秘境温泉 神秘の湯

トップ 北海道 北海道 道央 川又温泉 川又温泉

川又温泉

北海道登別市川上町 マップ

分類
  • 掛流
  • 足湧
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
川又温泉

秘境に静かに佇む、ドバドバ玉子臭の極上温泉

訪問日
2005/07/17
最終更新日
2014/04/25
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.3

  • ユーザーの評価

    (1件)
    0.0

    0.0

今回は2泊3日の北海道湯巡り。日にちがあまりなく、時期的に野湯中心で行きたいところだったが登別とニセコを少し周って終わりだろうとあきらめていた。

しかし宿泊先の虎杖浜温泉より思ったよりも近い位置にあり、朝一番で向かう事に。

大きめの道路をしばらく走り、途中から細いダート道を葉っぱで車をこすりながらガタンゴトンと走る。
ダート道ではやくも今にも熊が飛び出してきそうでビクビク。温仙人は隣で歌を歌っている。
やっぱり私は臆病者だ・・。

少し広くなったところへ車を停め、出発準備。
鈴と熊よけスプレーを持って、爆竹を車から降りる前に一発鳴らしておく。
その他笛を肩から下げ、準備は完璧だ。
川又温泉へ来るまでの道では「登山をするには必ず鈴を持ちましょう」と放送を流しながら巡回している車がいる。

川又温泉へは歩いて20分ほどと程よい近さ。
ただ、川を4つ渡って行かないと辿りつけない為、大変、というかめんどくさい。
ビーチサンダルに履き替えて、まだ靴を履いての繰り返し。

道はというとほとんどが細い獣道。
今にも熊がガサガサっと出てきそうなうっそうとした雰囲気だ。
途中、人の手が入ったような石段がある。ここには昔湯治宿があったという話だ。
最後の川が見えてくるとその先に木造の立派な脱衣所も見えてくる。
こんな山の中にこんな立派な脱衣所が!?・・と近づいてみるとその隣に透明の美しい湯が満たされた木造の湯船が現れる。

人知れず湧き続ける硫黄の香る極上湯

湯量は多く、湯船からザーザーと溢れ出ている。見た瞬間嬉しくなるような野湯だ。泉源は湯船の底。足元から時たまプクプクプクっと小さな気泡が多量に上がる。温度はかなりぬるく36度ほどではないかと思われる。夏以外は寒くて辛い温度だ。入浴していると硫黄臭がプンと香り、身体には大量の泡がつく。こんなに心地の良い野湯は全国でも数少ないだろう。

  • 足元からプクプクと泡が上がる 湯量はかなり多い
  • 溢れた湯は川へと流れていく
  • マムシと混浴
  • マムシ

気持ちよく入浴していると湯船の端へマムシがニュっと顔を出した。驚いて思わず上がったが温泉が暖かい為、マムシもあまりこちらに気が付いていない様子。という事でマムシと混浴写真を撮るために再度入浴した。このマムシ、端っこにある湯黙りへチャポンと浸かっては上がり、またチャポンと浸かるを繰り返す。温泉好きのマムシなんて初めてだ。

少し奥にはマムシの抜け殻も発見。きっとこの温泉の守り神なのだろうと敬意を払ってまた来るねと挨拶して帰った。

川又温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.3
4.3
とさせていただきました。

クチコミ(1件)1件中 1~1件 1ページ目

北海道の川は冷たい!!

0.0
0.0
温泉
0
温泉の雰囲気
0
また行きたい
0
部屋
0
食事
0
2016/04頃に訪問

4月末に登別温泉の帰り道に訪れました。
最初はちょっとしたお散歩気分で楽しく歩いていましたが
一つ目の川越えで少し後悔し始め、、二つ目で帰ろうかと思い始め、、
三つ目でもう無理です。。。と、引き返しました。
獣道の途中に看板や目印のテープがあったので迷う事はないとおもいますが
どの川も水が冷たく、流れが速い氷水に入ってる感覚でした
あたたかくなったら再チャレンジしたいです!!

16/07/14
16:54
に投稿

クチコミの平均評価

0.0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る