秘境温泉 神秘の湯

トップ がっちゃんクチコミ投稿

がっちゃん

温泉マニア
男性
30代

クチコミ投稿

57件中 1~10件を表示/1ページ目
並び替え

魚の口からヌルヌルドバドバ

はやぶさ温泉(山梨県)
3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
4
部屋
0
食事
0

魚?のオブジェの口からヌルヌルのアルカリ硫黄泉がこれでもかっと放水車のように大放出です。
肩に当てると気持ち良いですが、あまり長居すると他のお客さんに悪いのでほどほどに。
味は関東近郊でお馴染みのホンノリ硫黄泉で美味しい。何だかんだで一番落ち着くんですよね。
ラッキーだったのか、写真が撮れるくらい空いてました。
しかし露天風呂は温いですね。
近くに武田信玄の寺や、ワイナリーがあるのでそちらもオススメです。

訪問
2017/03
投稿
2017/03/10
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい4

あわあわ

白骨温泉 泡の湯(長野県)
2.0
2.0
温泉
2
温泉の雰囲気
2
また行きたい
2
部屋
0
食事
0

正月は本館はお休みで外湯館のみの営業でした。

乳頭温泉や万座クラスを想像していきましたが、当該日帰り湯は期待はずれでした。
かなり温くて湯量も少なく狭いのは仕方ないですが、冷えた身体を温めるための内湯は循環なので、ほぼただのお湯です。。
露天の浴槽にも苔が生えてました。

主人は無愛想でスマホいじり。
これが天下の泡の湯の実力だとは全く思いませんが、だからこそ外湯館も手を抜かないで欲しかったです。少なくともこの日帰り湯のためだけに訪問する価値は無いと思います。
機会があれば今度こそ本館に入ってみたいものです。

訪問
2017/02
投稿
2017/02/12
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい9

国見温泉の兄弟のような

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0

評判通り、緑色の個性的な温泉でした!
香ばしい硫黄の匂い、仄かな苦味、優しい肌触り。露天は温めで、内湯はやや温かく、長湯出来てしまいました。
ホテルにはあまり良質な温泉のイメージはありませんが(一部除く)、ここは内湯が広々とした木造で風情が優れており、露天風呂もあります。
欲を言えば、露天が壁で囲まれており、せっかくの紅葉が見えないのは勿体ない。アメニティもホテルのわりに若干ショボいのかな。

完全にバブリーな スキー場ホテルなので、やや時代遅れな館内と良質な温泉のギャップに、逆に魅了されました。
宿泊の食事などは不明ですが、温泉好きなら是非ご訪問をオススメ致します。

訪問
2017/01
投稿
2017/01/14
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい8

奥飛騨で極上日帰り入浴

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0

スーパー銭湯的な温泉施設の清潔さ・快適さ・アメニティと、本物の温泉の泉質・湯量を併せ持つ素晴らしい日帰り施設でした!
湯の花が舞う白濁硫黄泉の内湯と、無色透明のホンノリ硫黄が香る露天ご呂の二種類の源泉を味わえます!私が行ったときは夕方~夜でしたが、内湯がさほど青白く見えなかったです。時間によるのかな。
露天風呂には竹製冷却簾?のようなものがあり、奥飛騨の雪山を眺めながら最高の風情を楽しめました。源泉は高熱なのでご注意を。
飲湯もほんのり硫黄の香りがする美味しい湯です。
これで800円とは。宿泊せずとも、ここだけを目的に訪れる価値があるのではないでしょうか。

訪問
2017/01
投稿
2017/01/09
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい10

昔ながらの白濁硫黄泉

万座温泉 豊国館(群馬県)
4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0

噂に名高い豊国館には、いつか行きたいな~と思っており、念願叶い行って参りました。

雪のように真っ白な白濁硫黄泉、塚原のような酸っぱい酸性味、お約束の渋い木造浴槽、そしてプールのような深さの露天風呂、白濁硫黄好きには文句のつけようが無いのでは。

建物はスキー客向けの安宿なカンジもしますが、飾らない鄙びた雰囲気は個人的に好物です。もちろん宿のオヤジさんも飾らない媚びないお約束の温泉主人です。

同じく温泉好きの父も大感動し、職場の友人にも是非 紹介したいと言っておりました。
割と年配の温泉好きは、やっぱり古き良き白濁硫黄泉が好きなんだな~と思いました。

文句無しのTHE濃厚白濁酸性硫黄泉でした。

余談ですが、万座に行くための有料道路 片道1000円ってボッタくりですよね。

訪問
2016/12
投稿
2016/12/04
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい15

こだわり主人の極上出汁湯

鹿沢温泉 紅葉館(群馬県)
4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0

建物は3年前に改築されたそうで、木造ロッジ風で清潔感のある館内です。一方温泉アドバイザーのご主人は口数は少ないながらも、相当こだわった雰囲気が伝わってきます。、口数が多くない感じの方でした。

肝心の温泉は壁は石、床と浴槽は木造で、浴槽横の壁には火あぶり?っぽい謎の壁画があり、カランなどなく、壁から水とお湯が勝手に垂れ流されているだけです。
ここにも主人のこだわりを感じます。

入った瞬間に硫黄の臭いがほんのり立ち込め、否が応でも極上湯の期待が勝手に膨らみ。
何よりお湯がこの時期(秋~冬)に最適の温度で、個人的には半出来温泉より少し熱いくらいでこれ以上ない最適温度でした。
硫黄がほんのり香る肌に柔らかい出汁濁り湯で、味も美味しい。

これで日帰り500円とは。建物とか浴室の雰囲気から、日帰りが高い宿泊系温泉かと思ってましたが、これなら何度でも日帰りしたいです。
宿泊は若干高め(18000くらい)ですが、この主人(確か温泉ソムリエ)と雰囲気なら必ずや美味しい料理を出してくれると期待してますので、次回は宿泊を検討したいです。

ちなみに露天風呂が無い理由は、高地なので冬は零下20℃くらいまで下がるからだそうです。

訪問
2016/11
投稿
2016/11/12
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい16

昼は紅葉 夜は絶景の星空

3.6
3.6
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
3
食事
2

泉質は若干石油臭が混じった、無色透明の柔らかい湯でした。
女将おススメの飲湯はとても苦くてマズく、健康によさそうです。
最大の武器は露天風呂からの絶景!朝の露天風呂は紅葉を眺めながら、渓流のせせらぎ・秋の風・鳥の囀りに癒され、文句無しの癒し環境です。
夜は満天の星空!嬬恋村は高度が高いからでしょうか、先日たまたま観たプラネタリウムと遜色ない満天さです。
ちなみに露天風呂はとても温めなので真冬はご注意。
内湯はやや温かめ。
どちらも武骨な木造の浴槽が自分好みです。

残念なのは食事。食堂に着くと冷めた食事が並んでました。ご飯とお茶も他の御客さんと共用。量も足りないかな~。(スッポン鍋はパス)
名物主人は外国人客と酒飲んで大声で騒いでおり。量・質・気遣い共に御世辞にも期待しない方がよいかも。
一方で朝御飯は、期待してなかっただけに意外にも美味しかったです。自家製アミタケの味噌汁・ミョウガの漬物・椎茸スクランブルエッグなど、素朴で美味しい家庭料理でした。

一泊二食で7600円と一切文句は言えませんが、温泉と食事のギャップを感じました(笑)
+2000円で食事をグレードアップしてくれたらまた泊まりたいな。

訪問
2016/11
投稿
2016/11/05
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい18

お気軽400円で濃厚酸性硫黄足元自噴

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0

塚原・玉川以来の濃厚な酸性硫黄泉質を久しぶりに満喫できました。
蔵王温泉=スキー客向けの施設ばかりかと侮っておりましたが、これほど贅沢な泉質を足元自噴で、400円で味わえるとは。
味はレモンの酸っぱさと鉄を混ぜたような、塚原を若干優しくしたような味でした。

一緒に入った温泉に興味の無い友人も感動していたため、やはり本当に良い温泉というのは万人に共通する良さがあると実感できました。

すぐ隣の川原湯共同浴場も同様に素晴らしい足元自噴で、しかも200円で入れてしまうため、狭いのですが設備とか気にしない方はこちらでも十分かと。夏は暑いです。
(すのこ湯の内湯の写真は人がいたので撮れませんでした)

訪問
2016/09
投稿
2016/09/25
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい16

恐るべし近畿の秘湯

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
3

正直、近畿地方は温泉不毛の地だと考えておりましたが、完全に予想を上回りました。
参りました。

コンセプトが古遠部温泉に似ていると思います。
不便なアクセス、斜面に建てられたロケーション、温泉、料理、雰囲気、ザックラバンな従業員さんまでそっくり。
地上階の玄関から崖沿いに下って設置された客室。
そして崖沿いに垂れ流される黄土色の析出物まで。。
兄弟館?(笑)

浴槽は長湯温泉 郷の湯旅館のようなイボイボの析出物だらけで、座ると頭まで埋まる深さ、温泉というよりミニプールのような広さ。
何よりそれをすぐに満たす圧倒的な毎分500リットルの滝!!(打たせ湯禁止)
泉質は炭酸重曹泉で、古遠部に似たマズイ茶色鉄系ですが、湯量はそれ以上です。
温めで長湯したくなります(冬は寒いかも)
露天風呂からは森・川・橋の大自然も大いに満喫出来ました。

料理は蕨や薇などの山菜、アマゴの焼き魚、食材が食み出る鴨鍋。庶民的且つ家庭的な落ち着く美味しさです。
最初にご飯をお願いすると、ピンクの髪色・ギャルネイルの派手な女将(推定70歳以上)から「雑炊まで待ちなさい」と怒られました(笑)

東北にも引けを取らぬ個性的でコスパの良い、記憶に残る温泉宿でした。
今度は別の季節に必ず訪問したいです

訪問
2016/09
投稿
2016/09/02
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい21

連休は行列必須

湯の峰温泉 つぼ湯(和歌山県)
3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0

あづまやの女将のアドバイスにより、朝5時から並び始めましたが、既に一人いらっしゃったので2番目でした。
6時の整理券配布開始までに後ろに6~7組はいらっしゃりました。
混雑シーズンの日帰り入浴は厳しいかと思われます。

泉質は旅館あづまやと似ている単純硫黄泉っぽいですが、より青白く美しく見えました。
何より足元自噴なのが贅沢。
早朝の2番目に入ったため、新鮮且つほぼ源泉温度で大変熱かったです。

並ぶのがシンドイので、一回入ればもういいかな。

訪問
2016/08
投稿
2016/08/21
  • 参考になりましたか?
  • 参考になった
    はい34

スマートフォン版に戻る