秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 宮城県 鳴子・大崎 鳴子温泉郷 川渡温泉(かわたびおんせん) 川渡温泉 湯あみの宿 ぬまくら(旧:沼倉旅館)

川渡温泉 湯あみの宿 ぬまくら(旧:沼倉旅館)

宮城県大崎市鳴子温泉字川渡38-1 マップ

分類
  • 掛流
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
川渡温泉 湯あみの宿 ぬまくら(旧:沼倉旅館)

トロトロと注がれる緑の極上濁り湯が魅力のお宿

訪問日
2004/09/21
最終更新日
2014/04/22
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.7

  • ユーザーの評価

    (2件)
    2.7

    2.7

沼倉温泉は2004年10月にリニューアルし、「湯あみの宿 ぬまくら」となりました。レポートはリニューアル前のものです。

鳴子温泉郷の最後のしめとして訪れたのが沼倉温泉だった。
強いお湯ばかりに入り、身体が疲れていた為、あまり強くないお湯をと思い訪れた。

目の前には小さな川が流れ、横には畑が並んでいた。

私達が訪れた時、他のお客さんはゼロ。静かな入浴を堪能することができた。

なんとなくで訪れた旅館だったが、湯はすばらしかった。

沼倉旅館を探していると見つからない・・・ないない・・あ!看板発見!でも改装中のようでやっているのやら休業中なのやら・・?一応裏へ周ってみると広い駐車場があり、裏に入り口があった。外から「すいませーん」声をかけると「どうぞ~」と入れてくれた。

宿の中は月曜日だった為、お客さんが皆帰った後なのか、廊下へゴミ袋がいっぱい^^;

しかも廊下を良く見ると蛇がウネウネと動いていた。。
驚きながらもすかさず写真を撮った。
宿の方は「たまーにいます」とニコニコしながら話していた。 そ・・そうなの?

家族風呂 露天風呂

ここは通常宿泊者専用で日帰りでは入る事はできないらしい。
たぶん大浴場へ入ることができなかったので大丈夫だったのだと思う。写真では濁っているが、普段は緑の透き通った色をしているそうだ。温度がぬるいと濁ると言われている。

家族風呂 内湯

右と左では温度が違う。右が熱め、左がぬるめとなっている。入った感想はちょっとピリピリ感のあるヌルっとする感じ。
味は苦味があり、硫黄臭がする。入っていてそんなに濃い感じはしなかったので狙い通りだった。
内湯ながらに開放感があり、気持ちいいお風呂だ。

しかしここのメインは大浴場。大きめの丸い湯船に緑の透明の湯、入れなかったのは残念すぎる~。

【部屋】

沼倉旅館へ泊まった方のレポートなどを読んでいると大変評判がいい。たしかに温泉は最高。部屋も綺麗だったが、どうも最初に目に入ったのがゴミ袋が10個ぐらい廊下へ並んでいたのと蛇・・・。
たぶん丁度ゴミをまとめて置いたのだろうが・・タイミングが悪すぎたようだ。
次回、改装後に再訪してみたいと思う。

川渡温泉 湯あみの宿 ぬまくら(旧:沼倉旅館)の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.7
3.7
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

湯は、鳴子でも希少価値有。バリアフリーに徹した湯主の気概。And I Love Her

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/07頃に訪問

2016年7月に日帰りにてお世話になる。
500円

鳴子温泉峡でも古川ICから1番近い、川渡温泉「ぬまくら」古川ICからも近く便利です。
川渡温泉街を入ると200メートル先左に民宿のようにこつ然と現れる、ぬまくら。

特徴はお湯が熱め、寝湯としてぬるめの湯「2湯」が楽しめます。
身体がびりびりくる熱さ、これはCool!
友人と入浴後、30分は湯の温かいお湯にしばし、愕然。

夏油や草津程ではありませんが、かなり暑いです。

温泉は、硫黄の香りが少なく癖が無い温泉です。本日の濁りは若草色でした。

宿で源泉を持っています。これだけの良い湯を確保できているのですね。

バリアフリー化に取り組む宿の姿勢にも、感銘。自由に誰もが温泉は楽しむべきですね。

さすが、鳴子、ルームキーがこけしでした。笑

16/07/30
20:33
に投稿

コンクリート浴槽がヌルヌルで気持ち悪い

1.7
1.7
温泉
1
温泉の雰囲気
3
また行きたい
1
部屋
0
食事
0
2016/06頃に訪問

ヌルヌルしたコンクリート造りの浴槽で、温泉成分なのか何なのか、あちこち藻が付いているかのような緑の付着物が多くなんだか気持ちが悪かったです。特に隅の方が酷いし、清掃不足なのか常時このようになってしまうのかも解りませんが・・。
浴槽は全体がコンクリート造りで、手前の淵だけが木を張ってありました。
内湯に湯舟が2つ並び小さい方は透明湯でぬる湯かと思いきや水風呂?のようでした。
大きい方の浴槽は少量のかけ流しがあり、源泉46℃となっていましたが加水されているのかどうかは解りません。味は玉子味、濃いうぐいす色の湯に白い湯の花がわずかにみられ、髪の毛も浮いてきたりしたので慌てて出てしまいました。
浴室は前面が大きなガラス張りで、庭を眺めながら入る展望風呂となっているようでした。
日帰り入浴なので内湯のみしか案内してもらえませんでしたが、宿泊すると露天風呂もあるのかも知れません。

川渡温泉は鳴子温泉郷の中でも湯治宿が多く泉質が良いとの事だったのですが・・
藤島旅館に入り直そうかとも思いましたが、共同温泉があったのに気づきそちらを捜して行ってみました(裏手通りにあります)川渡共同温泉はほぼ地元の方利用だそうですが、外来者も200円を入れて利用できます。
湯舟は黒い半円の石造りでどちらかと言うとモダン。56℃の源泉を一旦木枠の中に溜めて心持ち冷ました形で湯舟へ投入しているのですが、その木枠の中の源泉は透明で、いかにも新鮮で美しく、多量の湯は生きているようで見ていてとても気持ちが良かったです。
湯舟の湯の色は明るいうぐいす色になっており、玉子味に+弱いコールタール臭が感じられる温泉でした。高温でも加水なしのため私は浸かれずかけ湯のみにしましたが、それでも汗が出ました。地元の方達は慣れておられて「これが気持ちがいいのよ」とこの高温泉を喜ばれるそうです。

16/07/09
20:17
に投稿

クチコミの平均評価

2.7
5
0
4
0
3
1
2
1
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る