秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 山形県 米沢・置賜 滑川温泉 滑川温泉 福島屋旅館

滑川温泉 福島屋旅館

山形県米沢市大字大沢15番地 マップ

分類
  • 掛流
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
滑川温泉 福島屋旅館

大自然,自家発電,何もない,秘境の全てが揃うにごり湯の宿

訪問日
2013/07/05
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (9件)
    4.0

    4.0

文明8年、約530年前に大沢の郷士斉藤盛房が川を渡る時に滑って倒れ、倒れた時手をついた岩があたたかいことから温泉が発見された。その事により滑川温泉という名がついたらしい。

今回は滑川温泉より奥へ向かった先にある姥湯温泉へ宿泊した際、帰りがけに日帰りで訪れてみた。
おそらく前回来た時から10年ぐらい経っているだろう。
その時の滑川温泉を思い出しても時が止まっているかのように何も変わっていない。

鄙びた湯治宿の趣がすばらしい雰囲気だ。
ぜひ一度宿泊してみたいお宿の一つ。

  • 結構大きな建物

姥湯温泉から送迎の車に乗せてもらい、滑川温泉て9時半頃到着。

姥湯温泉に比べると標高が低いせいもあり紅葉はこれからといった雰囲気。

建物内はレトロ。木の色は濃く、裸電球がメインでたまにこんな感じのアンティーク風な電気が付いている。
歩くとギシギシと鳴る床や薄暗い館内はたまらなく郷愁を感じてしまう。

川を通って流れ込む冷たい風が気持ちいい まろやかな硫黄温泉

岩風呂 混 (女性タイムあり)

到着するとちょうどメインの岩風呂は女性タイムとなっており、嬉しくなって露天風呂へ直行!
ちょっと奥まったところへ灰白濁した温泉が溜められ、自然と岩に囲まれとても綺麗。
温度は42度ほどの適温。冷たい風の中で入るには心地のいい温度だ。
飲んでみるとほのかな硫黄の香りで非常にまろやか。静かにゆっくりと浸かっていたい露天風呂だと思った。

  • 岩風呂
  • 露天風呂前の川 左の木の下あたりが露天風呂
  • ひのき風呂入口
  • 休憩所

岩風呂とひのき風呂の分岐点に休憩所がある。

天気のいい時は湯あがり休憩ができてとても気持ちがいいが、雨が降ってくると休憩する場所がまったくないのでちょっとつらい。

  • ひのき風呂 混浴 (女性タイムなし)
  • 湯口

ひのき風呂へ私は入っていないのでわからないが、岩風呂ほど開放感はないものの落ち着くようだ。

  • 女性用内湯
  • レトロな天井
  • シャワーは1か所あり
  • 脱衣所

女性用の内湯は4~5人が入れるぐらいのそこそこの大きさでアーチを描いていてちょっとお洒落。

こちらの浴室のみシャワーが一つ付いておりアメニティとしてはシャンプーとボディシャンプーが備え付けられている。

  • 内湯 混浴
  • 洗い場
  • 洗い場

湯の透明度は浴槽の底が丸みえで微かに色が付いている程度。
それにしてもそれぞれ露天風呂も内湯も趣があり豪華。

湯量も豊富だし気に入った。
ただ、女性タイムが少ないのはいまいちかな。

  • お宿の前にある大きな滝
  • 水力発電の建物

お宿の前には大きな滝があり
滝の横に倉庫のような建物が2つ並んでいる。
その倉庫に書いてあったのだが、水力発電の自家発電だそうだ。
水力発電とは珍しい。
水の力でこんなにも大きな建物の電気を賄えるのかと感心した。

滑川温泉 福島屋旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(10件)10件中 1~10件 1ページ目

理想の温泉宿

4.4
4.4
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
4
食事
3
2016/08頃に訪問

お湯良し、ロケーション良し、最高の温泉宿でした。古い建物ですが、掃除が行き届いて、共同トイレも清潔。檜の露天風呂はこじんまりとしていますが、川沿いで景色も良く、自分としては一番落ち着くお風呂でした。内湯も程よい大きさで天井も高く、泊まった日は夜に雨が降りましたが、内湯のおかげで温泉を満喫。昼の電車に合わして送迎してもらい、まる一日福島屋を堪能する事が出来ました。是非、また行きたい。

16/08/17
11:53
に投稿

姥湯メインで立ち寄りました

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2010/10頃に訪問

姥湯メインで立ち寄りました。紅葉が始まっており、その景色の中、岩の湯に入って来ました。湯は硫黄泉ですが、さらっとした感じの気持ち良い湯でした。

地元の方に人気のようなので、きっとお湯の良さには定評があるので、宿泊しようかと迷ってたのですが、レポート読ませて頂いたら宿泊したら良かったかなと思いました。

15/11/03
21:42
に投稿

ご利用は計画的に

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

姥湯温泉とセットで訪れることが多いであろう。だが時間帯に気を付けないとお目当ての風呂に入れないなんてことにもなりかねない。ちなみに私の場合は岩風呂に入ることができなかった。最も入りたかっただけに残念だが、意外と言うべきか内風呂が淡い硫黄臭を含んでおり、その泉質が思いのほか気に入った。
廊下は板張りで雰囲気も良いが客室との仕切りがふすま1枚というのはプライバシー的に今の時代とそぐわない気もするが、逆にそこに昔ながらの良さを感じる人も多いだろう。こういった造りは宮城の大沢温泉自炊部と通じるものがある。
この日は晴れていたが、雨の日は露天まで濡れて行かなければならないところは気になる。湯上り雨の降る中、砂地の上を歩きながら戻るのは無視できない。

15/09/23
18:47
に投稿

日帰り入浴は時間帯に注意!!

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/06頃に訪問

混浴露天風呂はヒノキの浴槽に目の前には渓流と草木の緑がドーンと迫ってくる感じが良い。
岩風呂にも入りたかったが訪問した時はちょうど女性の時間帯だったため断念。混浴露天風呂は熱くてなかなか入れなかった。解放感も良かったのでのんびりと浸かりたかったが無理だった。
なので内湯に移動。
内湯はちょうどいい温度で湯の花もたくさんあってすごく気持ち良かった。
次回は宿泊して岩風呂も満喫したい。

15/09/16
15:32
に投稿

アクセスもよく、秘湯を満喫出来る

4.4
4.4
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
5
食事
3
2014/10頃に訪問

子供の時分から幾度も立ち寄ったが、20数年経っても趣が変わらず鄙びた良い宿だ。長期滞在者のために自炊設備があり、日帰りでも使わせて貰えるため、中庭で昼食の際に温かいものを作るなど使える。

以前は、露天は岩風呂だけで、鉄砲水が出るとよく流されて、そのたびに形が変わっていたが、現在の形状になってからしばらく変わっていない。檜の露天はあまり古くはなく十数年。こちらは内湯と泉質が同じだ。岩風呂は泉質が違う。

付近の観光について少々。裏山を尾根に向かうと、それなりに急峻で疲れるが、尾根に出れば滝までは緩やかな上り道。往復で小一時間かかるため、風呂あがりの夕涼みには厳しい。
ここから姥湯のさらに奥に、50年ほど前まで滑川鉱山があり、索道が峠駅前まで繋がっていた。現在、スイッチバック廃止後の廃墟駅舎の前に広がる空き地はその名残である。峠駅から滑川温泉に向かう車道からも、索道の支柱跡を見ることが出来る。

余談だが、この滑川温泉は国定公園に私有地がはみ出すような格好で立地しているため、道の整備は市の管轄で、姥湯に向かう道よりは遥かにしっかりしている。
登山でおすすめは白布温泉からロープウェイで天元台へ、そこから夏山リフトを使い、少々歩いて尾根に出たあと縦走して東大巓、明月荘と抜けて、滑川鉱山跡へ抜けるルートが楽でいい。

15/07/22
13:25
に投稿

日帰り入浴は時間要チェック

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

姥湯に登る山道の入口付近にあり、恐らく同じタイミングで訪れることが多い秘湯。
それゆえ秘湯感では一歩譲る感があるが、宿の雰囲気はこちらの方が鄙びた感じである。

日帰り入浴は曜日や時間帯で主役の岩風呂が混浴になったり女性専用になったりと予めよくスケジューリングしておく必要がある。それ故岩風呂には入浴できなかったが、檜露天風呂は湯加減がちょうど良く、お湯は若干湯の華が舞う薄い濁り湯。まろやかでずっと浸かっていたい気分だった。
含有成分をみると溶存物質1,232mg/kgの硫酸塩泉(低張性・中性)で近くにある五色温泉ほどではないが、あっさりしたお湯。温泉ハシゴで疲れた身体にはちょうど良いかもしれない。

徒歩20分の滝までの道はややけものみち風。肌を露出した服装では辛そうで早々に挫折しました。

15/07/22
00:37
に投稿

すべてが温かい宿

4.6
4.6
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
4
食事
4
2014/07頃に訪問

私の秘境デビューになった宿である。
車でも行けるが、電気も通っていない(自家水力発電)の一軒宿。

宿に着くと、優しい仲居のおばあちゃまが、笑顔でお迎えしてくれ、荷物まで持ってくれようとしたが、さすがに気持だけ頂き、夫が持った。
最初からほっこり温かい気分でチェックイン(*^_^*)
建物は古いが手入れが行き届いていて温かみのある木造。部屋は、山奥の一軒家とは思えないほど清潔感があり、落ち着いた良い雰囲気。全体的に、ほっとする館内。

下界は猛暑であるが、ここは涼しい、と言うよりこの日は肌寒いほど。温泉に浸かるにはちょうどいい気温。早速、お風呂へ・・・思っていたより硫黄臭はきつくなく、肌に優しい感じ。
おススメは、昼は混浴だが、夕方から貸し切りになる露天の「ひのき風呂」。満天の星空に涙が出るほどに感動☆

食事は、すべてのプランがお部屋食。先程の仲居のおばあちゃまが運んで来てくれた。聞けば、米沢からの出稼ぎで、休みの日は電車で行き来するだけのようなものだそうだ。頭が下がる思いであった。

歴史ある一軒家であるが、館主は若い方のようで、スタッフはお揃いのTシャツにバンダナという趣味の良い格好で、心のこもったもてなしをしてくれる。身も心も温かくなる宿である。

最寄駅(宿から送迎あり)の山形線、標高626mの「峠」駅にも、ぜひ立ち寄って頂きたい。昔ながらのスタイルで販売している数量限定の「峠の力餅」も買う事ができ、満足な旅であった。

15/05/21
13:30
に投稿

電車&徒歩で行くのも、非日常が味わえて、オススメです。

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2014/07頃に訪問

車ではなく、電車&徒歩で行きました。
峠駅は1日6本しか電車が止まらない駅です。朝と夕方以外には、13時台に到着する電車しかないので、事前に時間をチェックしましょう。
峠駅から徒歩4km程度、1時間強で到着します。
緑に囲まれた道ですので、トレッキング気分は最高です。

7月の三連休なので、他にもお客さんがいましたが、数は多くなく、ゆったりとして温泉につかることができました。

大浴場と露天石風呂と露天檜風呂がありますが、個人的には露天石風呂が一番でした。温泉で火照った体を川の水で冷やして、また、温泉に入ることもできます。

また、マッサージ機が無料で使えるのも、好印象です。

今度、紅葉の季節に、再度、宿泊してみたい温泉でした。

14/07/23
14:53
に投稿

ホッコリする宿

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
4
食事
3
2007/05頃に訪問

 清流のせせらぎを聞きながら入る露天風呂が最高です。

 旅館部に泊まったのですが、通された部屋は湯治部の建物に一つだけある三階の部屋でした。窓からは旅館の屋根が一杯見え、ちょっとペントハウス気分を味わえます。

 宿泊した時の料理で特筆するのは鯉の甘煮くらいでしょうか、いかにも山形の田舎の料理と言った感じでした。驚きも何もない食事ですが、それがかえって良いのかもしれません。この宿であんまりお洒落な食事出されても、違和感を感じちゃうような気がします。

 ホッコリと昔ながらの情緒に浸ってのんびりするのがオススメです。

14/05/02
20:14
に投稿

滑川大滝トレッキングの帰りに寄ると最強

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2013/09頃に訪問

景観も良く、まさに秘境の温泉といった味わいがある。開放感のある露天風呂で温泉が好きな人にはたまらない場所だと思う。
そしてこの旅館の近くには「滑川大滝」という大変素晴らしい滝もある。1時間ほど山を入っていくと現れるが、この滝は本当に見事。個人的には、滝に行った後の疲れた体を温泉で癒すのがおすすめです。

14/04/30
02:42
に投稿

クチコミの平均評価

4.0
5
2
4
8
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る