかこないそうだ。但し天候により露天風呂は閉鎖。
こんな所に露天風呂を造られた、初代社長は八戸の方だそうだが、温泉にロマンをかけて創って下さったんだなあと感じる。
湯船の下に源泉が湧いている訳ではないのだった。湯船までは引湯パイプが走っている事がそれを知らしめている。源泉は敷地内に2本あるそうだ。
それでもここに!という思いが実って、海絶景の露天風呂は、現在の人気を呼んでいるのだなあと勝手に思う。湯船は女性用と混浴になっており、混浴は湯浴み着着用必須である。

大曲の花火大会に合わせて泊まった不老不死温泉は、15年以上前宿泊した時に比べ幾分リニューアルされており、まず海辺の露天風呂へ行くまでの道が整備されていた。1本のコンクリート道路が海辺へ延びている。
また、新館ができ男女別内湯と日帰り入浴専用入り口があり、その通路を経て海の露天風呂へと向かう。
昔は本館からそのまま海へと、岩の合間を縫って歩いた様に思う。その為か、余り露天風呂に人は行かず、内湯に多くいた事がいぶかしかったが、今は殆んどの客があの露天風呂目当てに来ており、どちらの浴場も賑わっている。
夕陽が見えるかどうかはお楽しみ。夕食時間が17時半~19時半までなので、夕陽を待ってからでも食事は摂れる。
8月末だったがアブが1匹死んでいたので、海の上にも夏はアブが出るようであった。
夜は湯船からでも、土手の上のデッキにマットを敷いてでも、星が見られるという素敵な温泉宿でもある。

そして、海辺の露天風呂と並び良かったのが、内湯に続く高台の半露天風呂。水平線が170℃見渡せ地球の丸さを感じる。ゆったりと、海や遠く下方に見える露天風呂を見乍ら入る事ができ、ぼぅーっと過ごせとても気持ち良い。
ブシュバシュっと不規則的に源泉が噴き出し乍ら投入されていた。溶存物質28.99g/kgと言う目を疑う様な濃さで、含鉄-ナトリウム-強塩泉。メタケイ酸も200㎎有し、美肌の非常に良く温まる温泉だ。
前はこの内湯併設の露天風呂に入った記憶が無く、昔は内湯しか無かった様に思うのだが?定かではない。とにかくこの露天風呂はお勧めだが、宿泊しないと入られない。

1人泊は洋室・セミダブルベットのシングルルームとなり、和室は2名以上の宿泊で可能。
部屋からは海や露天風呂が遠く見え、ここまでは良かったのだが、1つだけ不満が。
ベットカバーに血液汚染が薄く幅広く見られたのだ。カバーの色と柄に隠れてパッと見た目は私も気付かなかった。伝えて交換しては貰ったが、プロなら気づいて新しい物と交換して於いて欲しかった。これが血液汚染でないのなら我慢したかも知れないが、血液では気持ち悪い。田舎の方ではのんびりとし、そこまでのサービスも期待できないのは解っているが・・店長にも直接伝えたらブスッとしていた。替わりに帰りに女性の方が謝ってくれていたけれど。
これさえなかったら、温泉・料理・部屋が揃ったとてもリーズナブルな宿であった。次回はこういう事は無い様にしてくれていると思うので、また行きたい温泉宿ではある。

アクセス例:JRウエスパ椿山駅より送迎あり。

訪問日
2019年8月
投稿
19/12/06 17:07
  • 参考になった
    参考になった
    3