秘境温泉 神秘の湯

トップ 九州 鹿児島県 九州本島 霧島温泉郷 目の湯

目の湯

鹿児島県霧島市牧園町高千穂 マップ

分類
  • 掛流
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
目の湯

目の湯 源泉掛け流し/日帰りレポート

訪問日
2014/12/03
最終更新日
2014/12/03
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.0

  • ユーザーの評価

    (2件)
    3.4

    3.4

この記事は簡易的な記事と写真のレポートです。日帰りレポート 無料(訪問時)

霧島最古の岩風呂といわれる自噴泉の野湯「目の湯」。車の入れる道から徒歩1分と、アクセスも良好。しかし、実際には周囲から見えやすい、温度が不安定など入るのはなかなか厳しい温泉です。

天然の岩でできた浴槽は1人が入れるくらいの大きさ。看板などもあり、普通の方からすれば温泉というより観光スポットでしょう。

そんな目の湯ですが、すぐ近くに硫黄泉の小川が流れていて、そこの泥湯?も楽しめます。泥の量も多く、キメも細かいのでおススメです。

歩道のような道があり、迷うことはありません。

霧島温泉郷最古の岩風呂 目の湯

目の湯の前には看板があります。

自噴泉で温度はその時々によって変わるようです。訪問時は冬であったため、入れる温度ではありませんでした。

大人1人が入れるくらいのサイズです。

すぐそばに上流から流れてきた硫黄のお湯で泥が豊富な小川が流れる

あまりにも泥が良さそうなので、足だけ入ってみることに・・・

場所によっては、このようにたっぷり泥があるところもありました。

ぬるかったですが、泥湯に入ってみた!

底には泥が溜まっていて足が少し埋まります。

ズボッと引き抜いてみると、見事な泥パック!

せっかくなので足の泥パックをしばらくそのままにしてみることに。

すると放置して流してみると、見事に肌がツルツル!

良質な泥って全国でもそう多くないので、貴重な体験ができました。

近くには開けた場所もあり、少し先にある噴気が見えます。

目の湯の説明、、、ではなく石灰華の説明書きがありました。
ちなみに石灰華はお湯や水の成分で固まったものの中で、「カルシウム」を主成分とするものだそうです。当サイトではややこしいので、一律に「析出物」としています。

入浴するためには時期や天候などの条件がうまく合わないと難しいお湯ですが、昔と全く変わらない自然のそのままのお風呂に入れたら、それは贅沢だなぁと思います。

目の湯の評価はこちら!

  • 温泉

    0

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
管理人総合評価
3.0
3.0
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

霧島温泉最古の岩風呂に感動

3.7
3.7
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2016/04頃に訪問

これが霧島温泉最古の岩風呂だなんて、ちょっと感動しました。それだけ霧島温泉郷はなかなか素晴らしく、あちこちで大噴煙が上がり、宿数は一体どれくらいあるのでしょうか・・?という一大有名温泉郷の最古の岩風呂だなんて!横に立てられていた看板を見て初めて知って感動しました「これが元祖なんだ~」
それは小じんまりとした天然の岩風呂で、湯の色は一見透明の赤茶色に見えましたが、岩が赤茶色に染まっているだけで、温泉自体は透明の湯でした。見た目程の鉄分の味はせず、明礬泉のような微臭がするように感じましたが・・どうでしょうか?

その雰囲気はなんだか和歌山の湯の峰温泉のつぼ湯を思い出させるものでした。つぼ湯は湯小屋の中にありますが、大きさや岩風呂である事などそして最古である事などを含め、湯の色は違いますが雰囲気が似ているように感じました。こちらも足元湧出泉です。
底には自然の岩がゴロゴロとしている湯舟に、恐る恐るそーっと足を入れてみました。熱いと思いましたがすぐ慣れてきて、足湯には気持ちの良い少し熱めの湯加減だと感じてきました。
これなら入れない湯温ではないな、入ってみたいな、入ろうかな・・と思ったのですが、いかんせん1人だし、考え直して止めました。

木漏れ日さす岩湯の周りは、新緑の木々と硫黄で白濁した小渓谷、そして丸太橋程度の橋があるとても雰囲気の良い場所でしたが、実は人気に近いのでした。
この温泉が硫黄谷のバス停からどの方向にあるのか判らなかったので路線バスの運転手さんに尋ねたら「下った先に駐車場みたいな所があって、そこを入ったら温泉が在るらしい事を聞いた事がある」と教えてくれたのです。
そこは自然歩道の入り口で、駐車場からわずかに登っただけの所に岩風呂がありました。
付近で工事されている方達の声も聞こえます。こんな解りやすい所に最古の岩風呂があっただなんてと言った感じです。

レポートされている泥湯は岩風呂と川との間にあり、流れ出た温泉によりできた物なのでしょうか?それとも川の方の硫黄の泥なのでしょうか?
レポート程の量はなく、既にどなたかの足跡がついていましたが、私もその上から足跡を付けてきました。
川の流れは灰白色なので温泉で熱いのかなと思いましたが、冷たかったです。 素敵なスポットなのに、さすがに観光客の方達は来られず1人で良い空間を楽しんできました。

16/04/28
23:39
に投稿

無題

0.0
0.0
温泉
0
温泉の雰囲気
0
また行きたい
0
部屋
0
食事
0
2015/03頃に訪問

最初、登り口から徒歩1分だと書かれていたのですが、見過ごしてさらに上にある道路まで行ってしまい、おかしいと思って引き返して見つけました。
身長180cmの人でもゆったり入ることができます。
相方がいるなら人が来ないか見張ってもらって入浴できますが、一人では難易度が高いと思われます。
お湯は自分には適温~ちょっとぬるめでした。

15/03/22
22:43
に投稿

クチコミの平均評価

3.4
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る