秘境温泉 神秘の湯

トップ 甲信越 山梨県 石和・勝沼・塩山 石和温温泉郷(いさわおんせんきょう) 日の出温泉 旅館日の出温泉

日の出温泉 旅館日の出温泉

山梨県笛吹市春日居町鎮目1646 マップ

分類
  • 掛流
  • 循環
  • 加温
  • 塩素
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
日の出温泉 旅館日の出温泉

体が浮くようなフアフア~と柔らかいラジウム温泉

訪問日
2004/11/07
最終更新日
2014/06/12
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.0

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.1

    3.1

日の出温泉 旅館日の出温泉の外観

湯船の写真だけ見て日帰り施設だと思って訪れた日の出温泉は、思っていたのとまったく違い立派な旅館だった。

石和温泉駅より10分とアクセスは良く、周辺には温泉も沢山ある。
湯めぐりには最適な場所だ。

創業は明治42年と歴史は古いが建て直したのか旅館は新しい。

温泉は石和唯一のラジウム温泉、硫黄温水泉だという事だ。

朝10:00頃だった為かロビーは人で賑わっていた。
ここで料金を払い、一度外へ出て別の入り口へ向かう。

裏へ周ると日帰り用の入り口がある。
入ると本入り口の新しい感じとは違い、少し古そうな椅子がならんでいた。

フアフア~~と身体が浮くような究極のやわらかさ

内湯 男性用

湯船は源泉そのままと加熱したものと区切られている。大きい湯船が源泉そのままの方で温度は体温とほとんど変わらないようなぬるい温度。湯の感触はとにかくやわらかい!フアフアした感触だった。身体には気泡が少し付、ヌルヌル感も多少ある。味はあまりしなかった。

  • 内湯 女性用
  • 露天風呂 男女各1

女性用の内湯は男性用より少し小さい。その分、片面に窓が有、男性用より明るい浴室となっている。

露天風呂もあったが湯がぬかれていて入ることはできなかった。露天風呂からの展望は悪いがこの湯で露天風呂へ入れたら気持ち良さそうだ。残念・・・。

設備はシャワーはなくカランのみ、脱衣所は広く、置いてある椅子は壊れていておばぁちゃんが座ったとたんひっくり返って驚いた。脱衣所へはサウナのような箱型のものが置いてあった。

日の出温泉 旅館日の出温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    2
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.0
3.0
とさせていただきました。

クチコミ(4件)4件中 1~4件 1ページ目

立派な露天風呂が空な理由

3.0
3.0
温泉
3
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/09頃に訪問

フロントで「日帰り入浴はやってますか?」と女将さんに聞くと「うちは日帰りはやってないよ!立ち寄り入浴ならやってるよ。旅館だからね」という答え。「立ち寄り入浴って言うんですね」と苦笑いをして入浴料500円を支払いました。
女将さんは、明治からの温泉であること、源泉掛け流しの自家源泉と加温浴槽があることなど丁寧に説明してくれました。その後も、夫が入ろうと服を脱いでいる男性浴室までわざわざいらっしゃって、入浴の際の注意事項など説明してくれたそうです(^^;)

この日は日曜日でしたが、幸運にも先客もおらず、貸切状態で入ることが出来ました。
36度の自家源泉は思ったほど冷たくなく、夏に長湯するには丁度良い温度。石和温泉から引き湯しているという加温浴槽のお湯と入り比べると、自家源泉のお湯のまろやかさがとてもよくわかります。私は塩素入りの加温浴槽には一度入っただけで、ずっと自家源泉の方に入って過ごしました。

それにしても屋根付きの立派な露天風呂に何でお湯がはられていないのだろう...と思っているところに、先ほどの女将さんが入浴してきました。いろいろお話を伺っていると、露天風呂から石を投げて1枚60万円のガラスを割られたことがあるそうで、露天風呂はやめたとのこと。「いろんなお客さんが来るようになると、そんな事もあるのよ」と話しておられました。それで立派な空の露天風呂の謎が解けました。
「今度は是非、泊りに来てね」と上り際に言って頂きましたが『立ち寄り入浴』で満足した私たち夫婦でした。

16/09/08
12:02
に投稿

立派な空の露天風呂

2.3
2.3
温泉
2
温泉の雰囲気
3
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
2016/08頃に訪問

立派な空の露天風呂があり、その岩の大きさから島根の海潮温泉を思い出しました。8月でも空でした。一体いつ湯がはられるのか尋ねてみたかったのですが、夕立ちの最中この温泉へ立ち寄り、雷雨の中駅へ向かったため聞いてみる間もなく写真も全く撮れませんでした。TVニュースでは、空に稲妻と虹が並んでいる珍しい映像が放映されました。   
日の出温泉は中心街の石和温泉とは駅を挟み対角方向に徒歩10分程の山手側にあり、山に見える大きく古い看板が目印ともなります。温泉は本館の建物の隣の別棟にありました。

何の雰囲気もない内湯には温湯と加温浴槽が並んでいます。平日でも加温の投入口にはオバ様方が陣取っておられたり、わずかな間にも他にも入浴客があったりと、何故だか割合人気の温泉のようです。私にとっては露天風呂も入れないのに500円の入浴代は高いと思ってしまったのですが、石和温泉と言う事で人がそこそこ集まってくるのでしょうか?
源泉36.5℃ PH8.4無色透明無味無臭でヌルスベ感もなし。ラジウム泉は私にとってはどうも浸かっていても湯の特徴が感じにくく・・う~ん。加温消毒となっていますが、特に塩素臭は感じませんでした。ぬるめの源泉の方も泡付きもなく何ら特徴は感じられませんでした。
せめてあの立派な造りの露天風呂に入ってみたかったです。

16/09/06
21:53
に投稿

絶妙なぬる湯

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/05頃に訪問

石和温泉から車で5分程度のところにあります。最後、道が狭くなり民家の中に立派な建物が突如現れます。
二つある建物のうち左側の温泉と書かれている方に入り、台所の前にある入れ物に500円を入れるシステムのようです。

内湯(あつ湯とぬる湯)があります。宿の方いわく右のあつ湯が石和温泉から引いて加温したもので、左側のぬる湯が自家源泉とのことです。なお、露天風呂は、立派な造りでしたが、お湯は入っていない状態でした。
お湯は無色透明で無臭でした。ぬるい方のお湯は絶妙な温度で、みなさん長湯をされていました。
貴重品を入れるロッカーは目につかず、脱衣所はカゴのみでした。

16/05/27
15:02
に投稿

意外と泡もつきます

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
4
部屋
5
食事
4
2015/01頃に訪問

一泊で行きました。
冬は露天はやっていないみたいです。
内湯は源泉浴槽と加温浴槽で、加温は循環+消毒の様子。
とはいえ加温浴槽も塩素臭はそれほど感じず、お湯も結構あふれていました。
源泉浴槽はちょうど人肌くらいで、浴感は柔らか。
この時期はちょっと寒い気もしますが、ゆっくり浸かっていると細かい泡がついて、肌が引き締まる感じがします。
下部温泉のぬる湯と比べるとまだ暖かく、のぼせずに1時間は入っていられます。
源泉に長く使った後の加温浴槽がまた心地よい。
悪かったところとしては、洗い場のカランのお湯がなかなか温度が上がらないところでしょうか。
後は団体様がいらしていたようで、風呂場がちょっと騒々しいタイミングもあったかな。

食事は品数が多く、味付けも中々良いので値段を考えるとお得な方だと思います。
夕食は刺身だけ今一つで、フライ等が冷めていたのはご愛嬌でしょう。
朝食は焼き鮭がかなり好みで、味噌汁も小さいホタテがたっぷり入って良い味でした。

泊まった部屋は8畳+αで結構広く、ユニットバス(笑)とトイレ、洗面台付きで、十分満足な部屋でした。

電車で行ったのですが、沿線にはブドウ畑がたくさん見えました。
今度はブドウの時期に行ってみたいですね。

15/02/01
20:44
に投稿

クチコミの平均評価

3.1
5
0
4
1
3
2
2
1
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る