秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 宮城県 鳴子・大崎 鳴子温泉郷 鳴子温泉 鳴子温泉 ゆさや旅館

鳴子温泉 ゆさや旅館

宮城県玉造郡鳴子町字湯元84 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
鳴子温泉 ゆさや旅館

鄙びたお宿の見た目も美しいヌルヌル極上の「うなぎ湯」

訪問日
2004/07/27
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.3

  • ユーザーの評価

    (5件)
    3.9

    3.9

鳴子温泉で有名な滝の湯のとなりにあるゆさや旅館は昔、滝の湯を管理していたそうだ。

宿の中は純和風の造りで統一されている。

温泉は生きている、日々変化する乳緑色のうなぎ湯

【大浴場】 男女交代制 男性:14:00~20:00 女性:20:00~10:00
日帰り時間内だと14:00~15:00が男性用なので男性はご注意を!

アルカリが強くヌルヌルした湯は今まで何処で体験したヌルヌル感よりも強く、しかも緑色のにごり湯と大変めずらしい泉質だ。隣にある滝の湯の蒸気と化学反応を起こしこういっためずらしい色へ変わるという。日によっては白濁したり透明になったり、運がいいと年に何度かカラス色へ変色する日にあたる。

大浴場には2つの湯船があり私が訪れた時は、左の大きな湯船は熱め、小さな湯船はぬるめに設定されていた。
大きな湯船の方は熱すぎてホースで加水をしないと入浴できない。
うなぎ湯の源泉は99.5度とかなりの高温泉。温度調節は難しいようだ。


街中へある為考えられた空間なのか、障子風の大きい窓があり、浴室は明るい。今回私は大浴場が女性の時間帯へ訪れた為、温仙人には悪いとは思いつつゆっくり堪能させてもらった。い心地が良く、窓は開いていないのに換気がきちんとされていてムレていなかった。最近気がついた事だが内湯で長湯したいかどうかは開放感ともちろん泉質、そして換気も大きく関係あるような気がする。

【小浴場】 男女交代制
女性:14:00~20:00 
男性:20:00~10:00

大浴場にくらべこちらは小さく、造りはいまいち。ただ、湯口についている成分のこびり付きは大浴場より見ごたえはある。
湯口は変形し大きくもりあがっている。
今回温仙人は小浴場へ入浴した為、長湯せずにあがったそうだ。湯船が小さいところへ入浴客が3~4人いたらしく窮屈だったらしい。
次回訪れる時は宿泊するか、大浴場が男性用となっている時に訪れようと思う。


私にとってゆさや旅館の泉質は衝撃的で、ランキング上位へ入るほどお気に入りだ。
目で見るも美しく、入るとヌルヌル、そして浴室の造りにも好感をもった。

宮城の温泉巡りをするときには拠点となりそうなところだ。

鳴子温泉 ゆさや旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.3
4.3
とさせていただきました。

クチコミ(5件)5件中 1~5件 1ページ目

古いけど清潔

4.8
4.8
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
4
食事
5
2016/12頃に訪問

うなぎ湯を求めるならもっとトロトロはある。
しかしそれを差し引いても良い湯。
貸切露天風呂も有り。

宿は古いけど清潔に保たれててよい。
部屋にトイレはなかったが他のお客さんとバッティングすることはなかった。
料理が美味しい。

また泊まりたい温泉宿

17/02/15
09:09
に投稿

アルカリと硫黄のいいとこ取り!

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
3
食事
3
2016/11頃に訪問

日本にある泉質のうち8つが鳴子温泉郷にはあるという。
ここの旅館だけでも、3つの泉質が違う温泉がある。

2つの内湯 アルカリ性硫黄泉
露天    上と違う源泉の弱アルカリ性硫黄泉
滝の湯   酸性硫黄泉

このなかでも2つの内湯の泉質が特にすばらしい!
だいたいアルカリ性の硫黄泉ってなんだw?
硫黄泉ってだいたい酸性だけに、矛盾したように感じるが
入ると納得、ぬるぬるで硫黄臭の温泉いいとこどりなのだ。

源泉がかなり熱いらしく、深夜や早朝はあつあつだが
これぞかけながしの贅沢な悩み。
フレッシュでぬるぬるで、色まで毎日変わるので楽しめる

これは本当にすごい温泉だ。
日帰り入浴がないので、本当に静かに何回も入れるのもポイント高し。

温泉好きの知人に一番で薦める温泉のひとつであることは疑いない。
というかすぐにでも、また行きたい!


16/11/29
18:24
に投稿

300年続く老舗旅館

3.2
3.2
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
3
食事
3
2016/10頃に訪問

ゆさやは遊佐屋と書くべきなのでしょう。その昔は隣の滝の湯とつながっていたそうです。いまは温泉組合の管理になったそうです。女将と話し込んでその凛とした姿に応援したくなりました。
鳴子温泉郷はこれからどうなっていくのかな。O物語グループが向かいの鳴子としては大きなホテルをM&Aして東京から専属バスでお客さんを運んでくるそう。名物の滝の湯の前は人が入るのがやっとなほど路上駐車。(自分もかってその一人でしたが)鳴子・東鳴子・中山平・吹上,どれも個性があっていいと思います。
どのようなコンセプトを持ってこれから中央資本に,J-Reitで資本調達した組織に立ち向かおうとするのでしょうか。

16/10/04
20:33
に投稿

凛とした名湯

4.6
4.6
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
4
食事
4
2016/06頃に訪問

凛としたその湯は、歴史ある重厚な浴室に静かにその存在感を放ち、思わずホオーっとため息が出ました。
柔らかい曲線の大きな湯舟には青緑色の濁り湯が満たされ、もう1つの小さい五角形の木の湯舟には透明の湯が満たされ、こちらの方はかなりぬる湯に仕上げられていました。
源泉が高温であるにも関わらず、浸かると適温に調節されたその湯は驚く程柔らかく、宿の方々が大切に温泉を守り、心を込めて客をもてなされている思いが伝わって来ました。
かすかに硫黄の香りがするその湯は飲むと甘い・・甘く感じた温泉は初めてでもっと飲みたかったけれど高温で飲めなかったのが残念でした。
源泉の投入口は湯泥でドロドロとし、周りの石は緑の析出物などで芸術的に美しく彩られていました。1300年前からたゆまず湧き出続けているというその源泉を見つめ続けていました。
未明に1人静かに入浴していたせいでしょうか?・・その温泉から離れる時思わず「ありがとう」と言葉をかけていました。

ゆさや旅館にはもう一つ極上の温泉がありました。宿が営業を始めた当初の建物に在った温泉を今は貸し切り露天風呂として残されているという温泉です。
その湯小屋は森の中に静かに佇み、入ると2×5~6m程の木造りの湯船に青緑色の温泉が煌めき、周りは緑の木々・・ワクワクで浸かりました。湯筒からは高温の源泉がチョロチョロと掛け流され、かすかに硫黄の香りが漂い、味は硫黄と硫酸塩の混じった感じで、こちらも100%源泉の湯舟です。
きっと紅葉も雪見も良いに違いない、こんな素敵な温泉を貸し切りで楽しめるとは!
但し到着順に30分ずつで21時頃までしか入る事ができないとの事で、朝はなぜ入らせてもらえないのかを尋ねてみたら、高温の源泉を朝から溜めて客を迎え入れるまでに冷ますのだそうです。加水せず源泉のまま入って頂きたいという思いに感銘、納得しました。

もう1つある小さい浴室は大浴場と時間男女交代制となっています。湯もみ板が立てかけられていたので使ってみたら、透明のグリーンの湯の下から白濁した湯が上がってきてマーブル状になり綺麗で、湯も適温になり気持ち良く浸かっている事ができました。

宿は重要文化財のため古いですが、廊下にはフカフカカーペットが敷かれ、物音を吸収するようにされていて、とても静かでした。レコードがかけられ、和モダンな館内には花も生けられ
小奇麗に配慮されています。山陰の岩井屋もそうでしたが、女将さんが前面に出ている宿というのはとても女性的な宿に感じます。その逆で男性が前面に出ている男性的な宿というのもあります。
食事は部屋食でテーブルを埋め尽くす和洋折衷料理の数々・・朝食も10品以上ありました。
全国水道水1位の鳴子の水はとても美味しく、この水でいれてくれたコーヒーはマイルドで美味しかったです。

隣にある滝の湯は鳴子温泉開湯の温泉で、その時伊達藩から湯守をおおせつかったのがゆさやさんだったそうです。その内泊まれる所が欲しいという事で湯治宿を始めるようになったそうですが、滝の湯とは廊下で繋がっていたそうです。現在は滝の湯は保存会が管理されているそうですが、こう言った歴史的繋がりがあったため現在でも滝の湯へは無料で何度でも入らせて貰えるわけなんですね。 当日接待して下さったお嬢様から伺いました。
玄関口には見事なツツジの盆栽・・「あれは前にいらした番頭さんから・・」番頭さんと言う言葉をいつ聞いた事だろうか・・歴史に彩られている宿ならではの言葉だと思いました。
凛とした温泉、その姿は女将さんやお嬢さんの顔に重なり、そして温泉を案内してくれた番頭さんでしょうか?宿の方々の姿に重なりました。トータル性に非常に優れた宿だと感じました

画像5は滝の湯と並ぶゆさや旅館です



16/06/23
22:16
に投稿

現在日帰り不可

0.0
0.0
温泉
0
温泉の雰囲気
0
また行きたい
0
部屋
0
食事
0
2015/12頃に訪問

先日行ったところ4年前から日帰り入浴はやっていないって事でした。

15/12/09
14:06
に投稿

クチコミの平均評価

3.9
5
2
4
1
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る