秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 福島県 会津 会津東山温泉 会津東山温泉 向瀧

会津東山温泉 向瀧

福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200 マップ

分類
  • 掛流
利用
  • 日帰り不可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
会津東山温泉 向瀧

歴史と格式、おもてなしと上質な温泉を併せ持つお宿

訪問日
2013/06/27
最終更新日
2014/06/12
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.2

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.9

    3.9

すこぶる評判がよく、メディアにも登場することの多い東山温泉 向瀧。
格式があり、湯使いがよく、そして何よりもてなしがすばらしいという事で著名な人が良く訪れる。
全客室は国の文化財に登録され、大正時代に建てられた本館に増築を繰り返した複雑で美しい建物だ。


また向瀧は中庭も有名で、部屋から見る中庭、とくに冬の雪見ろうそくは雪の中に点々と光る灯が好評だとのうわさ。


到着すると車までたくさんのスタッフの方々が出迎えてくれ驚いた。
皆さん笑顔で気持ちのいいお出迎え。

車を宿の前へ止めると宿の方が駐車場まで運んでくれる。

宿の方はすべての方がきちんとした教育を受けており宿や温泉の歴史、また入口に置いてある歴史のありそうな時計についてまでどの方に聞いても親切丁寧に答えてくれる。

GW 祝日宿泊 1名22,200円 トイレ、洗面付 8畳 中庭に向いていない部屋

今回グレードの一番低い部屋での宿泊となった。
この部屋は中庭に向いていない部屋ではあるが小さな庭園が大きな窓から見え、気持ちの良い景色に雰囲気。
十分な広さがあり、冷暖房もしっかりしていて無線LANもあり設備も充実。
部屋の造りは一部屋一部屋が違う造りになっているらしく増築を繰り返した事もあり複雑な造りになっている。
一番グレードの低い部屋のつもりで来たので部屋へ案内されたとたんうぁ~広い!と声をあげてしまった。

  • 抹茶のお茶菓子 とってもおいしい
  • 鏡台
  • おいしい水
  • 暖房
  • お茶セットとポット
  • 金庫 ゆかた 小タオル靴下 はぶらし
  • テレビ
  • 洗面所
  • ウォシュレット付トイレ
  • 手入れの行き届いた旅館内
  • 大きな窓からの景色が美しい

これぞ日本旅館という手入れの行き届いた綺麗で重厚な雰囲気と郷愁を感じるような廊下のきしむ音に鳥の声、なんだか廊下を歩いているだけで楽しい。

熱くてサラッとした肌ツルになる温泉

鈴の湯 (貸切)

温泉は一番歴史の古いきつね湯と大浴場のさるの湯、そしてこちらの貸切湯3つがあり数も豊富。
きつね湯は熱めだという事なので一番最初に向かったのは貸切湯。
それぞれ源泉温度が違い蔦の湯(43~44度)、瓢の湯(42~43度)、鈴の湯(41度)といった感じになっている。
あまり熱い湯が得意ではないのでとりあえず鈴の湯へ。

2人でいっぱいになるぐらいの小さい湯船に入るとお湯がザバーっと流れ出し爽快。
湯はまろやかでピリピリ感はなくさっぱりする。特徴がある湯というわけではないが好みの湯だ。

湯量は1時間ぐらいで湯船の湯が入れ替わるぐらい新鮮。

  • レトロで落ち着く浴室
  • ナトリウム・カルシウムの結晶がビッチリ
  • 向瀧で一番歴史があるお風呂 きつね湯
  • 一番熱いのもきつね湯
  • 美しい湯口
  • ヒル石でできた彫刻 水分を吸収する石だとか

繊細で丁寧な一品一品 豪華ではないけどおいしい食事

前菜は少ないが一つ一つがとてもおいしく細かくて綺麗に盛り付けられている。
ローストビーフはうまみがあるし鯉の洗いは瑞々しい。
鯉こくは他の宿でもよくでる郷土料理でありパサパサであまりおいしいと感じた事はなかったが向瀧の鯉こくは別。
ジューシーでお酒のつまみによくあう。
またご飯がものすごくおいしく、お米の甘みが口いっぱいになる。
品数が多かったりといった豪華さや華やかさにはかけるがとてもおいしい一品一品だった。

大理石の肌触りが良い、居心地がいい浴室

さるの湯 (大浴場) 女性用
  • 洗い場
  • 湯口

洗い場は豊富でアメニティーも揃っている。

浴室は大きな窓があることから喚起もよく熱めの湯でも長湯ができる。

露天風呂はないが窓全開で入れば爽快だ。

湯あがり肌がつるつるになる。

広い中庭は散歩ができるようになっている。

朝せっかくだから散歩をしてみようという事になり、チェックアウト前にぐるりと一周。

中庭からみるお宿は格別なもので、素敵な庭と斜面に建つ立派な木造建築をあわせて見ると建物が引き立ちさらに立派にみえる。

斜面上の方の部屋が中庭から見えたりするが、今回私たちが宿泊した部屋よりもさらに立派で綺麗で、縁側のようなものまで付いていた。
次へぜひ上のグレードの部屋へ泊まってみたいと思う。
  • 朝食
  • 元内閣総理大臣 小泉さんが来た時の写真が飾られている

朝食は和風であたたかくこれまたおいしい。
特に蒸したお肉、なんのお肉かわからなかったがトロケルおいしさだった。
↑磐梯鱒という魚だという事です。(はるすけさん情報ありがとうございます!)


いい宿に出会った。
人に胸を張って紹介できる旅館だなと思った。


≪向瀧の良いところ≫

サービス、教育、湯使い、掃除など隅々まで手をぬかずにがんばっているお宿だと思う。
もてなしが評判通りすばらしく、色んなところで心遣いを感じれる。
女将さんの笑顔が印象的で、自ら先頭に立って挨拶をしている姿が気持ちいい。
お湯は熱いけどまろやかでスカッしているし温泉も気に入った。

一つ注意点だが、昔ながらの建物なので階段が多いこともあり、ご年配の方は事前にお宿へ階段の少ない部屋を希望した方がよさそうだ。


≪向瀧の良くなかったところ≫ なし

会津東山温泉 向瀧 の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    3
    4
  • また行きたい

    3
    5
  • 部屋

    3
    5
  • 食事

    3
    3
管理人総合評価
4.2
4.2
とさせていただきました。

クチコミ(4件)4件中 1~4件 1ページ目

静かに温かそうな雪が降ります。

4.2
4.2
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
4
2015/01頃に訪問

雪見灯篭を楽しみに冬場にお邪魔しました。
雪が降る玄関前でのお出迎えがあり、格式のある宿なのですが
番頭さんの「お荷物お持ちします」の声に恐縮することなく
ごく自然に荷物を渡す自分にすこし驚き、
もてなしの伝統?に浸り御常連気分を味わいました。
部屋からは各部屋の明かりに浮かぶ中庭が見え、
自分たち以外に誰もいないかのように思えるほど
とても静かでこれも向滝ならではでしょう。
好物の鯉のうま煮を頂き、食事が終わるころ
雪見灯篭に火が入れられます。
手前の池から雪の積もった上り斜面一面に
ほのかな火の色が揺らめき、降りしきる雪も
オレンジ色に輝き、暖かそうに積ります。
明かりのもてなしを維持する従業員さんに
感謝です。


17/02/20
20:20
に投稿

時間が止まったような異次元空間。I Will

3.8
3.8
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
4
食事
4
2016/07頃に訪問

海外からのお客様が来た際、この宿も良く利用します。

登録有形文化財に指定され、日本木造建築の匠の技を皆さん堪能していきます。
特に、20畳はある和室には「どうすればこのような建築が保存されているの?」質問の
アラシです。できる限りこちらも調査しておくのですが、和室の置物には流石に答えられません。

温泉も全て源泉掛け流し、3つの源泉を所有しており惜しげもなくそのままお風呂へ、会津藩の指定保養所にも指定されるほどの最高の湯です。

接客も一流で、季節の具材を使った料理の数々、どこをとってもパーフェクト!

世界遺産に登録して欲しいですね。

16/07/10
23:03
に投稿

会津の格式あるおもてなしの宿

4.2
4.2
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
4
食事
4
2015/08頃に訪問

国の登録有形文化財の建物、中庭、共に息をのむほどに美しく、言葉では言い表せないほどだった。私たち夫婦が泊まった温泉宿の中では、断トツに格式高く素晴らしかった。

温泉も成分が濃く湯口の結晶までもが美しい。加水加温循環濾過なしで、昔と変わらず源泉掛け流しを守っているというのだから、温泉も文句なく素晴らしい。

食事は、伝統の会津料理 鯉の甘煮(すごく大きい)や「こづゆ」など郷土料理がテーブルいっぱいに並んだ。あまり料理は期待してなかったので、来る前に昼食を食べすぎてしまい、失敗した(>_<)

館内は、ジュースの自販機なども当然なく、部屋に高~い飲み物を持ってきてくれるサービスは、私たち庶民には、かなり辛いサービスだった(^^;)お部屋に冷たい水は用意されてあるのですが・・・

運よく宿泊した日は『東山温泉お湯かけ祭り』の日だった。《地元温泉街の若衆・芸妓衆や地元の子供たちが、神輿を担ぎ温泉街を練り歩きながら、各宿に宿泊しているお客様から温泉の湯を浴びせかけてもらうお祭》と聞き、喜んで参加した。縁起物の湯銭もまかれたのだが、私たち夫婦は拾うことが出来なかった。やはりお金には縁がないのかな...

帰りも荷物を車まで運んでくれ、見えなくなるまで丁寧に見送ってくれた。
庶民の私たち夫婦にとっては、恐縮するような高級旅館であったが、いつかまた宿泊したい。

16/06/09
14:45
に投稿

古き良き日本の旅館

4.4
4.4
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
5
食事
4
2014/03頃に訪問

東北旅行の2泊目、交通機関での行きやすさと帰りの新幹線の時間など考慮して、向瀧に決めました。それと、1泊目は鶴の湯に決めていましたので、全く違った雰囲気の温泉にしたかったこともありました。

残念ながら雪見ろうそくは2月までで終わっていたので、中庭の見える部屋ではなく山向きの温泉付きの部屋にしました。館内もお庭も部屋も、すべてが美しく、宿の方々が大切に守られているんだと実感できました。番頭さんから、宿の歴史や職人さんのこだわりなど、いろんなお話を伺うことができました。帳場・番頭さん、などという言葉が自然に使われており、古き良き日本の旅館を感じました。

温泉は、それほど特徴がないように思いましたが、写真ではそこまで魅力を感じられなかった浴場が、実際入ってみると、なんとも不思議なくらい心地よかったです。最近は木造の湯小屋風のお風呂が好みでしたが、白いタイルのきりっと熱いきつね湯にやられてしまいました。お料理は、会津の郷土料理にこだわるというキッパリした意志が伝わってきて、好感が持てました。進駐軍の将校から伝えられたという「進駐軍煮出し珈琲」を朝食後にいただきました。

東北には沢山魅力的な温泉があるので、迷って向瀧に決めましたが、間違いなかった!素敵なお宿でした。

14/07/26
09:41
に投稿

クチコミの平均評価

3.9
5
0
4
4
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る