秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 福島県 福島・二本松 鷲倉温泉 鷲倉温泉 高原旅館

鷲倉温泉 高原旅館

福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山1 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
鷲倉温泉 高原旅館

大人の静寂を堪能できるさっぱり露天風呂が心地いい

訪問日
2012/07/01
最終更新日
2014/06/06
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.4

  • ユーザーの評価

    (2件)
    4.1

    4.1

磐梯朝日国立公園内にある鷲倉温泉この日は残念ながら雨、標高の高さもあり5月とは思えないほど寒い。

鷲倉温泉より約2キロのところには土湯峠湿原があり、天気がよければ美しい水芭蕉がたくさん咲いているところに遊歩道が設置され、散歩するのも気持ちが良い。

また少し進めば吾妻スカイラインもあり見どころ満載である。

鷲倉温泉は小規模なホテル。
ホテルはあまり私の好みではないが、まったく違う自家源泉を2本持ち、温泉が良いと評判のため今回宿泊をしてみることに決めた。

  • ロビー

宿の中は広々。
お出迎えはなく、仲居さん達の対応は良いとは言えないが
フロントの方の対応は笑顔でしっかりしている。

階段には立派な胡蝶蘭が飾られ高級感がある。
この日は駐車場は満杯状態。
ゴールデンウィークということもあり、部屋もうまっているようだった。

8畳+2畳の広縁 トイレ付  GW宿泊料金 1室2名 1人 13,800円

部屋は広めで清潔。
窓からの景色はいいのだろうが、この日はあいにくの霧で何も見えない。

広くて綺麗なのだが居心地は良くない、、、。
なぜかと言えば暖房機能が弱く寒い、、、そして椅子の座り心地が私にはあわず、なんとなく居場所が決まらずうろうろしてみたり転がってみたり、、、。これだけ広いのになんとなくもったいないような気がする。
  • お茶菓子
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • ゆかた 小タオル バスタオル 歯ブラシ
  • 洗面台
  • トイレ

山の斜面へ生い茂る植物 静寂な大人の露天風呂

岩根の湯 女性用露天風呂
  • 湯量は少なめ

温度は湯口で約40度弱、入っても入ってもあたたまらないほど寒かった、、、。

露天風呂は酸性緑礬泉と弱硫黄泉の2ヶ所があり、こちらが酸性緑礬泉。
どちらも景色はすばらしいが私はこちらがお気に入り。
わっさわっさと植物達が山の斜面に生え、霧がかっている景色はとても神秘的である。
またこの日は寒く、源泉温度が低い上に湯量が少ないこちらの露天風呂へ入る人はほとんどいなかったので貸し切り状態が続いた。

湯量は湯船に対してとても少なくあまり鮮度がいいとは言えないのが残念なところ。
飲んでみると鉄分を感じる程度で飲みやすい。 

食事は仕出し中心だけど豪華。
品数は多く1つ1つの味も悪くはない。
こういったホテルは仕方がないのだろうが全体的に温かいものが少ないのがやはり残念に思う。

特にこれがおいしいというものはなかったが満足した内容だった。
一番残念なのはエビと天ぷらが冷めてしまっていたこと、、、。
温かかったらきっとおいしいのに、、。

食事は基本的に部屋食になるようだが、団体の場合は広間での食事になるようだ。

  • 女性用露天風呂
  • 女性用内湯

こちらが人気の弱硫黄泉の露天風呂。
ひっきりなしに人が訪れなかなか貸し切りでの入浴はできない。
そのせいもあり、湯がみだれてしまっていた。
景色はすばらしくいいがお湯はいいとは言えない状態で残念。
朝一入れば印象は違うかもしれない。

貸し切り露天風呂

今回残念なことに貸し切り露天風呂がこんなによいことに気が付かず入れなかった。
おそらく湯の質は一番良いのではないかと思うので次回は必ず入ろうと思う。

≪朝ご飯≫
朝ご飯も部屋へ持ってきてくれる。
やはり朝ご飯も温かいものは少ないく、焼き魚におひたしなとシンプルな内容。

≪鷲倉温泉の良いところ≫ 露天風呂は2ヶ所ともとても景色がよく開放的。
今回は時期的に厳しかったが岩根の湯の露天風呂は夏には気持ちいいのではないだろうか。
弱硫黄泉の露天についてはもう少し人が少ない日に訪れれば湯の質もきっと悪くはないのではないかと思う。

あとは料金が安め。GWで13,800円は安い方だ。


≪鷲倉温泉の良くなかったところ≫
やっぱり私にはホテルというのが合わないのだろう。
食事が冷たいものが多いところや、部屋の暖房が弱いところ。

フロントの方の対応はすばらしかったがその他のスタッフの方々は良いとは言えない対応だった。

鷲倉温泉 高原旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    3
    4
  • また行きたい

    3
    3
  • 部屋

    3
    3
  • 食事

    3
    3
管理人総合評価
3.4
3.4
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

鷲倉温泉の思い出

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/12頃に訪問

この一帯は土湯峠温泉郷と呼ばれる。

日本秘湯を守る会の加盟宿舎の密度が高いエリアとして、

温泉好きな人には有名な地域なのだ。

115号線旧道に入り、野地温泉、新野地相模屋から、さらに土湯峠に向かっていくと、

峠のすぐ下にこの温泉宿がある。

下界がどんな猛暑でも、当地は気温が28℃を超えることがないという。


ここは、一時期毎年じいさまに連れて行かれたところで、

お湯は外湯が強酸鉄泉。内湯は白濁硫黄泉。胃腸と外傷にえらく効くらしい。


オペの傷跡のなまなましい人たちが、

いつも入浴していた覚えがある。


宿の子供たちが、わしと同年代で、

ここへいくたびによく一緒に遊んだ。


えらく仲の良い兄妹で、

妹のいないわしは、とてもうらやましく思ったものだ。




ここの外湯は混浴だった。



あるとき、

乳がん手術をしたという女の人と、

ここの外湯で知り合いになった。



あのころ、わしは可愛ゆかったからね。



子役の、江木俊夫や、三ツ木清隆よりも、

可愛ゆかったからね。


いろいろ、あっちこっちで可愛いがられたのだ。


この女の人が、とってもきれいな人で、そう、

若かりしころの真野響子と中田喜子と中野良子を

混ぜ合わせたようなべっぴんさんだった。

顔面造形のみならず、声がまさに鈴を鳴らすかの如き可愛ゆさ

であった。山野楽器がスポンサーだった中山恵美子のような

キュートボイスであった。


その人は、修験者が滝に打たれて修行する際に着る衣装に似た

上着だけを羽織って、いつも外湯に入浴していた。

その人は、外湯での定位置が決まっていて、

明かり取りの曇りガラスをバックにした、

温泉給湯口の左手のポジションであった。




いろんな話を聞かせてもらった。



アーサー王とか、ジークフリートとか、ダルタニヤンとか、

ジャン・バルジャンとか、エドモン・ダンテスとか。

イーノック・アーデンなんてのもあったな。


たいして興味も関心もない話だった。

でも、あの声聞けるのが楽しくて、

お湯の中でお話をせがんだものだった。


それと、

どうしてこんなきれいな人が、

おっぱい失くしちゃうんだろうと、

一緒に外湯に入って、左胸の赤紫の縦筋を見るたびに

考えたものだ。


先週、実に40年ぶりに立ち寄りで訪問した。

その時の様子は、いずれ手記にまとめてみたいと思う。


16/12/06
16:39
に投稿

二つの異なった源泉がある温泉旅館

4.4
4.4
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
4
2006/05頃に訪問

8年前に訪れました。
弱硫黄泉と鉄鉱泉の2つの異なった泉質をもつ旅館です。標高1230mにある山の旅館ですが建物も新しく近代的でキレイでした。大浴場、露天風呂、大きな露天の家族風呂あり。
福島のお気に入りの温泉の一つで2年続けて訪れました。
またもう一度訪れてみたいです。

14/11/20
20:16
に投稿

クチコミの平均評価

4.1
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る