秘境温泉 神秘の湯

トップ 甲信越 長野県 北信 渋温泉 渋温泉 共同湯

渋温泉 共同湯

長野県下高井郡山ノ内町渋温泉 渋温泉旅館組合 マップ

分類
  • 掛流
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
渋温泉 共同湯

9つの個性あふれる熱めの源泉を楽しめる共同湯

訪問日
2004/10/30
最終更新日
2014/04/22
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (13件)
    3.9

    3.9

渋温泉では合計9箇所の外湯を一般に開放している。
それぞれ源泉が違い、それぞれの味わいがある。

一般に開放しているといっても、「渋温泉の観光案内へ共同湯巡りをしたいのですが」といっても「知りません」とお断りされる。

ここでは建前では一般へは共同湯を開放していない事になっているらしい。

外来で訪れる際には渋温泉湯めぐりパーキングへ停めるとスタンプを押す手ぬぐいと共同湯の鍵をかしてもらえる。

五番湯 松の湯

計測結果:
源泉温度:41.2度
総成分量:770
P.H:7.8お湯は無色透明。サラッとしたお湯で神経痛などに効くらしい。
お湯は適温で誰もいないところ、ゆっくり入浴した。
ここ松の湯は昔、集会所の役割をはたしていたと言われている。

七番湯 七操の湯

計測結果:
源泉 温度:44.1度
総成分量:1030
P.H:7.37つの病気に効くと言われている温泉。ほんのほんのわずかに白っぽいお湯で前の人が加水していたのか温度は少し熱いぐらいだった。

八番湯 神明滝の湯

計測結果:
源泉 温度:43度
総成分量:778
P.H:5.2子宝にめぐまれるという湯。
熱めだったが、なかなか気持ちよく、何度も入ったり上がったりを繰り返した。紐みたいな湯の花が目立つ。湯の色は無色透明。

九番湯 大湯

計測結果:なし

一番人気があるだけあって、一番気に入った湯。
鉄分が多い為茶色の湯ノ花がでている。
この写真は夜、宿泊の方にお願いし誰もいないところを写真に撮らせていただいたが、通常は人が多すぎるぐらいで入浴するのも大変。大湯は天下の名湯と言われ、神経痛・リウマチに効く。

番外 かま風呂

  • 汗を流す為の水

最後にかま風呂へ寄ってみた。ビニールシートの道を歩き、中へ入ると何故か中国風に飾られている。ここは番外なので別料金300円がかかる。階段を下に行くと本当に釜の中にいるようなかま風呂がある。蒸されている部屋でしばらくねっころがり、汗を流すのに最後に水をかける。

  • 飲泉所
  • 足湯
  • スタンプを押す手ぬぐいと共同湯の鍵をかしてもらえる「渋温泉湯めぐりパーキング」

渋温泉 共同湯の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.3
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(13件)13件中 1~10件 1ページ目

結構人がいます。

3.3
3.3
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/12頃に訪問

12月30日に「いかり屋旅館」に宿泊。16時頃から湯めぐりを始めましたが、夕方は人が多くてゆったり浸かる雰囲気はありません。翌朝食事前に9番、朝食後に3箇所ゆったりと浸かりました。

17/01/05
16:51
に投稿

鍵を開けて入る温泉

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/09頃に訪問

渋温泉街にある大湯に行ってきました。

有料駐車場のところに車を止め、そこで温泉のチケット500円も購入します。
ちなみに駐車場は1時間で300円でした。

こちらは宿泊者だと9つの湯巡りができるようですが、日帰りは1つのみ。

9番の大湯のみです。
地図と説明を渡されたので、それにしたがってお風呂を目指しました。

お風呂には鍵が掛かっているので、近隣の指定されたホテルに頼んで鍵を開けてもらいました。

出るときはオートロックなのでそのまま出れます。

脱衣場には100円返却式のロッカーもあります。

蒸し風呂と湯船があるのみで特にアメニティとかはありません。

原泉がかなり熱いので、水で冷まさないと入れません。

泉質は、緩和低張性高温泉ということ。
何色と言えば良いのか難しい色ですが、体の芯まで温まる良い温泉でした。

貸切状態で使えたので良かったです。

16/09/14
21:03
に投稿

何とも気持ちの良い大湯,他の外湯は激熱

3.7
3.7
温泉
3
温泉の雰囲気
3
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/12頃に訪問

大湯は何とも気持ちが良く忘れられず、翌日にも入りに行きました、やや熱めですが気持ちの良い湯に浸かったり上がったりを、1時間は繰り返し満足しました。
湯は私の好みではない、金氣臭・鉄味なのに、とても肌当たりが柔らかく、ナトリウムが入っているがべたつかず、まろやかですっきりした良く温まる湯でした。
色は黄緑茶色といった感じでしたが、日により違い透明になる事もあると、一緒になった地元の90歳を超えた方が教えてくれました。「私ら毎朝小学校へ行く前この湯に入って、帰って来たらまた入って、毎日ずうっとそうやって来たんやから」その御婦人は、しわも少なく肌も綺麗で髪もサラ艶でとてもお元気そうでした。やはり大湯が一番良い湯ですか?と、そうだとの答えを期待しながら問うてみると「ここには色々な湯がある。胃の悪いもんは1番へ行く。人それぞれに合った湯があるんじゃ」と言われ、地元の方達の生活に欠かせない外湯であったことを改めて思わされました。
木筒の湯口は析出物で茶色くコーティングされ、ボコボコ湧き出ている源泉は湯口の途中に仕切り板をかませ半量は捨てる事により、43℃に湯温調整されているという工夫がありました。
ほとんど加水する事無く源泉のままの濃厚な湯に身を浸し、溢れかけ流されていく湯を眺めているだけでも気持ちが和んでいきます。木造の湯舟が木造の洗い場の床板に囲まれ、からし色の湯が美しくとても温泉らしい雰囲気を醸し出していて癒されました。
渋温泉に宿泊していない私が利用できる外湯は大湯のみで、10時~16時までが受付け。
チケットを渋温泉観光案内所で500円で買い、大湯付近の指定の店の人に鍵を開けてもらって入るという面倒臭いシステムになっていましたが、何度でも来たいと思わせる温泉でした。

今回は、渋温泉に宿泊して共同温泉巡りの鍵を宿から借り、フリーで外湯を周ってみました。いずれの湯も平日1人で利用する事ができましたが・・
一番初の湯 渋混合泉56℃加水しても浸かれなかった。木造湯舟の淵は朽ち、温泉成分で鉄状      化している。温泉らしく雰囲気は良かった。
二番笹湯 荒井源泉75.7℃どれだけ加水しても足さえ入れられず。やや緑っぽい薄濁りの湯。
三番綿の湯(子宝の湯)混合源泉56℃誰かが入った後だと思うが浸かる事ができた。
      湯舟のタイルが水色のため湯が青っぽく見えるが実際は無色薄濁りの湯。
四番竹の湯 熱の湯86.5℃の一番高温泉で多量に加水しても歯が立たず。薄暗い浴室に木造湯      舟で落ち着く雰囲気だった。
五番松の湯 熱の湯でこちらも火傷注意と書かれており、全く無理。無色透明の湯。明るい浴      室に御影石の浴槽。
六番目洗いの湯 大湯に次いで人気だそうで浸かれた。長い木造の湯舟の湯底に大きめの白い        湯花が沈んでいて動くと舞い上がる。
七番七繰の湯 浸かれた。無色透明の湯で、タイル張りの湯底には茶色い綿ぼこりのような湯       花が沈んでいる。
八番神明滝の湯 金気臭が漂う、茶緑色の薄濁り湯で温泉らしい湯。小さめの木造湯舟。大湯        の前にあり、浸かる事ができ湯も気持ち良さがあり、比較的人気の様子。
九番大湯霊泉 渋温泉の始まりの湯。大湯と渋の混合泉60℃(使用位置43℃) 唯一日帰り外       来者でも入浴可能な外湯。上には足湯もある。何んと言っても一番人気。

九湯全てナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉。入浴利用時間6時~22時。
1~5番は午前中に入り6~8番は夜に入っているので、時間帯により浸かれるかどうかも違ってくると思います。大湯は冬場ならいつでもほぼ加水無しで浸かれると思いますが、渋温泉の外湯も他地域の共同湯と変わらず高温泉のため、寒い時期の方が湯巡りに適していると思います。(サイトの評価は渋共同湯の総合評価に変えました)
 

15/12/04
21:05
に投稿

誰でも楽しい湯めぐり

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
3
2013/11頃に訪問

渋の良いところは、温泉好きでなくても、共同浴場を湯めぐりしながら誰でも街並みを楽しめるトコロではないでしょうか。友達6人で訪問し、うち3人は全く温泉に興味が無いですが、それだけで楽しめていたと思います。

加えてシーズンの有名温泉街なのに、一泊9000円で泊まれるのは有り難い。草津とか伊香保ならもっと取られるのでは、ましてや箱根なんて想像するだけで…苦

個人的には8番湯が一番気持ちよかったです。ボロイ雰囲気も◎。人も多くないし。
大湯だけ泉質が濁り湯でビックリしましたが、やはり人が多くて。せっかく訪問したなら是非入るべきですが。

すぐ近くの地獄谷温泉のお猿さんも要チェックですね。冬は半端ない豪雪なのでご注意ください。

15/11/29
16:35
に投稿

熱すぎ

3.8
3.8
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
3
食事
3
2009/10頃に訪問

風情、泉質は素晴らしいが如何せん熱すぎ!
宿泊を挟んで二日間で九湯巡りを計画したが
私は5、6、9(大湯)で熱くて断念!
お湯を適温にしながらの完達は不可
温度管理がなされていれば最高なのに。
しかし、女房は完達、恐れいりました。

15/11/05
15:53
に投稿

浴衣に下駄で『カラコロ』と湯巡り

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/06頃に訪問

ノスタルジックな温泉街を、旅館に宿泊し、2日かけて湯巡りを楽しんだ。

九湯、それぞれに個性があり楽しめたが、私が一番気に入ったのは、六番湯『目洗の湯』
少し甘い香りがし、白い湯花が浮いている、優しいお湯。
my洗面器を持って、入りに来ていた地元のおばあちゃんも「ここが一番いいのよ~」と言っていた。

温泉手ぬぐいを購入し、スタンプを押しながらの湯巡りも楽しく、最後に『高薬師』への急な階段を上り、祈願印綬した時は、爽快な達成感があった(*^^)v

スイーツ好きな私は、温泉街に手作りジェラートの、お店を発見☆☆☆
ジェラートとお土産の『若葉屋』さん。営業時間 10:00~21:00
期間限定の「生イチゴ ジェラート」が特に美味しく、夜と朝、2回も食べに行ってしまったほど(^u^)
場所や季節限定のジェラートなど、詳しいことは「ジェラート 若葉屋」で検索すると分かるようだ。

15/06/17
16:09
に投稿

大湯に限った話で恐縮です

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/01頃に訪問

3連休の真ん中に朝イチで大湯のみを利用。日帰り入浴は朝10時からなのでそれに合わせて行ったが男女ともに貸し切り状態でしかもいつまでも浸かっていられそうな気持ちの良い適温。口コミの多くに「混雑」「熱い」の文字が踊っていたので記念に見ておく程度のメンタリティで臨むも逆に裏切られた感じで拍子抜けしてしまった。熱いのが苦手な妻が30分浸かりっぱなしだったことからも、よほどいい湯加減だったことがうかがえる。泉質は土色で塩っぽさは少なく鉄を強く感じる。屋根が高いせいか思っていたよりも広く明るい空間だった。入らなかったがサウナも併設されていた。
すぐ近くの宿の前で1個50円の温泉玉子が買える。色んなところで温泉玉子を食べて来たがここのは白身も半熟で味も非常に良かった。個人的な温泉玉子ランキングではかなり上位にくる。

15/01/18
16:06
に投稿

まず伝えなければいけないこと。「めちゃくちゃ熱いです」

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2014/06頃に訪問

珍しく温泉旅館に宿泊した私は、九湯巡りをしてみようと
いうことで一緒に旅した友人と出かけることにしました。
温泉マニアとすれば、当然全てに入らなくてはいけないなぁ
と厚かましくも考えておりました。
まずは一番有名な9番大湯に入浴・・・
「アッツ―!!!」
特に注湯口の浴槽は、とてもじゃないが入れません・・・

6番目洗いの湯にも入浴・・・
「アッチィィー」
大湯以上の熱さです。とても入れません・・・

7番七操の湯も入りましたが、同様。

渋温泉で気を付けなくてはいけないこと。「めちゃ熱いぞ」

14/12/23
20:00
に投稿

温泉街の外湯巡り

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2014/11頃に訪問

渋温泉の旅館に泊まり外湯用のカギを貸して頂きました。

渋温泉の外湯は9つの浴場にいくつかの源泉が注がれています。
一番人気は9番湯ですが、地元の人からは6番湯も人気と伺いました。
また、川に近い通りの浴場はかなり熱かったです。ほとんどの脱衣場には鍵付きロッカーが無いので貴重品の管理に注意が必要です。

初冬に行きましたが、湯冷めすることなく5つ程回れました。
2日間くらいでゆっくりと回ってみるのが良いかもしれません。

14/12/08
18:27
に投稿

全体の雰囲気

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2014/12頃に訪問

温泉街らしい趣と雰囲気を楽しめれば、goodだと思います(^o^)

14/12/02
11:56
に投稿

クチコミの平均評価

3.9
5
2
4
8
3
3
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

スマートフォン版に戻る