秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 秋田県 田沢湖・角館・大曲 八幡平温泉郷 新玉川温泉

新玉川温泉

秋田県仙北市田沢湖玉川 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
新玉川温泉

ロッジ風のお風呂で日本一の酸性源泉100%に浸かる

訪問日
2013/11/07
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.7

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.9

    3.9

玉川温泉館内には、看護師常駐の玉川温泉研究会付属診療所が設置され、湯治相談も行っているらしい。

湯量はかなり多く、源泉地帯からは毎分9000リットルもの温泉が湧出している。
一つの温泉の湯量としては日本一だという話だ。

玉川温泉は癌で悩む方達が訪れる湯治宿。湯治相談なども行っており入り方など親切丁寧に教えてくれる。

  • 廊下
  • ロビー

身体中をビリビリ刺激する源泉100パーセントのP.H1.2の酸性泉

男性用露天風呂 源泉50%以上

ぶなの森は源泉50%だったが、こちらの新玉川温泉には源泉100%があり、これはキョーレツ!
ぶなの森に入った後という事もあるが、入った途端身体がビリビリとし味も50%と比べ物にならないほど酸っぱい。
手はシワシワになり、パサパサと乾いた感じがその日丸1日続いた。

その日他の温泉へ入っても入っても肌がヌルっとした。 恐るべし100%。

ちょっと私には刺激が強すぎて、、、という感じだったが、温仙人は気に入ったようで1週間ここで湯治がしたいと言っていた。

  • 露天風呂 源泉
  • 浴室の写真   ※公式ページよりお借りしました。
  • ※公式ページよりお借りしました。

大浴場は10種類以上の浴槽があり、この木の雰囲気がすばらしい。
浴室全体を眺めているだけで満足するような気がした。

新玉川温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.7
3.7
とさせていただきました。

クチコミ(4件)4件中 1~4件 1ページ目

効果は凄いかも、でもゆっくりできない湯

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2004/03頃に訪問

効果は凄いかも知れません。乳頭温泉から、日帰りで新玉川温泉へ行って来た帰り、腰の痛みが消えていて、物凄く腰が軽く感じました。こんな温泉は初めてでした。

ただ、温泉としてゆっくりできないのです。少しでも傷があると物凄くビリビリ、目に湯が入ってしまったものならとんでもなく痛い。湯上りでもしばらくは、足など皮膚が痛痒い感じがしたりして、2度行きましたが「もういいわ。温泉は癒されないと」と思いました。

でもあの強烈な酸性泉。新しい木造の大きな浴場に、ドーンとした存在感のある100%源泉の湯舟。湯は強いのですが、木造りの湯舟が優しさを与えてます。
50%に入ってみたり、色々全ての湯船に入ってみて、私はやっぱり100%の湯が良かったかなあ・・思い出したらまた入ってみたくなりました。あれ?

15/11/16
22:08
に投稿

玉川温泉に比べると小粒感は否めない

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/05頃に訪問

玉川温泉で受けたカルチャーショックが忘れられず今回は新玉川温泉とそよ風を利用した。やはりメインの施設は玉川温泉でスケール、雰囲気ともに象徴的な存在と言える。少し離れたところにある新玉川温泉とそよ風はサブ的な感じで比較的ライトに堪能できる。とは言えお湯は3施設とも全て同じのため泉質に限ってはどこを利用しても違いがない。とにかく強烈である。
さて新玉川温泉の特長は湯治感が薄れ日帰り温泉施設的な雰囲気がやや強いといったところか。宿泊客らしき人は多く見受けられるが、本家玉川温泉に比べるとストイックな空気感はやや少なめに思う。浴室の造りも玉川温泉と似ているが初めての人には世界観を知ってもらうためにも本家の方をオススメしたい。

15/05/17
15:42
に投稿

秘湯の筆者は各地の温泉を回っているのには感心するが思い込みが強いので少々、忠告をしたい!

0.0
0.0
温泉
0
温泉の雰囲気
0
また行きたい
0
部屋
0
食事
0
2015/03頃に訪問

秘湯の湯の筆者が、そよ風の湯は50%の源泉で。新玉川温泉は100%のお湯で、お湯の泉質が違うといっているが、それは誤解である。
玉川温泉の源泉は同じお湯である。沢水を入れた50%のお湯と沢水で、お湯を冷やしただけの源泉100%のお湯は各施設(玉川温泉・新玉川温泉・そよ風)は秋田県や各行政機関の指導で勝手にに、お湯を加工して提供はできない。同じ条件で提供されているのである。源泉50%・源泉100%。ぬる湯と熱い湯の浴槽は50%の湯である。
玉川温泉の源泉は強酸性の湯では現存する、温泉の中では、世界一を誇るほどである。冬場は八幡平に降った雨が地下まで浸透する量が凍結する雪のために流入量が減るために、濃くなり雪解けと同時に夏ころが一番安定する。ペーハー値(酸性濃度値)は夏場で1.2が平均的で、冬場の1月頃が1.05と濃くなる。比較としては胃液が1.8~2という数字でわかる。1という数字に近いほど濃くなるのである。100%の源泉は90度という高温度で湧き出ている。湯の川となって流れ出たお湯を沢水を入れて40度ほどにしたのが50%の湯。源泉を冷やして38度ほどにしたのが100%の湯である。熱くすると刺激が強くて長く入れないという理由である。何十年も医学研究者に研究調査させた、関直右衛門(六代目)によって玉川温泉研究所が億単位の資金提供で現在まで研究され続けていることでもすごいことなのである。玉川温泉の原点は病気療養を優先したお湯の管理という発想があるのだ。ゆっくりくつろぐというよりは、難病を治したいというお湯に特化した温泉という特殊な療養湯治の温泉であるということを忘れてはいけない。医者にさじを投げられた難病の人が駆け込み寺のように苦行のような覚悟のいる温泉であるのだ!観光旅館ではないのである。

15/03/01
15:34
に投稿

最強の強酸泉はぜひ体験すべし

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2011/10頃に訪問

言わずと知れた世界屈指の強酸性温泉。このインパクトは一度入って見なければわからないでしょう。源泉50%、100%と分かれており、その表示を見て「さすが、一晩で包丁も溶かすだけはある」とちょっとビビりました。幸い、私は何の問題もなく100%源泉のお風呂をじっくり楽しむことができました。ただ、手にあった小さい傷がヒリヒリとしましたので、人によっては肌荒れなどを起こすという理由も分かります。またいつか来て、ゆっくり堪能したいです。

14/04/30
02:32
に投稿

クチコミの平均評価

3.9
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る